動かないとなる病気?廃用症候群の恐怖とは?

耳慣れないかもしれませんが、「廃用症候群」という病気をご存じでしょうか?症状と実態に迫ってみました。

view732

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • みなさんは、「廃用症候群」をご存じでしょうか?

  •  

    知らない方の方が多いかもしれませんね…。

  • 廃用症候群とは、長い間寝たままの生活を送っているとなりやすい病気のことです。

  • 廃用症候群とは過度に安静にすることや、活動性が低下したことによる身体に生じた状態をさします。
    ベッドで長期に安静にした場合には、疾患の経過の裏で生理的な変化として表に示すようなことが起こり得ます。病気になれば、安静にして、寝ていることがごく自然な行動ですが、このことを長く続けると、廃用症候群を引き起こしてしまいます。
    出典 :健康長寿ネット-廃用症候群 【起き上がれない、歩くことができない】
     

    病気を治すために寝ていることが、さらに病気を引き起こすなんて、皮肉ですよね。

  • 筋肉の萎縮や強張りなど、様々な症状が現れます。

  • 2週間の安静で筋肉の2割が萎縮 
     特に高齢者では、知らないうちに進行し、気がついた時には、「起きられない」「歩くことができない」などの状況が少なくありません。
     たとえば絶対安静の状態で筋収縮が行われないと1週間で10%から15%の筋力低下が起こると言われています。高齢者では2週間の床上安静でさえ下肢の筋肉が2割も萎縮するともいわれています。
     過度に安静にしたり、あまり身体を動かさなくなると、筋肉がやせおとろえたり、関節の動きが悪くなります。そしてこのことが、さらに活動性を低下させることになり、悪循環をきたして、ますます全身の身体機能に悪影響をもたらし、最悪な状態では、寝たきりとなってしまうことがあります。
    出典 :健康長寿ネット-廃用症候群 【起き上がれない、歩くことができない】
     

    高齢者は特に気をつけなければならないでしょう。

  •  

    介護施設では、廃用症候群にかかっている人が少なくないと聞いたことがあります。

  • さらに、こんな症状も。

  • ある研究によれば、廃用症候群は数週間で確実に現れると考えられています。
    さらには、数日間でも廃用症候群の傾向が現れると指摘する学者もいます。
    低下するのは、筋力低下や関節の拘縮、平衡機能の低下、骨の萎縮といった身体機能の低下だけではなく、心臓や肺の機能も低下しますし、自律神経の低下が失禁や便秘につながることもあります。
    さらに精神機能も低下するために、意欲がなくなり、言動や表情にメリハリがなくなります。
    出典 :廃用症候群は短期間で現れる | 廃用症候群(生活不活発病)になりやすい | 介護の基本 ~ 介護応援ネット
     

    精神的なものにも影響があるなんて、怖いですよね。

  • 認知症の方が、さらに症状を悪化させてしまうこともあります。

  • 認知症の人であれば、症状悪化につながることがあるだけでなく、『廃用性認知症』という言葉が生まれたように、寝たきりの生活そのものが認知症を引き起こす場合もあると考えられています。
    廃用症候群による悪影響を知ると、高齢者介護においては、いかに活動性を高めて、廃用症候群を予防する、改善するといったことが重要かを理解することができます。
    出典 :廃用症候群は短期間で現れる | 廃用症候群(生活不活発病)になりやすい | 介護の基本 ~ 介護応援ネット
     

    声かけなどで病気の悪化を食い止める必要があるようです。

  • 床ずれも、廃用症候群の代表のひとつです。

  • 床ずれを和らげる
    床ずれは、長時間同じ姿勢で横たわったり、座ったりすることにより、身体の骨ばった部分の皮膚やその下の組織が圧迫されて、血液の流れが阻害され、組織が壊れてしまうことをいいます。尾てい骨や肘、肩甲骨、膝など。医学的には、褥瘡または、圧迫性潰瘍などとも呼ばれます。床ずれは、皮膚の損傷の程度(深さ、浸出液の有無や量、大きさ、炎症や感染の程度など)によって数段階に分類されます。よく寝たきりが多い方は時間を決めて体勢を変えているのをよく見ます。たとえば皮膚が赤くなっているような状態から、筋肉や皮下脂肪にまで損傷が及び炎症を起こしている状態まで様々です。気をつけていても、床ずれになるときもありますから寝たきりの方の体を拭く時にチェックした方がいいかもしれません。寝たきりにならないようにご自身も甘えず、リハビリに努力しましょう。
    出典 :廃用症候群のリハビリ
     

    とても痛いものですので、ならないように注意しなければなりません。

  •  

    何歳になっても笑顔でいたいですよね。

  • なるべく趣味の活動などを見つけて、横になっている時間を短くすることが大切だと思います。