骨折したら・・・ 医師、看護師、理学療法士の指導に従って、積極的にリハビリしましょう。

骨折したら、ギプスで固定中は筋肉の運動量が極端に減るため、筋肉が減って細くなってしまいます。関節も固定していた場合は、固まって動きが悪くなって、可動域が狭くなってしまいます。そういった筋肉と関節の機能を回復させるために、医師、看護師、理学療法士の指導に従って、積極的にリハビリを行いましょう。

  • LOL 更新日:2014/11/19

view10927

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • リハビリは、骨折部位を強くするのではなく、元の状態に戻すことが目的

  • よく骨折後のリハビリと聞くと、リハビリによって骨を強くするのだと勘違いされる方もいらっしゃいますが、そうではなく、骨折後のリハビリによって周辺の筋肉と関節の機能を回復させて元の状態に戻すのです。
    出典 :骨折のリハビリ方法:リハビリの手引き
  • リハビリが遅れると、大変なことに・・・

  • リハビリが遅れると、筋肉の萎縮や関節の拘縮が残り、機能が十分に回復しないままになってしまうことがあるので、医師、看護師、理学療法士の指導に従って積極的にリハビリを行いましょう。
    出典 :骨折のリハビリテーション - “骨折”を知るホームページ「骨折ネット」
  • リハビリは早い時期から始めた方が効果が得られやすいと言われます。
    だいたいリハビリを始めてから6ヶ月間はリハビリをすればするほど機能の回復が図られるようです。
    そして、6ヶ月を過ぎると、その回復のスピードは落ちてきます。
    リハビリを始めたばかりの時は、まずは6ヵ月後を1つのゴールとして考えてみると取り組みやすくなります。
    出典 :平均的なリハビリの実施期間は?:リハビリの手引き
  • 「いつ」「何を」「どの程度」するのか、適確に指導してもいましょう

  • 痛いのを我慢してただがむしゃらに行ってしまうと、逆に拘縮している筋肉を痛めてしまうこともあります。でも、多くの方は「やりすぎ」よりも「やらなさすぎ」でしょう。
    「いつ」「何を」「どの程度」するのか適確に指導・施術しています。この適確なリハビリによって、治癒を早め、患部に痛みを残さないようにしています。
    出典 :骨折後のリハビリ | たまるやスポーツ鍼灸整骨院
  • 栄養が不足しているときに筋力向上のためのリハビリを行っても、効果が薄れてしまうということになります。リハビリと栄養管理どちらが欠けても日常生活の向上に繋がらないので、しっかりとバランスのとれた食事をとって運動することを心掛けていきましょう。
    出典 :三重県名張市/秋山整形外科クリニックwebsite
  • リハビリの流れ

  • 骨折部位や度合いによって、リハビリをスタートする時期やスケジュールはまちまちですが、ここでは最も頻度の高い骨折のひとつである大腿骨近位部骨折のながれをご紹介します。

  • 家庭で出来るリハビリ

  • 家族で出来るリハビリ 肘 肩関節を軟らかく

  • 家族で出来るリハビリ 膝 股関節を柔らかく編

  • 高齢者は特に、早いうちからリハビリを始めましょう

  • 骨折・リハビリ 体験談