自宅でもできるフェイシャルスキンケア

乾いたオフィスや紫外線が降り注ぐ野外、日頃の生活で常にダメージを受けている素肌。健康な肌をキープするには日頃のケアが重要です。メイク落とし、洗顔から洗顔後のフェイシャルスキンケアの基本、化粧水、乳液、保湿液、ジェルなどの使い分けと効果を紹介します。
提供:エステティックTBC

view11344

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日頃の生活には肌へダメージを与える要素が数多くあります

     

    エアコンを一日中使用している環境、
    (野外に出る方は)降り注ぐ紫外線、
    日常生活での仕事のストレス、夜更かし、喫煙するまたは喫煙する人がそばにいる、食生活が乱れている、などなど

    そんな傷ついた肌にはスキンケアが不可欠です!

  • 基本はメイク落としと洗顔

  • 間違った洗い方をしていませんか? 洗顔から起こる肌トラブル

  • ・毛穴が目立つ 毛穴汚れ、黒ずみ、開きなど脂性肌に

    肌に不可欠なうるおいを奪ってしまうと皮脂をたくさん出そうとして、毛穴が目立つ原因にもなります。

    ・洗顔のしすぎはニキビの原因にも

    過度の洗顔により、お肌のバリア機能は失われ、水分が逃げて乾燥し、新陳代謝が遅れ、古い角質がたまり易い肌になりやすくなります。その結果、角質もつまりニキビができやすくなります。

    ・シミやくすみの原因に

    間違った洗顔で、お肌のカサつき、シミやくすみの原因になります。

  • 1)ぬるま湯での「すすぎ」 がベスト
    ぬるま湯(34度程度)で、4~5回すすいで毛穴を開きます。温度が高いと皮脂が過度に流れて出て乾燥肌の原因となります。

    2)洗顔料をモコモコになるまで徹底的に泡立てる

    泡が細かい程、きれいに洗うことが出来ます。泡立ては基本中の基本、泡立てなければ洗顔料が汚れを落とす機能を発揮できません。
    手で細かい泡を立てるのには時間がかかるので、泡立てグッズなどを使用するのも一つの方法です。

  • 3)洗う時は円を描くように
    やさしく、丁寧に肌の中心から外側に向けて円を描くように洗います。特に目の周りや唇、髪の毛のはえぎわなど丁寧にやさしく洗顔してください。モコモコの泡でマッサージするような感覚で円を描くのがコツです。
    眉間や鼻の頭などは特に脂がたまりやすいので、洗顔料やクレンジングで油を浮き立たせるとキレイに洗顔できます。

    4)洗い流すときもぬるま湯で
    水またはぬるま湯で十分に洗い流します。シャワーの使用やこすったりするのは肌を傷めるので厳禁です。
    すすぎ残しは肌トラブルを作る原因になるので、とにかくやさしくすすぎ残しがないように洗いましょう。

    すすぎが終わったら柔らかいタオルで肌をやさしく押さえながら水分を吸い取りましょう。

  • メイク落としと同時に、ホワイトケアとうるおい効果も

     

    プレニティ ホワイトクレンジング_120mL

    キメや毛穴に入り込んだメイクや皮脂汚れ等を浮き上がらせ、すっきりと落とすクレンジング。

    ホワイトケアに効果のあるビタミンC誘導体「AA-2G※」のうるおい美肌成分配合で、なめらかで透明感あふれる明るい肌へ導きます。
    ※アスコルビルグルコシド

  • 洗顔後のケア 化粧水、乳液、保湿液、ジェルなどの使い分けと効果

  • 失われた水分を補う化粧水

  • 洗顔後に少なくなりがちな皮脂や保湿成分。角質の中の水分が蒸発しやすい状態になり肌が乾いた状態に。肌の水分を補う方法として化粧水を使用しましょう。

    化粧水をつける時は、手のひらまたはコットンに適量をとり、顔全体にやさしくパッティングするようになじませましょう。
    顔をこすったり、パシパシ叩いたりして刺激するのは逆効果です。
    肌トラブルの原因です。
    化粧水をつけた後、肌状態にあわせて、美容液、乳液、クリームをつけるようにしましょう。

  • うるおいを与えながらホワイトケアなら

     

    「プレニティ ホワイトローション 150mlメラニンの生成を抑える薬用美白化粧水です。

    美白効果を有する【有効成分】AA-2G※配合により、シミ・ソバカスを防ぎ、肌荒れ防止作用を有する【有効成分】ε-アミノカプロン酸配合により、肌荒れを防ぐことができます。
    ※L‐アスコルビン酸
     2‐グルコシド

  • 肌にハリを出す美容液

  • 化粧水を使用した後に使用する美容液。
    美容液は、保湿や美白といった機能を高めたものを指します。

    肌のハリやシワやしみを防ぐなどタイプによって様々な種類があるので目的や美容成分の確認を必ずしましょう。

  • メディカル発想の オールインワンゲル

     

    「メディクエスト V4ゲル」はクリニックで人気のビタミンケアに着目して開発された多機能美容液ゲル。
    整肌成分として4種類のビタミン※と、うるおい・肌保護成分を配合し、「準備」「アプローチ」「キープ」の美肌のステップを一つに集約し、これ一つで洗顔後に、ハリとうるおいのある上質な肌へ導きます。
    ※パルミチン酸レチノール
     リボフラビンリン酸Na
     ヘキシル3-グリセリル アスコルビン酸
     トコフェロール

  • 化粧水、美容液で補ったうるおいにフタをする乳液

  • 化粧水~美容液~乳液という順番で使用する通り、乳液は最後に油分でフタをする役割で使用します。
    一般的には20~30代前半の人は、自然に分泌される皮脂が同様の働きをしてくれるため美容液のみのケアで問題ないとされていますので、乳液を使用する際は比較的ベタベタしないさっぱりタイプのものが好まれます。

    乳液を使用する際は、やさしく、下から上へ、内から外へとゆっくりとのばしていきましょう。

  • ダメージを受けにくい肌へ

     

    「TBC トゥアス モイスチュアエマルション 50g」肌の悩みに多方面から働きかけ、ハリや弾力のある素肌へ導くうるおい乳液。肌になじみうるおいを閉じ込めるとともに、ダメージを受けにくい肌へと導きます。