「巨大結腸症」っていったいどんな病気!?

「巨大結腸症」ってあまり聞いた事ないですよね。。。
いったいどんな病気なのでしょうか???

view233

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 巨大結腸症

  • 巨大結腸症とは

     

    巨大結腸症とは結腸が以上に拡張する病気です
    後天性の場合は巨大結腸症といいますが
    先天性の場合はシュスプルング病ともいうそうです!
    色々な病気から発病するので注意が必要と
    いえるでしょう☆

  • 巨大結腸症とは、腸の壁にある神経(節)が機能せず、腸がうまく動くことができず、ぎゅっとしぼんだままになり、その口側の腸が張ってしまう病気です。一種の腸閉塞(ちょうへいそく)で、先天性と後天性に分けられます。
    出典 :巨大結腸症 - goo ヘルスケア
  • 便が通ろうとしても、腸が広がらず、そこから先へ便やガスが進まなくなります。その結果、それより上の部分の結腸(大腸)に大量の便やガスがたまってふくらんでくるのです。
    出典 :先天性巨大結腸症(ヒルシュスプルング病)
  • 原因

  • 先天性の原因としては、いくつかの遺伝子情報の異常が深く関わっていることが明らかにされつつありますが、十分には解明されてはいません。
    出典 :巨大結腸症 - goo ヘルスケア
  • 症状

  • 主な症状は強い便秘とお腹のふくれ(腹部膨満感)です。
    出典 :巨大結腸症(症状/治療)
  • 症状

     

    多くは先天性で新生児期に発症します
    胎便が出ず、おなかが張り、嘔吐を繰り返し
    哺乳能力が弱い状態になります
    吐物を肺に吸い込んでしまうと重い肺炎になります
    場合によっては死に至る事もあるそうです!
    怖いですよね・・・

  • 新生児期に、胎便(生まれて一番最初に出る便)がでにくく、おなかが大きくなり、ミルクを吐き、便秘をするなど大腸を中心とした下部腸管の閉塞症状がでてきます。おなかはぱんぱんになり、血管が浮いて見えることもあります。著しい腹部膨満とやせが目立ってきます。
    出典 :先天性巨大結腸症(ヒルシュスプルング病)
     

    腹部は出ているのに痩せてしまうのですね

  • 治療法

  • 後天性の場合は原因となる病気の治療を行いながら、日常生活での改善(運動や食物繊維の多い食事など)を実施します。 先天性(ヒルシュスプルング病)の場合は、根治手術が必要となります。
    出典 :巨大結腸症(症状/治療)
     

    後天性と先天性があるのですね

  • 治療は専門的な手術となり、根治手術後の予後は良好ですが、将来的に肛門が機能しなくなって人工肛門になることもあります。 また、根治手術はある程度の発育を待って行われるため、それまでの間は、点滴栄養、肛門拡張、浣腸などで状態を保つことになります。
    出典 :巨大結腸症 - goo ヘルスケア
  • 胃にチューブをいれ、内容物を吸引したり、浣腸を繰り返し、ガスと便を出させます。
    出典 :先天性巨大結腸症(ヒルシュスプルング病)
  • 人工肛門をつけたあとは、根治手術をすることになります。
    神経節細胞が欠損したところを切除し、正常な腸を歯状線(肛門のところ)1~2センチ口側とつなぐものです。
    出典 :先天性巨大結腸症(ヒルシュスプルング病)