B型肝炎ワクチンは肝臓癌を予防するワクチン!きちんと接種で安全確保!

多くの種類がある肝炎ですが、現在ではA型とB型に対してはワクチンがあります。
ならば日本国内での発症が多い肝炎B型のワクチンをどう打てばいいのか?

世界初の癌を防ぐB型肝炎ワクチンへの理解を深め、肝炎に打ち克つまとめ!

view661

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肝炎はワクチンで予防出来ます!A型とB型だけですが。

  • A型肝炎は国内での発症は少なくなっています。
    B型肝炎は世界初の癌を予防するワクチンであり、その効果が期待されています。

  • B型肝炎ワクチンとは、B型肝炎の成分を使って免疫をつける不活化ワクチンです。免疫を高めるためのアジュバントという免疫増強剤にアルミニウムを使っています。しばらくすると抗体が下がってしまうため、何回かワクチンをする必要があります。
    B型肝炎ウイルスを持った母親から生まれた赤ちゃんには保険診療で予防ができますが、一般的には任意接種として自費になっています。
    出典 :B型肝炎ワクチンの接種・時期・副作用 [予防接種・ワクチン] All About
     

    一回打てばいいというものではないのですね。

  • 赤ちゃんへのB型肝炎ワクチンの接種について

  • まずは出産時のお医者さんの指示に従いましょう。

  • 母親が妊娠中に検査を行ってB型肝炎キャリアであることがわかった場合は、母子感染予防として、健康保険で接種できます。その際は、出産したかかりつけの医療機関で接種スケジュールの指示があります。
    出典 :B型肝炎ワクチン- Know VPD!
     

    母子感染予防は赤ちゃんを守るためにも必要なことですね。

  • 大人への任意接種の場合

  • 任意での接種が基本になりますが、定期接種に変わって欲しいものですね。

  • B型肝炎ワクチンの費用ですが、1回あたり6,000円から8,000円くらいの病院が多いようです。抗体検査はこれとは別費用で、1回あたり3,000円以上かかるようです。
    病院によって費用が変わりますので、あなたの最寄の病院で確かめて下さい
    出典 :B型肝炎ワクチンとは? | B型肝炎の症状と検査完全ガイド
     

    医療従事者などの大人が任意接種で受ける場合にはこの程度の費用が目安になるようです。

  • 赤ちゃんと大人では、いろいろと接種の仕方も変わります。

  • B型肝炎ワクチンの効果が続くのは

  • B型肝炎ワクチンは20年以上も有効に働きます。もっとも、現在一般的に広く使われているB型肝炎ワクチンは開発されてからまだ20年なのだそうです。実際には20年以上効果があると言われているそうです。
    出典 :ワクチンは何年間有効か? | B型肝炎の症状と検査完全ガイド
     

    長く効くものですね。

  • B型肝炎ワクチンのQ&A集

  • ちなみにA型肝炎ワクチンは海外旅行の場合に接種が勧められています。

  • 厚生労働省はアジアやアフリカ、南米へ渡航する人にA型肝炎と破傷風の予防接種をすすめている。

    A型肝炎はA型肝炎ウイルスに汚染された飲食物から感染する病気で、衛生状態の良くない途上国では魚介類や水、生野菜が原因となることが多い。発症すると、倦怠(けんたい)感が強くなり、重症になると1カ月以上の入院が必要となることもある。
    出典 :渡航者のワクチン接種 頻度・重症度高い感染症を優先+(1/3ページ) - MSN産経ニュース
     

    国内での感染の可能性は低い病気だから、ということですね。