あたためる場所が重要1?冬美人の体あたため方法まとめ♪

美容効果、風邪予防、冷え症対策に!あたためるべき場所と効果的な温め方をまとめました!

view642

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 今週から女性の大敵、冷えを解消し「温め美人」になるための”1分楽トレ”8週間メニューがスタート。第1週目は代謝の要となる足首を動かす”足首グルグル”。足先が冷える・むくみやすい方は、特に丁寧に。できればお風呂につかりながらやってみて!http://t.co/KheVbKazSw
  • 冷え・冷え性のサロンからご案内を頂いた…。何故心も身体も冷えている事がバレたのだろうか…個人情報どこからか漏れたか…(笑)RT @harumiiaso: @Uki_Yoshii 『冷え・冷え症のことはお任せ!「温めサロンiaso」からのご案内です。』
  • 温めると本当に美人になるの??

  • 血流とは、血管内における血液の流れのことで、その原動力は心臓の心拍によって生じる圧力です。
    血流がスムーズに行われると、血液が酸素や栄養を身体の隅々までまんべんなく運搬し、また老廃物は身体の外へ排出するので、体は健康的に機能していられます。
    出典 :必見!お肌と体調を整えるための血流改善法 | 美肌マニアの美容情報
  • ゆたんぽ

  • あたためる場所が大事?

  • やたらに温めるより、効率的な場所を絞って温めることがポイントです。
    基本的に血流が多いところ、つまり筋肉の多いパーツを温めれば、効率的に血行不良を改善できます。
    出典 :必見!お肌と体調を整えるための血流改善法 | 美肌マニアの美容情報
  • あたためるのに効果的!!

     


    ・太もも
    ・おなか
    ・腰周り

    をあたためて!!

  • ここも温めよう!!

     


    =========
    おへそ
    骨盤
    足の裏
    =========

    おへそ自体神闕というツボです。
    その周りにも肓兪、天枢、水分や下脘、陰交
    おへその下の方になりますが関元なんてツボもあります。

    ツボだらけです。
    胃腸系や水分代謝、子宮などを整えてくれます。

    また仙骨を温めると副交感神経(食後やリラックスしてるときなど)が刺激されます。

    足の裏には湧泉というツボがあり、冷えもそうですが、足の疲れや婦人経の症状に効果があるとされています。

    おへそ周りは円を描くように
    骨盤は上下に(腰が冷えてしんどい人は腰にもかかるように)
    足裏はじっくりと

    温めていくと良いです。

    お灸の温度が大体42~50度くらいでじんわりと温めていってくれます。

    お灸なんて煙がでて家じゃできないってかたはドライヤーか蒸しタオルをビニールなんかに入れておくと温かさが持続するので試して見てください。

    やるときは低温火傷に注意しながらやってください。

  • ■冷えの要注意ポイント、3つの「首」を温めよ!

     

    冷えを予防するには「“首”と名のつく3つの部位を温めると良い」と昔から言われています。その3つの部位とは、『首』『手首』『足首』のこと。太い血管が集まっている上に外気に触れやすいため、ここから体が冷えてくるのです。

    さらに、ここを温めると風邪の予防にも効果的。冷えがとくに気になる秋から冬にかけては、この冷え攻略ポイントを温めるよう、服装を工夫しましょう。

  • おしゃれに温める!!

  •  


    【首】

    ・マフラーやストールを巻く

    ・タートルネックを着る

    ・ネックウォーマーやスヌードで温める

    【手首】

    ・トップスは半そでや七分袖より長袖を選ぶ

    ・手首までカバーする長めの手袋を着用する

    【足首】

    ・保温性の高いタイツやストッキングを履く(ナマ足は冷えの大敵!)

    ・レギンスよりも、足首まで覆うトレンカを履く

    ・レギンスを履くときはレッグウォーマーや靴下を重ねる

  •  



    NO!!着ぶくれ(>_<)

  • 動かして温める!

  • <1分楽トレ>足首グルグル

     

    代謝の要となる足首を動かすリセットにトライ。足先が冷える・むくみやすい方は、特に丁寧に行いましょう。お風呂につかりながらやれば、さらに効果アップ! 体の芯から温まり、汗をじんわりかくほど全身ポカポカになるはず。

    1 片脚を膝上に置き、足指と手指で組む。

    2 手で円を描くように、内回し、外回しと数回繰り返す。徐々に大きく回していく。右足1分(内回し・外回し各30回)、左足1分(内回し・外回し各30回)が目安。

    ●POINT
    足指の間がしっかり開くように手指を組み、くるぶしと足首が離れるように、少し引っ張りながら丁寧に回す。足の指先だけを回すのではなく、足首が動くことが大切。 

  • 温め美人プログラム―「冷え」を取るだけで、女の悩みはすべて解決する: 石原 結實 http://t.co/msd0BK8mk3 プチ断食(初心者編、半日編、1日編)、温熱食生活から、体質を変える入浴法、美肌を取り戻すナチュラルケアまで、簡単に続けられて効果のあるものを、丁寧に紹…
     

    もっと詳しく知りたくなったら、この本読んでみてください!!

  • 入浴で温める

     


    入浴は温度設定がポイントです。
    交感神経の緊張は血流悪化や冷えの原因となるため、体を休める目的では、副交感神経を優位にさせることが重要です。

    ややぬるめの38~40℃での温度設定
    つかる時間は、全身浴で最低10分、半身浴で30分以上
    入浴後に涼みすぎるとまた交感神経にスイッチしてしまうのでリラックスしたまま、30分以内にベッドへ入る

  • ホットタオルで温める

  • ホットタオルの作り方

     

    ホットタオルはレンジで簡単に作れます。

    タオルを細長く三つ折りにして長い帯状にする
    更に4つに折って、水をくぐらせて硬めに絞る
    お皿にのせて電子レンジで1分~1分30秒温める
    使う場所によってタオルの大きさを変えると使いやすいでしょう。
    目元に使うなら小さめ(フェイスタオルでもOK)、肩や首に使うなら大きめのタオルでといった感じです。

    タオルにくぐらす水は、アロマオイルをたらして薄めたものにするとリラクゼーション効果も高まります。

  • ホットタオルで温める場所♪

     

    ホットタオルは、身体の様々な場所で使えます。

    顔…毛穴を開き、化粧水などの浸透性をアップさせる
    目…目の筋肉をほぐし、疲れをとってリフレッシュさせる
    肩…血行を良くし、コリをほぐす
    頭…頭皮の毛穴を開き汚れを落ちやすくし、血行促進させて育毛効果がある
    髪…ヘアパックやトリートメントの成分浸透がよくなる
    首…疲れがとれて短時間で身体全体が温まる

  • 食べ物で取り入れる♪

  • 体を冷やしてしまう食べ物

     

    甘いものには体を冷やすものが多く、糖分は血流改善の大きな障壁です。
    体を温める食事を意識していても、反面で冷やすものをたくさん食べていては意味がありません。
    以下のものは体を冷やすので、量を調整して摂るようにしましょう。

    蕎麦
    こんにゃく
    牛乳、バター
    トマト、きゅうり、レタス
    バナナ、いちご、みかん
    緑茶、コーヒー、上白糖

  • <まとめ>温めて血流を良くして、ポカポカ美人に!!

     


    体を温めると血流がよくなる→栄養や老廃物がちゃんと流れる→体の機能がちゃんと働く→美人!!

    という流れでした!!

    温めると風邪対策にもなるし、ホッとしてリラックスできてイイ気分♪(^U^*)
    それだけで気持に余裕ができて、美しくいられるのかも!!

    たまには温泉もねー!ってことで
    画像は筆者の出身地、群馬県は草津温泉のゆるきゃら
    ”ゆもみちゃん”でした♪群馬で待ってまーす^^