イライラしている人必見!【怒りのコントロール】始めませんか?

誰でもが当たり前に持つのは
怒りの感情ですよね?
そんな怒りのコントロール始めませんか?

view316

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 誰でも当たり前に持つ感情とは

  • 誰でもが当たり前に持つ感情、「怒り」。
    時にはそれが、社会をよい方向にかえる原動力になったり、信念をつらぬく強いモチベーションになったりします。
    出典 :怒りのコントロールはじめませんか?|ヘルスケア情報|eo健康
  •  

    しかし、日常的に生じる『イライラする、腹立たしい、ムシャクシャする』といった怒りの感情によって、いつも心が支配され、その後の行動にマイナスの影響を与えているとしたら、それはとても辛いこと。心が疲れきってしまい、本来の自分の姿でいられなくなります。おそらく、人間関係にも悪影響を与えていることでしょう。

  • 怒りの仕組み

  • 第1段階:「できごとの発生」
    何らかのできごとが起こったり、誰かが何かを言ったり、したりすること。
    第2段階:「できごとの認識・意味づけ」
    発生したできごとや言動について自分自身の意味づけを行います。
    第3段階:「怒りの発生」
    意味づけの結果「許せない」「受け入れられない」という認識に至り、怒りが発生します。
    出典 :怒りのコントロールはじめませんか?|ヘルスケア情報|eo健康
     

    怒りが爆発しないように要注意

  • 怒りやすい=ストレス耐性が低いと自覚する

  • 「怒り」の感情をコントロール

  • 怒りの感情は、価値観や考え方の不一致が原因で発生します。
    ですから、なるべく他人の目線で、起こったできごとや他人の言動についてとらえるように努めてみましょう。

    自分と相手の価値観や考え方のどちらが正しいかを考える必要はありません。
    単純に価値観や考え方の違いを認識し、それらを他人目線で理解するようにします。

    もう一つ大切なのは、怒り感情の「大きさ」と「種類」を選別すること。
    「許せる」「ある程度は許せる」「絶対に許せない」といったふうに選別し、怒りの大きさや種類を理解することで、他人目線の理解はより深まります。
    出典 :怒りのコントロールはじめませんか?|ヘルスケア情報|eo健康
  • イライラ、ムカムカした理由を問われたとき「何となく…」と答えてしまうことも少なくないと思います。
    「なぜ怒りの感情が生まれたのか」「何が気に入らなかったのか」を客観的に見つめることができれば、怒りの感情をコントロールしやすく、問題解決の糸口を見つけやすくなります。
    そのために、怒りの感情が起こったときの気持ちを、紙に書き出してみましょう。

    『怒りについて書き出す=視覚化する』ことで、怒りを静めることや、自分自身の気持ちの裏側にある「本音」が見えてきます。そして、怒りの感情が生まれるパターンを把握できるようになり、感情を操りやすくなります。
    出典 :怒りのコントロールはじめませんか?|ヘルスケア情報|eo健康
  • 「自分と他人の双方にプラスにならない」「自分自身が苦しい」などと感じる場合は、自分の価値観や考え方を変化させ、自分と他人とのギャップを埋めるようにします。そのほうが、他人の価値観や考え方を変化させようとするより簡単です。
    ただしこれは、自分の価値観や考え方を否定して、全てを他人に合わせるということではありません。
    価値観や考え方には人それぞれであることを理解し、双方にとってプラスになる方法を見つけるための手段です。
    出典 :怒りのコントロールはじめませんか?|ヘルスケア情報|eo健康
  • 怒りは上手に表現しよう

  • 相手の話の「賛成」できるところを先に伝えることが大事。そうすれば相手が聞く耳を持つ。

     怒りに振り回されて、取り返しのつかない失敗をしないよう、上手な表現方法と鎮め方を覚えておこう
    出典 :ついカッとなって失敗 怒りをコントロールする方法  :日本経済新聞
  • 我慢するか、キレるかの両極端から脱するために、まず怒りの感情を表す語彙を増やすことを大串さんは勧める。「ネガティブな言葉はただでさえ伝えにくいのに、語彙が少ないと余計表現できない」。例えば、テレビでニュースやドラマを見ながら、怒りを表現する練習をしてみよう。「ショック」「困った」「残念」「悔しい」……。語彙が増えれば落ち着いて怒りを表現できるようになる。
    出典 :ついカッとなって失敗 怒りをコントロールする方法  :日本経済新聞