40歳出産のリスクを減らすにはどうすれば良いの?

view336

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 40歳出産のリスクがあるのはわかってる!という
    方も多いと思いますが、なるべくリスクは減らしたいですよね?

    大きなことから小さなことまで・・・その方法を調べてみました!

  •  
  • 母子ともに健康に過ごそう!

  •  
     

    お腹の赤ちゃんとお母さんは一心同体!
    暗い気持ちは赤ちゃんにも伝わるので、
    りらっくす~♪してくださいね。

  •  
     

    ならば、血圧を高くしないためにはどうすれば良いのでしょうか?

  •  
  • 高齢だと増えると言われる流産のリスクを減らしたい!

  •  
     

    妊娠中にカフェインが良くないことは知られていますが、
    コーヒー1,2杯なら大丈夫!とも言われています。

    ですが流産のリスクを下げる意味ではカフェインは0にしたいですね。

  •  
  •  
  •  
     

    身体を冷やすと、子宮の血流が悪くなってしまうようです。

  • 子宮を冷やさないために、靴下は必ず履きましょう。
    くるぶしの下あたりに、子宮と卵巣のツボがあるためです。
    そのツボは妊娠中は触らないほうが良いようです。

  • 帝王切開は避けたい!

  • 難産やママの体力がもたない場合は帝王切開と
    なってしまうので、お産までの体力づくりと
    ストレッチやマタニティビクスにチャレンジ!

  •  
  • 高齢出産だと母乳が出にくいって聞くけど、どうしたら良いの?

  •  
     

    母乳に悩むママ達の間で有名なのが、たんぽぽ茶とごぼう茶です。
    出産前に買っておくと安心ですね!

  •  
     

    母乳がじゃんじゃん溢れ出る!
    という体験談をよく聞きます。

  • そして出産前には乳頭のマッサージをしてきちんと準備をしておきましょう♪
    マッサージをしていた人としていなかった人の乳頭は助産師さんから見れば
    違いはすぐに分かります!

    ただし乳頭マッサージは子宮が張ってしまうため、
    安定期以降にお医者さんと相談してからしてくださいね!