妊娠高血圧にいい食事って・・・どんなもの?

妊娠高血圧にいい食事

妊娠中毒症と言われていて、
今は「妊娠高血圧症候群」と呼び名が変わった病気。
マタママさんだけじゃなく、赤ちゃんにも良くないコワイ病気です。

でも、食事を見直すことで、
予防できたりはするようです。

どんな食事が良いのか?
調べてみました。

view432

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠高血圧症候群

  •  

    高血圧、尿淡白、むくみ(浮腫)のうちの1つ、もしくは2つ以上の症状が見られ、それが妊娠前から持っている症状でないものを以前は「妊娠中毒症」と称していましたが、現在は日本産婦人科学会によって、名称が「妊娠高血圧症候群」と改められ、むくみは項目より外されました。症状が出やすいのは妊娠8ヶ月以降の後期で、約1割程度の妊婦さんが発症します。妊娠前期~中期の早めに発症した方が悪化する傾向があり、重症になると母子共に大変危険な状態になります。

    引用)http://babys.jp/pre/trouble/koki/chudoku.php

  • 3大症状のうち、特に血圧上昇はひどくなると母子ともに危険な状態になることがあります。妊娠していない人であれば、血圧が130~140くらいまで上がっても「少し高めですから塩分控えめのお食事でカロリーをとり過ぎないように気をつけてくださいね」と言われる程度ですが、妊娠中は普段より厳密に血圧を管理する必要があります。140以上の血圧が続いてしまう場合は、治療と管理のために入院が必要になることもあります。軽いうちにきちんと対処しておかないと、突然血圧が200以上に跳ね上がって、赤ちゃんに十分な酸素がいきにくくなったり、お母さんが「子癇発作」という痙攣のような状態になることがあるので注意が必要なのです。
    出典 :妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の症状・原因・予防法 [婦人病・女性の病気] All About
     

    やはり、食事に気をつける必要があるようです。

  • 食事療法

  • まずは必要な「カロリー」を知ろう!

     

    普通体重 (非妊時BMI 24以下) … 30kcal×標準体重+200kcal
    肥満 (非妊時BMI 24以上) … 30kcal×標準体重
    標準体重とは? … 身長(m)× 身長(m)× 22kg

    引用)http://babys.jp/pre/trouble/koki/chudoku.php

  •  

    妊婦さんそれぞれの1日のタンパク質や塩分量、水分摂取などを考え、カロリー制限をして食事療法をします。1日の消費カロリーが摂取カロリーより少なくなれば体重は今よりも減少していきます。肥満度によって治療メニューは違いますが、基本的には食事の回数は減らしません。食事療法の意識としては「食べれないのではなく、必要以上に食べてはいけない」ということです。間食はやめて1回の食事をしっかりと取ります。そうすることでカラダが毎日の食事に慣れてくるはずです。妊娠中毒症「さっき間食しちゃったから」などと自分でカロリー量をコントロールすようとすると、食事療法は大抵失敗に終わります。朝昼晩に食べる食事のカロリー量は、毎日同じが望ましいのです。

    引用)http://www.ikujizubari.com/trouble/ninsintyu-doku2.html

  • 高血圧の要因となる塩分の摂取量を調理法を工夫するなどして1日7g以下に抑えましょう。赤ちゃんの発育に欠かせないたんぱく質を多めにとることも大切です。タンパク尿が出ている場合などは特に気をつけてください。卵、牛乳、乳製品、大豆、大豆製品、脂肪分の少ない肉などを積極的にメニューに取り入れましょう。肥満は高血圧につながりますから体重が増え過ぎないよう低カロリーの食事を心掛けましょう。1日の摂取カロリーは1,800キロカロリー以下が目安です。たんぱく質をしっかり摂る分、間食をやめる、脂っこい料理は控えるといった工夫をしてください。
    出典 :妊娠高血圧症候群の予防|「妊娠から出産まで」 - はっぴーママ.com
     

    赤ちゃんの栄養のこともきちんと考えながら・・・が大切なんですね。

  • 「減塩」の工夫

  • 1.加工食品・塩分の多い食品は控えましょう。
    2.酢・レモンなどの酸味と香りを楽しむ。
    3.ラーメン・うどんの汁は残しましょう。
    4.だしをきかせて、食材の味を楽しむ。
    5.一品に重点的に塩を使う
    出典 :静岡県御殿場市にある「共立産婦人科」産科、婦人科、不妊治療、出産、妊娠診断、マタニティービクス、母親教室
     

    どうでしょう?難しいかな?

  •  

    まず香辛料・酸味などの調味料を使ったメニューを考えてみることです。酢やわさび、 香味野菜で味付けしたメニューを取り入れると、無理なく減塩できます。そしてレモンやゆずなどを加えることで、さっぱり味のメニューができあがります。例えば、ひじきの煮物は一人前で塩分が約1.5gですが、同じひじきの酢の物だと、約0.7gと半分程度に抑えることができます。

    引用)http://expotalk.net/cat0003/1000000019.html

  • どんな食材が良い?

  • まずタコです。タコにはタウリンという善玉コレステロールが豊富に含まれています。タウリンは心臓病や脳卒中、高血圧などの発生を防ぐことで知られています。次にトマトです。トマト1個150gには、約345㎎のカリウムが含まれています。血圧を上げるナトリウム摂取を少なくするとともに、ナトリウム排泄を促すカリウムを積極的に摂ることがポイントです。カリウムを多く含むものは、きゅうり、ほうれん草、りんご、みかん、バナナなどです。ただし、高血圧の場合で他に合併症のある場合は、カリウム摂取を制限されている場合がありますので、その場合はカリウム摂取を控えてください。

    出典 :高血圧症の食事(和食)レシピ(2) :高血圧症の食事療法
     

    タコ、トマト・・・積極的に摂りましょう!

  •  



    塩分控えめ・・・と言っても、塩分自体は必要なもの。
    適度な摂取を心がけるようにしましょう!