大人になってからかかると怖い中耳炎

中耳炎って子供だけの病気のように思ってません?実は大人もかかりますし、治りにくいという話です。

  • MUMMY 更新日:2014/03/17

view348

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 中耳炎とは?

  • 中耳炎は、主に細菌が中耳に入り炎症を起こす病気です。
     比較的、子供に多くみられますが、大人でもかかる場合があります。
    出典 :中耳炎で注意したいこと
     

    子供の病気のようで安易に考えがちでしょうが、大人もかかるようです。

  •  

    子供と大人にではやはり症状に違いが出てますね。

  • 中耳炎は、急性中耳炎と慢性中耳炎に分けられます。急性中耳炎が3ヵ月以上続いて治らないときは慢性中耳炎といわれます。
    出典 :中耳炎で注意したいこと
     

    3か月以上も長引く可能性がある!

  • 大人が罹る中耳炎の殆どは「滲出性中耳炎」と呼ばれるものです。

    これは主に加齢が原因で引き起こされる病気で、耳管の働きが弱
    くなる事から、鼓室に滲液が溜まり「滲出性中耳炎」が引き起こさ
    れるのです。
    出典 :大人でも中耳炎になるその原因とは
  • 大人の中耳炎は、子どもが罹る中耳炎と違って、治りにくいのが特
    徴です。中には「このまま治らないのでは?」と思う程、長く治療に
    通われる方もいる程です。
    出典 :大人の中耳炎は治らない?大人になってからの中耳炎の症状
     

    体力があるから大丈夫と思ってたら意外に治りにくい!?

  • 大人の中耳炎は、放っておくと耳の聞こえが悪くなる(難聴になる)
    他、進行も速いため、適切なケアと治療が必要な病気です。
    出典 :大人の中耳炎は治らない?大人になってからの中耳炎の症状
     

    治りにくいだけでなく、難聴になったりと進行も速い!?

  • そのまま症状が進むと「癒着性中耳炎」や、激しいめまいを
    引き起こす「真珠腫性中耳炎」になるなど、非常に深刻な状態に
    なる恐れがあります。
    出典 :大人の中耳炎は治らない?大人になってからの中耳炎の症状
  • 癒着性中耳炎?

  • 難治性滲出性中耳炎(なんちせいしんしゅつせいちゅうじえん)(「滲出性中耳炎(中耳カタル)」)が治療されないまま長期間経過すると、中耳内の陰圧(いんあつ)が続いて鼓膜(こまく)が鼓室(こしつ)の裏側と接着し、そのうちに癒着(ゆちゃく)がおこります。
     この状態が癒着性中耳炎で、癒着が長期間続くほど難聴(なんちょう)がひどくなります。
    出典 :癒着性中耳炎 とは - コトバンク
  • 真珠腫性中耳炎とは?

  • 正常な 鼓膜こまくは太鼓のようにぴんと張った膜ですが、鼓膜の一部が奥に入り込んでいくのが真珠腫性中耳炎です
    出典 :真珠腫性中耳炎| 耳の病気 - Yahoo!ヘルスケア
  •  

    早めの手術をしなくてはならないほどの重病!

  • この真珠腫ができていく際に,鼓膜の裏側にある音を伝える耳小骨を破壊して聴力障害を起こしたり、三半規管を破壊してめまいを起こします。また顔の筋肉を動かす顔面神経は中耳と内耳の間の骨の中を通っていて、これが真珠腫で破壊されると顔がゆがんでしまう顔面神経麻痺も起こします。さらに脳の方向へ進むと髄膜炎を起こしたりと重篤な合併症を起こすことがあります。
    出典 :真珠腫性中耳炎って?
     

    中耳の問題だけに留まらず、神経麻痺や髄膜炎という重病になってしまう可能性があるとは!

  • 注意しよう!

  • 大人の中耳炎の原因には「ストレス」が引き金となって
    起こる場合もあり、注意が必要です。

    現代人の殆どはストレスや睡眠不足、不規則な生活を送っています。
    このため、大人になってから初めて中耳炎に罹る人も多いのです。
    出典 :ストレスからくる中耳炎 大人が中耳炎になる原因
     

    中耳炎の原因がストレスな可能性もあるとは。
    自分の体と向き合うことも必要ですね。

  • 大人の中耳炎は放って置くと「手術でも治りにくい状態」にまで悪化
    する事があります。少しでも耳に異常を感じたら、信頼出来る医師に
    相談するようにしてください。

    軽い症状でも、大人の中耳炎は「耳がもわんとする」と感じたり
    「耳が塞がれたような感じがする」など、症状も様々です。少しで
    も思い当たる場合は、適切なケアを受けるようにしましょう。
    出典 :大人の中耳炎は治らない?大人になってからの中耳炎の症状
     

    「このぐらい大丈夫だろう」という思い込みが後で大変なことになりかねませんからね。