「拡張型心筋症」とは??難病なの??

「拡張型心筋症」ってあまり聞いた事ないですよね・・・
いったいどんな病気なのでしょうか・・・

view257

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 拡張型心筋症

  • 拡張型心筋症とは

     

    画像はイメージです
    心臓が拡張するという事は
    どのような事なのでしょうか

  • 拡張型心筋症は原因不明の心筋の病気、特発性心筋症の1つで、左心室の拡張と収縮障害を持ちます。
    そのため、心筋組織の内腔が拡大することでうっ血性心不全となります。
    出典 :拡張型心筋症(症状/検査/治療)
     

    うっ血性心不全となったら大変ですよね

  • 拡張型心筋症は、心筋の細胞の性質が変わって、とくに心室の壁が薄く伸び、心臓内部の空間が大きくなる病気です。
    出典 :拡張型心筋症 - goo ヘルスケア
     

    空間が大きくなる事について、どのような症状になるのでしょうか

  • 男女とも60歳台が最も多く、ついで男性では50歳台、女性では70歳台に多くみられます。男女比は2.6:1と男性に多い傾向がみられます。
    出典 :難病情報センター | 特発性拡張型(うっ血型)心筋症(公費対象)
  • 原因

  • この病気の原因もはっきりわかっていません。これまでの研究では、ウイルス感染、遺伝子異常、免疫系の異常、アルコールのとりすぎ、妊娠などが関係しているらしいことがわかっています。
    出典 :拡張型心筋症 - goo ヘルスケア
  • 現在のところ原因は不明ですが、ウイルス性心筋炎の関与が注目されています。この病気はC型肝炎ウイルス感染によってもおこることが報告されていますが、発症原因の詳細は不明です。また、免疫異常、栄養のかたより、飲酒などが悪影響を及ぼすこともあるといわれています。
    出典 :難病情報センター | 特発性拡張型(うっ血型)心筋症(公費対象)
  • 症状

  • 動悸、呼吸困難、疲労感、むくみ、不整脈など。予後ですが、心不全や突然死などが起きる可能性があり、良くありません。
    出典 :拡張型心筋症(症状/検査/治療)
  • 症状

     

    心臓の画像ですが
    この流れが上手くいかない事がおきると
    呼吸困難にまで陥ってしまうのです

  • 最初のうちは自覚症状はありません。しかし、病状が進んでうっ血性心不全が重くなると症状が現れてきます。 初期には疲れやすくなったり、運動時などに動悸や息切れを感じたりという症状が現れ、ひどくなると夜間発作性呼吸困難も出てきます。
    出典 :拡張型心筋症 - goo ヘルスケア
     

    肺の酸素がきちんと送られないと呼吸困難が起きてしまうのです
    夜間なら何かあったら対応できいないですよね

  • 検査方法

  • 心電図、心エコー検査、胸部X線、心筋生検。
    拡張型心筋症の検査では心電図で異常が見られます。
    出典 :拡張型心筋症(症状/検査/治療)
     

    心電図で異常がみつかるのですね

  • 治療法

  • 拡張型心筋症の原因はわからないため、治療には心不全や不整脈の治療が行われます。
    心不全の治療には利尿薬、β受容体遮断薬、強心薬などの薬物療法が行われ、不整脈の治療には抗不整脈薬などの薬物療法が用いられます。その他治療には心臓移植なども行われます。
    出典 :拡張型心筋症(症状/検査/治療)
     

    心臓移植はドナーが現れないと出来ないというデメリットがあるのです

  • 予後の悪い病気ですので、必ず入院検査が必要です。症状がないときでも定期的な観察が欠かせません。再び心不全症状が出現すると、入院後長期間の安静臥床、又は運動制限などを行わなければなりません。
    出典 :難病情報センター | 特発性拡張型(うっ血型)心筋症(公費対象)