【川崎病】の【症状】は高熱を始めとして6つの【症状】がある。ここ数年は患者が増加傾向にある!

【川崎病】の【症状】というと子供の喘息発作を思い出しますが、実はそうではないようです。
【川崎病】は1~4歳ぐらいの子供がかかる原因不明の病気です・
高熱が続いたり、目の充血、舌がイチゴ状に赤くなったりするなどの【症状】が現れます。
全身の中小動脈が炎症を起こしているためにでる【症状】のようです。

view663

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【川崎病】は川崎市の公害による疾患ではありません!!

  • 川崎病ってこんな病気 1/2 - YouTube

  • 【川崎病】の【症状】

  • 喘息は【川崎病】の【症状】ではありませんよ!!

  • 【川崎病】の診断方法

  • (1) 高熱が5日以上、(2)目が充血、(3)唇も真っ赤、舌がイチゴのように。
    さらに(4)からだ全体の発疹や(5)手足が腫れるといった症状も。
    45年たっても原因は不明。こうした症状のいくつかに該当する場合に川崎病と診断。
    出典 :スタジオパーク 「急増! 川崎病に注意」 | スタジオパークからこんにちは 「暮らしの中のニュース解説」 | 解説委員室:NHK
     

    川崎病特有の症状から川崎病として診断するのだそうです。

  • 診断は臨床症状で決まりますが、症状のはっきりしない例では診断に時間がかかる場合もあります。血液検査では、炎症反応の高値が認められます。血中蛋白の低下や肝機能異常を認めることもあります。心臓の病変は、心臓の超音波検査で評価します。
    出典 :川崎病<子どもの病気> - goo ヘルスケア
  • 【川崎病】はなぜ注目される?

  • 冠動脈瘤ができると死に至る危険性がある。

  • 冠動脈が血管炎を起し、心臓を養っている冠動脈がふくれ、冠動脈瘤ができます。それがつまり、そのため急性心筋梗塞で突然死を起すので、非常に注目され、恐れられております。致命率は0.03~0.09%です。この冠動脈瘤は、発病して10日位で見られます。普通、治癒しますが、約10~20%の患者は冠動脈瘤となって障害が残ります。重症の冠動脈障害が残るのは3%くらいと考えられています。
    出典 :川崎病
  • 【川崎病】はなぜ増え続ける?

  • 【川崎病】気になる合併症

  • 1)川崎病性心血管障害

     発熱1週間前後で心筋(心臓の筋肉)、心膜(心臓を包む膜)、心臓の弁、冠動脈(心筋に血液を送っている血管)に炎症が起こり、2、3週間目が最も変化が強く、40%前後に冠動脈の拡大や冠動脈瘤が認められる。その後、血管拡大病変は次第に縮小して、1ヵ月後に20%、2ヵ月後に10%、1~2年後に3%に冠動脈病変を残す。冠動脈瘤の内径が4mm以下の小さな動脈瘤は殆どは自然に小さくなるが、8mm以上の時は冠動脈瘤内に血栓(血のかたまり)が出来やすく、血栓が血管に詰まり、心筋梗塞を起こすことがある。ガンマ・グロブリンの大量点滴療法をできるだけ早く(発病7日以内)に行えば冠動脈病変率を15%以下にまで低下させることができる。

    2)モヤモヤ病

     脳底動脈(ウィリス動脈輪)に狭窄や閉塞が見られ、その周辺に多数の小さな“もやもや”した微細な血管網がみられる疾患である。家族内発症が多く無症候性例もあり日本人、韓国人に多い。出血型、てんかん型、梗塞型、一過性脳虚血発作(TIA)型に分類される。わが国の有病者は3,700名程度と推定されている。10歳以下の小児に多いが、成人にも生ずる。成人では30歳代の発病が多い。小児では70~80%が 脳虚血症状を主体とし、熱い食物を冷ます時のような過呼吸の状態で TIA発作が誘発され、反復発作性の片麻痺、単麻痺、感覚異常、不随意運動、頭痛、痙攣を呈する。成人では頭蓋内出血症状を主体とするものが多く、突然の頭痛、嘔吐、片麻痺や意識障害で発症する。画像診断(MRA,脳血管撮影)で両側内頚動脈終末部の狭窄、閉塞と、もやもや血管の存在をみる。一般に小児例は生命予後はよいが、知能ならびに運動機能は不良である。特に3歳以前発症例は悪い。

    3)その他

     肝機能障害、胆嚢腫大、中耳炎、腸重積、腎不全、眼底変化、肺の異常陰影、関節炎など多彩。
    出典 :川崎病
  • 【川崎病】と遺伝子の関係

  • 川崎病遺伝コンソーシアム【JKDGC】-2/2 - YouTube