守りたい柔らかほっぺ!赤ちゃんの洗顔方法

私たちの洗顔法よりさらに、赤ちゃんの洗顔法はやさしく丁寧にしなくてはいけません。
あのぷにぷにほっぺを守るには、
きちんとした洗顔法が重要になってきます。
今一度、赤ちゃんの洗顔法を見直してみましょう。

view7761

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 赤ちゃんの肌

  • 赤ちゃんの肌は
    もちもち、すべすべ、ぷにぷになど、すごく肌がきれいなイメージが強いですよね。
    本当のところどうなのでしょうか?

  • ラップより薄い!?

     

    肌のいちばん表面でバリアの役割を果たしている表皮は、
    大人でさえラップ1枚分の厚みしかありません。
    赤ちゃんの表皮は、なんとその約半分。
    そのため、ちょっとした刺激や気温・湿度の変化を受けやすく、
    トラブルを起こしがちです。

  • 皮脂量が少ない!

     

    新生児は、生後2カ月までは皮脂分泌が盛んなことが知られています。
    そこで、実際に生後すぐの赤ちゃんの肌を測定したところ、
    皮脂量が多いのはおでこだけで、頬やおなかは乾燥していることがわかりました。 また、1歳までにはさらに全身の皮脂量が減少することも明らかに。

  • 水分量が少ない!

     

    ぷるぷるでみずみずしく見える赤ちゃんの肌ですが、
    実際の水分量を見ると、四季を通じて大人より少ないことがわかります。
    湿度の高い夏でさえ、大人の半分以下の水分量しかありません。

  • うるおいバランスが整う

     

    初めての沐浴から、
    「泡で洗って、乳状ローションで保湿」を毎日実践した赤ちゃんの、
    肌データを測定しました。
    すると、ベタつきやすいおでこの皮脂量は減少し、
    カサつきやすい頬や体のうるおいはアップ、
    全身の肌が理想的なうるおいバランスになることが明らかに。

  • 赤ちゃんの洗顔法

  • 赤ちゃんの肌は大人より繊細なことがわかりましたね。
    私たちが行っているスキンケアよりもさらに丁寧に行わなければいけません。
    でもどのようにするのが一番よい方法なのでしょうか?
    人それぞれ違うと思いますので、
    色々な方法を調べてまとめてみました。

  • 石鹸の選び方

     

    まず洗顔方法の前に一番大事なのが
    どのような石鹸を使うかです。
    刺激が強すぎるものを使ってしまうと
    逆に肌トラブルが起きてしまいます。

  • 石鹸のタイプ
    筆者のお勧めは「泡タイプ」のベビーソープです。
    液状のものや固形タイプより価格的には値が張りますが、赤ちゃんを洗う時に泡立てに手間取らずに済み、
    冬等、気温が低い時期にも赤ちゃんを寒がらせることなく、さっと洗ってあげることができます。
    出典 :【出産準備】赤ちゃんに優しいベビーソープの選び方
  • また、泡タイプであれば石鹸が濃いまま肌にふれないので、
    石鹸による肌荒れも起こりづらくなると思います。
    泡以外はダメ、ということではなくお風呂に入れることになれてきたら、
    液状や固形タイプを利用するのも良いと思います。
    出典 :【出産準備】赤ちゃんに優しいベビーソープの選び方 | nanapi [ナナピ]
  • 石鹸の成分
    産まれたての赤ちゃんにはあまり余分な成分を含まない石鹸が適していると思います。
    赤ちゃん向けの石鹸には無添加のものがたくさんありますし、
    基本的にはお肌に優しい素材から作られています。
    その中から選ぶと安心ですね。
    出典 :【出産準備】赤ちゃんに優しいベビーソープの選び方
  • 無香料のもの
    これは筆者の考えでうが、基本的に赤ちゃんは、臭くなく、赤ちゃん特有のいい匂いがするものです。
    それをかき消すような匂いの強いものを選ぶのではなく、
    無香料・微香料のものを選ぶ方が良いのではないかなと思います。
    出典 :【出産準備】赤ちゃんに優しいベビーソープの選び方
     

    ただ、だんだん大きくなり幼児に近づいていくと、
    子供によっては汗っかきだったり、頭の匂いが気になったりすることもあります。
    その際には少しいい香りのものを選んでみるのも良いかもしれません。

  • 目にしみないもの
    赤ちゃんを洗う時には、赤ちゃんは思いのままに動くので、目を開けたままのことが多いです。
    その上で動くとベビーソープを含んだ水が目に入ることもあります。
    お風呂に入っている時に痛いと、お風呂を嫌いになる原因にもなりかねませんし、
    何より赤ちゃんがかわいそうです。
    出典 :【出産準備】赤ちゃんに優しいベビーソープの選び方
  • ベビーソープには表記に
    「目にしみない」「しみにくい」というような表現がされている商品がありますので、
    可能ならばそういう商品を選ぶとママ達も
    安心して思い切り洗ってあげることができると思います。
    出典 :【出産準備】赤ちゃんに優しいベビーソープの選び方 | nanapi [ナナピ]
  • 洗顔の仕方

     

    洗顔方法は赤ちゃんによって
    変える必要があります。
    また肌の状態にも合わせて変える必要があるので
    とても難しいところです。
    色々試してみて、赤ちゃんに合った方法を見つけましょう。

  • ガーゼで洗う

    一番行っている方が多いようです。
    ガーゼをお湯でぬらしふいてあげるだけという方法です。
    石鹸は一切使いません。

    石鹸をずっと使っていて、石鹸があわず、ガサついた肌になってしまった赤ちゃんなどは
    一度石鹸をやめ、この方法で洗顔した方がいい場合もあるそうです。

    また石鹸を使わないのでキニビができてしまう場合もあるそうなので
    その場合は石鹸を使って洗ってあげたほうが良いかもしれません。

  • 石鹸を使った洗顔法

     

    ニキビなどができてしまった場合は
    石鹸を使うことをお勧めします。
    また赤ちゃんによっては石鹸を使ったほうが
    すべすべ肌をキープできる子もいます。

    ただし、赤ちゃんの場合、
    ニキビじゃなく体の異常かも知れないので
    少しでも気になることがあればすぐに病院に行きましょう。

  • ガーゼ(ハンカチ型のヤツ)と洗面器(綺麗なお湯入り)を用意します。
    石鹸は強くない物をご使用下さい。
    ウチでは赤ちゃん用や牛乳石鹸(青箱)、セパメドを使用してました。
    現在はセパメド。。
    0.良く泡立てて、額、頬、鼻筋に泡を付けて軽く洗います。
    出典 :生後一ヶ月赤ちゃん、朝の洗顔方法(石鹸のゆすぎ方とか)
  • 1.ガーゼ(四つ折り)をお湯につけて、絞ります(片手で絞る程度でいいです)。
    2.額を拭って、ガーゼをまたお湯につけて濯いで絞ります。
      この時、泡が目に入らないように注意してください。
      入りそうだったら、手早くガーゼをお湯で濯いで絞った後、拭いましょう。
      慌てて、濯ぐ前の泡ガーゼで目を拭うと・・・、ご注意下さい。
    出典 :生後一ヶ月赤ちゃん、朝の洗顔方法(石鹸のゆすぎ方とか) | 妊娠のQ&A【OKWave】
  • 3.次に目の周りを目やにを取る為、拭います。
      目の周りを外側→内側→外側と拭います。
    4.ガーゼをまたお湯につけて濯いで絞ります。
    5.片頬を拭います。
      3(又は逆3)を描くように鼻の頭の位置→外側→鼻の下→外側→顎
    出典 :生後一ヶ月赤ちゃん、朝の洗顔方法(石鹸のゆすぎ方とか) | 妊娠のQ&A【OKWave】
  • 6.ガーゼをまたお湯につけて濯いで絞ります。
    7.残りの片頬を拭います。
      3(又は逆3)を描くように鼻の頭の位置→外側→鼻の下→外側→顎
    8.ガーゼをまたお湯につけて濯いで絞ります。
    出典 :生後一ヶ月赤ちゃん、朝の洗顔方法(石鹸のゆすぎ方とか) | 妊娠のQ&A【OKWave】
  • 9.鼻筋から口周りにあたって拭います。
      鼻の頭から8の字を描くように鼻の頭→鼻の下→口周りを一周→鼻の下→鼻の頭
      最後に眉間の位置から鼻筋に沿って縦に拭う  これで洗顔終了です。
    部位単位に拭って濯いで絞るの繰り返しでした。
    出典 :生後一ヶ月赤ちゃん、朝の洗顔方法(石鹸のゆすぎ方とか) | 妊娠のQ&A【OKWave】
     

    石けんが残っている感じがあった場合は、綺麗なお湯でガーゼを再度濡らして拭った様な気がします

  • 赤ちゃんは身体がとても繊細です。
    もし何かあった場合、
    自分で判断せず
    すぐにお医者様に見てもらうようにしてください。