死に至る!?【アダムス・ストークス症候群】

脳の病気と言われている
アダムズ・ストークス症候群
どのような状態になるのでしょうか
まとめてみました

view438

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どんな病気か!?

  • 急に発生した極端な徐脈(じょみゃく)、心停止、頻脈(ひんみゃく)のために、心臓から脳への血液の供給が大きく低下したり停止して、脳の酸素低下を来した場合をいいます。その結果、めまい・失神・けいれんが現れて死に至ることもある危険な状態です。
    出典 :アダムス・ストークス症候群 - goo ヘルスケア
     

    死に至る事があるほど危険な病気です
    知りたいですね・・・

  •  

    心臓から脳への血流が急激に減少して起こる発作である
    と明記されています
    突然死も報告されているほど危険なのです

  • 原因はなにか

  •  洞不全(どうふぜん)症候群・房室(ぼうしつ)ブロックによる心停止か、心室頻拍(しんしつひんぱく)・心室細動(しんしつさいどう)のような心拍数の極めて速い心室性頻脈(図23‐G)に分けられます。
     本症候群の原因の50〜60%は房室ブロック、30〜40%が洞不全症候群とされます。残りは、心室頻拍(多形性心室頻拍トルサードポワンツを含む)・心室細動です。まれですが、心房粗動(しんぼうそどう)や心房細動(しんぼうさいどう)でも心房から心室の伝導が過剰に亢進すると高度頻脈となり、脳の虚血(きょけつ)に陥ります。
    出典 :アダムス・ストークス症候群 - goo ヘルスケア
     

    虚血は貧血よりも厳しい症状なので危険です
    また、心臓も関係しているので要注意

  • 症状は

  • 通常、脳の虚血症状が突然に現れます。症状の程度は、徐脈では心臓が停止している時間の長短に、頻脈では脈拍数と頻脈持続時間によって決まります。
     そのほかに、脳の虚血が原因で起こる全身けいれんや、二次的な頭部外傷がしばしばみられます。症状が消失した時点では、神経学的な異常はみられないのが特徴です。
    出典 :アダムス・ストークス症候群 - goo ヘルスケア
     

    そう簡単には収まりそうもありません

  •  

    ・意識障害
    ・全身けいれん
    ・尿失禁
    ・脈が触れにくくなる、遅くなる
    などが主な症状

  • 治療の方法はないの?

  • 突然死も起きてしまう程の病気です
    治療方法は一応確定していますが、予防しかありません
    それがペースメーカーなのです

  • 体内式ペースメーカーを埋め込む。薬剤投与の場合もある。
    出典 :アダムス・ストークス症候群 J-Medical 医学事典
  •  徐脈が原因であれば、意識消失発作の予防にはペースメーカーの植え込みが必要になります。心室細動、心拍数が多い心室頻拍の再発が危惧される時には、頻脈発生に際してはそれを電気的に停止させる植込型除細動器の植え込みが必要になります。(コラム)。
    出典 :アダムス・ストークス症候群 - goo ヘルスケア
     

    ペースメーカーはすごい役割をもっていると言えます
    携帯などで狂ったら・・・あとはわかりますね?
    病院での携帯禁止ですよ?

  • 気付いたらどうするの?

  • 心室細動、心室頻拍、房室ブロック、洞機能不全症候群などの不整脈が起こっている時に心電図をとる。
    出典 :アダムス・ストークス症候群 J-Medical 医学事典
     

    このような時に気づくと医師がはっきり症状を聞き対処をしてくれますが
    自覚症状が現れた場合も受診が必要でしょう

  • 症状が最初は軽くめまい程度で自然に消失しても、数時間、数日後に繰り返すおそれがあるので、早期に循環器専門医の診察を受けてください。
    出典 :アダムス・ストークス症候群 - goo ヘルスケア
     

    気付いたらすぐいきましょう
    そのまま突然死がおきてしまっては手遅れです


    気付いたら受診して、しっかりと治しましょうね