どっちが正解!?「ぎっくり腰を温める?冷やす?」気になるまとめ!

ぎっくり腰を温める?冷やす?どちらが良いのでしょうか!?正解を求めてまとめて見ます!

view699

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ぎっくり腰はこんな動作に気をつけよう!

  • ぎっくり腰になった時、「え?こんなことで痛めちゃうの?」と思うほど、何気ない動作がきっかけになることがあります。それは日常の何気ない動作では、腰・背中・お腹の筋肉を意識することが少ないため、腰に力が入る体勢をとったときにギクッと痛めてしまうことが多いのです。
    出典 :ぎっくり腰対処法・家庭編 [ぎっくり腰] All About
     

    筋肉を傷めてしまう場合や、腰の関節やクッションの役割をする椎間板に問題を起こしている場合もあるのです。

  • お子様がおられる場合は

     

    抱きかかえる時も要注意と言っても良いかもしれませんね。意識は自分の腰よりも赤ちゃんや子供に行ってしまう為、どうしても腰をかばうという考えが出来ないのです!

  • ぎっくり腰になった時に冷やす時期は

  • ぎっくり腰になった時に患部を冷やす時期は痛みの最も激しい時期です。つまり、ぎっくり腰になった時すぐに冷やす必要があるということです。これはなぜでしょうか?ぎっくり腰になると腰の筋肉は炎症を起こします。そのため激しく痛むとともに熱を持ちます。その熱を効果的に逃がすために患部を冷やす必要があるのです。
    出典 :ぎっくり腰の治療として患部を冷やす場合と温める場合の理由と時期 | iGotit
  • ぎっくり腰になってしまった場合には、アイスパックや冷湿布、氷などを使って患部をしっかり冷やしましょう。この時期に温めるなら、痛みをすぐに取ることが難しくなるでしょう。
    出典 :ぎっくり腰の治療として患部を冷やす場合と温める場合の理由と時期 | iGotit
     

    この時期は温めてはいけないという事ですね。

  • 温める必要もあるよう

  • ぎっくり腰を治すためにはひたすら患部を冷やせばよい、というわけではありません。ある程度の時期まで来たなら、今度は患部を温める必要があるのです。なぜでしょうか?温めることによって筋肉に栄養が行きやすくなるからです。そうすることによってぎっくり腰による筋肉のこわばりを解消することができるのです。
    出典 :ぎっくり腰の治療として患部を冷やす場合と温める場合の理由と時期 | iGotit
  • 温める、という方法はぎっくり腰による痛みがある程度引いた後に行なうことができます。温めたタオルやカイロ、温湿布などを使ってぎっくり腰になった患部を温めましょう。そうすることによってぎっくり腰を効果的に治していくことができるでしょう。
    出典 :ぎっくり腰の治療として患部を冷やす場合と温める場合の理由と時期 | iGotit
     

    このような時期に温めるなら問題ないそうです。

  • 冷やしてからの温熱療法が良い?

  • 応急処置としては、ぎっくり腰の場合、安静が第一です。無理に動こうとすれば、激痛が走りますし、患部の炎症が悪化してしまいます。安静にした上で、次に患部を冷やします。この冷やす処置であるアイシングは負傷した時に行う応急処置として一般的な方法です。
    出典 :冷やす→温熱療法(風呂):ぎっくり腰治療
  • これにより、筋肉の熱を抑えます。腫れや筋肉の熱が治まれば、次は温熱療法に移ります。温熱療法は患部を温めることで血流や細胞の動きを活発化させ、回復を早めます。 最も簡単な温熱療法はお風呂に入ることです。お風呂なら、長時間患部を温めることもできますし、お風呂は全身を温める効果もあります。
    出典 :冷やす→温熱療法(風呂):ぎっくり腰治療
     

    患部だけではなく全身の血流を活性化する事で効果を上げようという訳です。

  • また、お風呂に入浴剤を混入すれば更に効果が上がります。お風呂に入っている最中は体全体が温まっており、患部も柔軟になっています。無理して動かすのは危険ですが、凝り固まっている筋肉を解す、よい機会であります。
    出典 :冷やす→温熱療法(風呂):ぎっくり腰治療
     

    この時無理をしてしまうと悪化をたどる事になるので注意しましょう。

  • 回復を早める為にも、簡単な温熱療法であるお風呂は是非とも試してもらいたいです。通常の生活レベルに戻れたならば温泉へ療養がてら、出掛けることも良いかもしれません。
    出典 :冷やす→温熱療法(風呂):ぎっくり腰治療
     

    こんなものも良いかもしれませんね。

  • ぎっくり腰は

     

    まず患部を冷やすという考えが一般的です。しかし、場所によっては最初から温める事で炎症を食い止めるという考え方もあるそうです。場合によっては専門の医師の指示を仰ぐのが良いと言えるでしょう!