生後間もない赤ちゃんの体調は不安定。突発性湿疹のかゆみ

生後2歳くらいまでに現れるという突発性湿疹。見た目はとてもかゆそうですが、赤ちゃんの様子を見る限りでは、ひどいかゆみはおこっていないようです。湿疹には、薬剤に対するアレルギー、あるいは植物に対するアレルギー反応により起こるものなどがありますが、赤ちゃん特有の突発性湿疹とは、いったいどのような症状?

view88

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 突発性湿疹とは、突発性発疹ともいい、90%は1歳未満で発症し、遅くても
    だいたい2歳までにはかかる病気です。
    突発性湿疹とは「ヒトヘルペスウイルス6型」の感染によるもので、
    突然38~40度の高熱が数日続き、熱が下がると同時に全身に赤い発疹が
    現れる病気です。
    出典 :突発性湿疹について - 湿疹の原因やかゆみの改善法
  • 突発性発疹の症状は、突然高い熱が出て、3日から4日ぐらいその熱が続きます。その後熱が下がった後に、発疹が胸、お腹などにでてきます。一見痒そうですが赤ちゃん自体はそうでもなく痒がる素振りは見られません。その後徐々にこの湿疹は消えてなくなります。また、この発疹の痕は残ったりすることはありません。
    出典 :突発性湿疹と大人
     

    発疹ができるといかにも痒そうに見えますが、赤ちゃん自身はそれほど痒さは感じていないのですね。

  • では、赤ちゃんに突発性湿疹の症状が現れたら、どのように対処すればよいのでしょうか?

  • 発熱でつらそうなときは受診
     熱が下がって発疹が出てから出ないと突発性発疹の診断はつきませんが、高熱で苦しそうにしている場合には、小児科でみてもらうといいでしょう。ただし、待合室で別の病気をもらう可能性もあるので、元気そうなら家で様子を見るのもひとつの手です。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
     

    抵抗力の弱い赤ちゃんのことですから、院内での二次感染の危険性もあるということですね。

  • 高熱の場合は解熱剤を使うことも
     突発性発疹の場合、熱が出ても機嫌が悪くならない子が多いですが、中には一日中ぐずっていたり、高熱にうなされてしまう子も。そんな場合、小児科で解熱剤を処方してもるあこともあります。乳幼児が使う解熱剤はあまり強くない薬なので、副作用などの心配はいりません。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
  • 発疹は2~3日から1週間で自然に消えます
     体中に発疹が広がっていたとしても、通常は2~3日、長くても1週間以内で自然に消えます。かゆくないので、ひっかき傷をつくることもなく、跡が残ることはほとんどありません。軟膏を塗ってもあまり効果はありませんし、自然に治るので何もしなくても大丈夫です。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
     

    ということは、それほど慌てる必要はないということです。

  • 赤ちゃんが突発性湿疹を発症したら、以下のケアを行ってあげましょう。

  • 水分補給をまめにしてあげましょう
     高熱が出ているときには、脱水症状をおこしがち。水分をこまめにあげるkとが大切です。下痢や嘔吐の症状がある場合には、ベビー用のイオン飲料をのませるとよいですが、これらの症状がなければ特にこだわる必要はありません。湯冷ましや赤ちゃん用のお茶でも十分です。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
  • 体をふいたり、おむつをかえたり、清潔にして
     高熱でお風呂に入れないときには、体をふいたり、おむつをこまめにかえたりして、清潔を保ってあげましょう。熱が下がれば、発疹が出ていてもお風呂に入っても大丈夫です。発疹の部分を傷つけないように、手で優しく洗ってあげましょう。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
  • 機嫌がよくても安静にすることは必要です。
     熱が高くても意外に元気なのが特徴ですが、だからといって遊びや買い物など外につれまわすのは控えて。熱が高いときには体の抵抗力が落ちているので、他の思わぬ病気につながることも。。薄着にしておうちでゆっくり寝かせてあげるのが大切です。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
  • 赤ちゃんの状態を観察して、いつもと違う状態に気付いてあげることです
     元気そうでも、子供の様子に変化がないかよく見ておくことが大切です。突然、下痢や嘔吐を繰り返したり、日に日にグッタリし始めたら、早めに小児科でみてもらったほうがよいでしょう。他の病気が隠れている可能性もあります。
    出典 :赤ちゃんの病気(突発性発疹)
     

    ここが最も大切な部分です。赤ちゃんの体調は日々目まぐるしく変わりますので、少しでも変わった様子が見られた場合には、すぐに小児科での受診が必要となります。

  • 気をつけなければいけないのは、突発性発疹は最初に熱がでて、その後下がった後に現れますが、熱が出ている時点ですぐに突発性湿疹と判断することは難しいと思いますので、発熱が長く続いたり、赤ちゃんがぐったりしていたりなどの症状が続くようであれば別の病気、風邪や脱水なども考えられますので専門家に診察をお願いするのが良策です。
    出典 :突発性湿疹と大人