知って特する肺がんの初期症状

早期発見するために知っておきたい肺癌の症状についてまとめてみました。

view2877

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肺癌は世界的に最も致死的ながん

  • 年齢ごとのがん死亡率

     

    日本の男性の肺がん死亡者数は、1993年についに胃がんを抜いてトップになりました。

    肺がんの発見率は40歳以下では10万人に一人ですが、60歳以上になると10万人に99人と約100倍に跳ね上がります。つまり、高齢者の1000人に一人が肺がんという計算です。

  • 多くの場合発見が遅すぎて効果的な治療を行うことができない
    出典 :肺癌 - Wikipedia
     

    早期発見のためにも定期的な健康診断は受診しましょう。

  • こんな症状が複数出たら要注意

  • 肺癌の症状

     

    複数当てはまる人はすぐにでも医療機関を受診したほうがいいでしょう。

  • 背中が痛い

  • 肺がんの初期症状の中に、背中の痛みがあります。
    咳が出て、長く続く場合は、痛みがあちこちに現れる場合もあります。
    出典 :肺がんの初期症状:背中痛:知って得する肺がんと名医
     

    背中に痛みが生じた場合も、肺がんの初期症状を意識して、医療機関に足を運ぶことをおススメします。

  • 咳が出る

  • 肺がんの咳の特徴は、甲高い金属音のような閉塞性の咳です。
    出典 :肺がん 症状 ・ 肺癌初期症状
  • 持続性の咳があり、まだ2から3週間後に消えません。
    出典 :肺がん 症状 ・ 肺癌初期症状
     

    いつまえたっても咳が止まらない場合は、はやめに検診を受けましょう。

  • 喫煙者には2〜3週間の刺激性の咳(乾性の咳)があり、通常の治療が無効である場合、肺がん検診を受ける必要があります
    出典 :肺がん 症状 ・ 肺癌初期症状
  • タンに血が混じる

  • 持続性または再発性血痰は、肺がんの早期警告症状ととみなされています。
    出典 :肺がん 症状 ・ 肺癌初期症状
     

    喫煙者にとって、喀血は最も重要な症状です。警戒しなければならない必要があります。

  • 痰に糸状の血や血の塊が混じること、少し赤い色の痰、少量の喀血、純血の喀出があります。
    出典 :肺がん 症状 ・ 肺癌初期症状
     

    肺癌症例では、大量喀血はまれです。

  • 胸部に痛みがある。または胸が苦しい

  • 肺がんの痛みは、例えば原因不明の、永続的な胸痛み、または肩痛みがあります。
    出典 :肺がん 症状 ・ 肺癌初期症状
     

    胸部痛が続くようならばすぐにでも病院に言った方がいいでしょう。

  • 肺癌が胸膜に影響を与えれば、一部の患者の悪性胸水と胸痛みがあります。
    出典 :肺がん 症状 ・ 肺癌初期症状
  • 疲れやすい。息切れする。発熱が続く

  • 風邪などの症状と区別がつかないことが多く、なかなか治りにくい咳、血痰、胸痛、喘鳴(喘息の方が発作の再になるぜーぜーと鳴る音)、息切れ、嗄声(声のかれ)、発熱などが続く
    出典 :肺がんの初期症状
     

    これらが続くようであれば医療機関の受診をお勧めします。

  • 息切れも、肺がんの一般的な症状です。
    大気管支や胸膜、縦隔への任意の影響も胸の痛みを引き起こす可能性があります。
    出典 :肺がん 症状 ・ 肺癌初期症状
     

    肺がんと腫大したリンパ節が大きな気道を圧迫したら、患者は吸気性呼吸困難に苦しむことがあります。胸水は、肺のストレッチを制限し、患者の呼吸に影響を与える可能性があります。

  • 食べ物を飲み込みにくい

  • 肺がんが食道を圧迫したら、嚥下障害があります。
    出典 :肺がん 症状 ・ 肺癌初期症状
  • 少しでも疑いが出たら早期の医療機関受診を!

  • 治療後5年間生存した時点で治癒と判定しますが、国立がんセンターのデータでは、Ⅰ期の治癒率は肺門部肺がんで87.9%、肺野末梢部肺がんで86.4%です。Ⅱ期では50%弱、ⅢA期では約30%になります。
    出典 :早期発見で肺がんは九○%完治する - ホスQ
     

    この数字から読み取れるように、肺がんは早期発見が最も重要です。