インナーマッスルとは何か

インナーマッスルとはどこにある筋肉なのでしょうか
インナーマッスルについてのあれこれをご紹介!

view174

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • インナーマッスル

  • ところで、「インナーマッスル」というのはどこにあるどんな筋肉なんでしょうか?インナーという言葉は英語の"Inner"これには「内部の」「奥の」という意味があります。ファッションの話をする時も上着の下に着るものをインナーと言いますよね?つまりそのまま訳せば、「内側の筋肉」ということなんです。
    出典 :インナーマッスルとは何か? インナーマッスル・トレーニング -深層筋を鍛える方法-
  • 人間の筋肉は体の中心に近い部分・骨に近い部分から、何層にも重なって体を覆っています。この中で、比較的深い部分にある筋肉がインナーマッスルと呼ばれているわけです。だから文献によっては、インナーマッスルを「深層筋」と呼んでいることもあります。
    出典 :インナーマッスルとは何か? インナーマッスル・トレーニング -深層筋を鍛える方法-
  • ダイエットとインナーマッスルの関係

  • ・下腹が出て、プヨプヨしてきた
    ・ヒップが垂れてきた
    ・二の腕がブルブル
    ・階段を上がるとひざが痛い
    ・ウエストラインに自信がなくなった
    出典 :インナーマッスルとは? - WOMENJAPAN.COM(ウーマンジャパン)
  • ・よくつまずく・肩が上がらない・姿勢がよくない・ここ最近で5kg太った・食べるとすぐ太るようになったこれらはすべて、インナーマッスルの衰えが原因です!
    出典 :インナーマッスルとは? - WOMENJAPAN.COM(ウーマンジャパン)
  • 現代社会では

     

    ただでさえ、現代社会では肉体労働が減りました。洗濯も洗濯機ひとつで乾燥までしてくれますし、掃除機も自分で勝手に動いてくれます。また、クルマ社会になり、歩く量も少なくなりました。

    ですが、日本人の摂取エネルギー量は昔とあまり変わっていないどころか増えています。 現代の日本人が肥満に悩んでいるのは、日常生活での消費エネルギーが減ったからであると思われます。

  • インナーマッスルの役割

  • 関節と関節の“つなぎ”体の各箇所に関節が存在していますが、その間をしっかり繋ぎとめて固定できているのはインナーマッスルの役割です。機械のようなカクカクとした動きではなく、肩や首などの小さな動作や肘や手首を回すといった微妙で滑らかな動作ができるのも、インナーマッスルのおかげと言えるでしょう。
    出典 :【インナーマッスルとは】|インナーマッスル(赤筋・遅筋)の役割を知ろう!|頭で鍛える筋トレ
  • アウターマッスルの補助

     

    瞬間的に大きな力を発揮できるアウターマッスルですが、このアウターマッスルのいわば力の“出力”を調節しているのもインナーマッスルの役割です。いくらアウターマッスルで筋肉隆々になっても、インナーマッスルが貧弱では肉離れや腱鞘炎を引き起こしてしまいます。

  • 基礎代謝量

  • 1日に使うエネルギーのうち、基礎代謝として筋肉だけで約40%使われています。肝臓・胃腸・腎臓を合わせると約30%。合計で約70%が基礎代謝です。なので、基礎代謝が高く、エネルギーをたくさん使う身体は、太りにくいということになります。
    出典 :インナーマッスルとは? - WOMENJAPAN.COM(ウーマンジャパン)
  •  

    このありがたい基礎代謝ですが、男性は18歳、
    女性は15歳をピークに低下していくので、
    基礎代謝を落とさないために筋肉を鍛えておかないといけないのです
    それらの役割と深くかかわっているのが、"赤筋"とも呼ばれる『インナーマッスル』。

  • アウターとインナーの区別はない

  • しかし現在のところ、インナーマッスルとアウターマッスルを明確に区別する基準のようなものは存在していないようです。というのは、人体の筋肉は大小が非常に複雑に絡み合った構造をしていて、単に体の「表面からの深さ」だけで区別するのは難しいからでしょう。
    出典 :インナーマッスルとは何か? インナーマッスル・トレーニング -深層筋を鍛える方法-
     

    明確なものはないのですね