出来たらどうする?「肝血管腫の治療」方法のまとめ!

肝血管腫の治療はどのようにして行われるのでしょうか。無症状で進んでしまうと怖いですよね。

view3678

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肝血管腫とは

  • 肝に発生する良性腫瘍で、最も頻度が高いとされています。血管系組織の拡張による海綿状血管腫と、胎児期の血管組織の遺残物が増殖した2種類があるといわれていますが、前者がほとんどです。
    出典 :一般のみなさまへ | 日本消化器病学会
  • 参考画像ですが

     

    白く映っている部分が肝血管腫なのです。この治療方法というと私は外科的治療しか思いつきません。しかしこのような所に出来てしまったものを治療する方法はどう言ったものがあるのかをつめてみました。

  • 治療の前に

  • 3ヶ月後、6ヶ月後に再検査してみて、大きさや形に変化がなければ、そのまま1年に1回の超音波検査で経過を見ていきます。中にどうしても心配で仕方がないと言われる方がありますが、そのような方にはMRIという検査をお勧めしています。
    出典 :肝血管腫
  • 肝機能障害がなければ、検診で見つかった高エコーを呈する肝腫瘍(良性も悪性も含めて肝腫瘍と言います)の場合、ほとんどが「肝血管腫」と呼ばれる良性腫瘍で、肝臓の中に毛細血管が一部増殖して腫瘍状に発育したものです。
    出典 :肝血管腫
  • 肝血管腫の治療方法について

  • 通常、特別な治療は行われず、再検査や経過観察のみでよいとされています。しかし、癌の治療経験がある方、重い肝臓病を持っている方については、転移性肝癌や肝細胞癌を発生することがあります。肝臓血管腫との区別が困難なため、精密検査をしなくてはいけなくなります。
    出典 :肝臓血管腫治療ガイド
  • 症状がない肝臓血管腫では治療の必要はいりません。しかし、大きいものになると十分な注意が必要です。
    出典 :肝臓血管腫治療ガイド
  • 有症状であれば、外科的切除(肝切除)の適応となります。
    出典 :一般のみなさまへ | 日本消化器病学会
  • 肝臓がんの出来やすい体質の人やウイルス性の肝炎や肝硬変の患者さんはあまり軽視することは勧められません。良性のものと考えられても定期的な検査を行って経過を見守ることが必要です。
    出典 :肝血管腫 | 肝臓の症状を見逃すな!! 肝臓のSOS  原因はお酒だけじゃない!
  • 本当にまれなことですが10センチを越えるような物の場合は痛みがあったり破裂したりする危険も無いとは言い切れませんので、外科手術の必要なものも出てきます。いずれにしても病院で検査を受けるなら対処がしやすくなるでしょう。
    出典 :肝血管腫 | 肝臓の症状を見逃すな!! 肝臓のSOS  原因はお酒だけじゃない!
  • 原因は

  • 肝血管腫ができる直接的な原因は不明ですが、ホルモンの影響で大きくなりやすく、出産回数が多い女性に見つかりやすくなっています。
    出典 :肝血管腫の症状、原因、治療法〜病気の症状〜
  • 造影剤を飲む事になりますが

     

    量を増やしたら、上半身全部 かーっと熱くなってきて、息苦しくなって、このままどうにかなっちゃうんじゃないかと思ったところで、徐々に熱さが抜けていくかんじになると思います。治療方法はガンと同じように切除ですが、まずは状態を見るのが大切ですよ。