おばあちゃんもやっていた?!昔から伝わるスキンケア方法とは??

今回は、おばあちゃんもやっていたかもしれない身近なものでできるスキンケア方法について紹介します!!どれも、自宅にあるものでできますし、肌に優しく効果も絶大!!ぜひ、この冬、試してくださいね。

view145

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 米のとぎ汁で顔を洗おう!!

  • 実は、お米のとぎ汁には、ビタミンB1やビタミンC、ミネラル、セラミドなど、お肌に嬉しい多くの美容成分が含まれています。皆さん、知っていましたか??
    お米のとぎ汁は、毎日自炊をしていれば、必ず出るものですよね。捨ててしまうなんて、もったいないですよ!!

  •  

    お肌に嬉しい成分がたっぷりの「米のとぎ汁」。これを使って洗顔すれば、ツルツルすべすべのお肌に慣れちゃいますよ~~、きっと。
    そして、何より、お財布に優しいというのも嬉しいですね。

  • お米のとぎ汁洗顔の方法

  •  

    まずは、クレンジングや軽い洗顔で、顔の汚れを落としましょう!!米のとぎ汁は、どちらかと言えば、パックやローションに近い感覚で使った方がよさそうなんです。

  • 米のとぎ汁を洗面器に移しお湯で1.5倍ほどに薄め、よくかき混ぜて、人肌の温度になったら洗顔スタート。
    米のとぎ汁はそのままでは成分が濃すぎて、刺激が強いです。ご注意。
    出典 :米のとぎ汁 洗顔 手作りでやってみよう♪
     

    ここにある通り、必ず米のとぎ汁は、薄めてから使うようにしましょうね。これが、「米のとぎ汁洗顔」の一番のポイントです!!

  •  

    そして、まずは少し薄めた米のとぎ汁で、軽く洗顔をしましょう。トロッとしていて気持ちい良いですよ!!

    その後、本格的な洗顔を開始します。優しく顔全体になじませるように、5~10回洗顔しましょう。洗顔する時は、そっと優しく、下から上へなじませるようにしましょう。
    また、シミやソバカスが気になる方は、そこを重点的になじませれば、もしかしたら消えるかも?!

  • そして、最後にぬるま湯でさっと洗い流して、米のとぎ汁洗顔、終了です!!

    とぎ汁は、半日冷蔵保存がききますので、夜作れば朝の洗顔にも使えますが、それ以上たってしまうと効果が薄れてしまいます。
    そういった場合は、入浴剤に使ったり、拭き掃除に使うのも良いでしょう。とぎ汁に含まれている成分で、お部屋中がピカピカになっちゃいますよ!!

  • 緑茶化粧水はアンチエイジング効果あり!!

  • これから寒くなるこの季節、美味しい緑茶を飲みたくなりすよね。実は、緑茶の中にも、カテキン、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEなどお肌に嬉しい成分がたくさん入っているんです。

    緑茶に入っている成分は、紫外線から肌を守り、ニキビケアもしてくれます。緑茶化粧水を使えば、アンチエイジングも夢ではありませんよ!!

  • 緑茶化粧水の作り方

  • まずは、普通に温かい緑茶を入れましょう!!

  •  

    温かい緑茶、美味しいですよね。「なんだか化粧水に使うの、もったいないわ」などと感じる方は、1杯目は普通に飲んで、2杯目を化粧水に使うというのも良いですよ!!

  • そして、冷めたらグリセリンを数滴たらして、きれいな瓶などに保存しましょう。

  •  

    グリセリンは、普通のドラッグストアなどで販売されています。こちらもとっても手に入りやすいものですよ。これを混ぜれば、「緑茶化粧水」完成!!

    あ、グリセリンの代わりに、エッセンシャルオイルでも良いらしいですよ。

  •  

    こんな感じで出来上がりですね。
    緑茶化粧水の使い方は、普通の化粧水と同じように使ってくださいね。

    また、緑茶化粧水の保存は、冷蔵庫でするようにしましょう。長くても2~3か月で使い切ってくださいね。それ以上たってしまうと、効果が薄れ、肌を硬くさせてしまう原因になることもありますよ!!

  • ここまで、身近なものでできるスキンケアの方法について紹介しました。
    どちらも、肌に負担をかけることなく、確実にお肌をツルツルにしていきます。「顔に使うのは、少し不安だわ・・・」と感じる方は、まずは身体から使うのも良いでしょう。きっと美しいボディに変身できちゃいますよ!!
    この冬、ぜひ試してみてくださいね。