色々な思いがあるかも・・・【流産後の過ごし方】あなたならどうしますか?

前を向いて再出発!!【流産後の過ごし方】を有意義なものにしましょう。
悲しい経験ですが、妊娠の事実はあるのです。
流産で子宮の内部は綺麗になっていますので、次の赤ちゃんを望みながら無理をしない生活を送りましょう。

view2427

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「流産」を乗り越えてどう過ごすのか

  •  

    ご主人の優しさと協力が一番!

  • 初期流産でも、妊娠がわかった時点で気持ちは父親と母親になっていたはず。死産ともなれば、赤ちゃんの存在を感じていただけに大きな喪失感に苛まれるのは当然です。
    赤ちゃんを愛していた分、つらかったり、悲しかったりするのが当たり前の感情なのです。
    出典 :流産・死産した悲しみを乗り越える方法|OKGuide[OKガイド]
     

    慰めの言葉もうつろになってしまう事でしょう。

  • 稽留流産の手術後の経過(過ごし方)について
    私は3日ほど自宅でなるべく横になって安静に過ごしました。 術後はしばらく子宮収縮のための薬を飲んだり、1週間後の術後検診に行ったりしないといけません。 次の妊娠にむけて医師より「基礎体温」をつけることを勧められました。
    出典 :稽留流産【マンガ流産のベイビーライオン】
     

    手術後はやはり安静にして過ごして下さい。

  • 流産・死産後の体は産後と同じような状態になります。
    子宮が元に戻るまでに生理周期が2~3周期必要になりますし、体が早く回復するように、医師の指示を守り、無理をせずに大事にするようにしましょう。
    出典 :流産・死産した悲しみを乗り越える方法|OKGuide[OKガイド]
     

    お母さんの身体の回復が最優先!
    身体が回復すると気持ちも徐々に持ち直す事でしょう。

  • 流産後の生理

  • 流産後の生理は、一般的に2~3週間後に排卵が起こり、そして生理が来るのが一般的とされています。しかし、流産というものはとても精神的ストレスがかかり、次の生理になるのは、個人個人でとても差がでてきます。
    出典 :流産後のケア - 流産の基礎知識
  • 徐々に体も通常の状態に戻りますので、基礎体温も安定してきます。その頃には、生理も来るようになると思います。流産というのは、本当に辛く苦しい出来事ですので、精神的ショックが大きく、ストレスがホルモンの状態を狂わせてしまう場合が多いので、日々穏やかに過ごすようにしましょう。
    出典 :流産後のケア - 流産の基礎知識
  • 流産後の生活・・・妊娠

  • 完全に流産をしてから1か月すれば、次の生理がきます。時期がずれたり、量が増えたりするかもしれませんが、その後に、いつも通りに生理が2~3回くれば、次の妊娠もOKとなります。
    1回目の流産が6分の1の確率だったのに対し、次も流産する可能性は36分の1の可能性となりますので、
    自信を持って、次の妊娠にチャレンジしてください。
    出典 :流産後の流れは?今後も流産しやすいの?
     

    流産の確率は低くなりますので、しっかりとした気持ちで再チャレンジ!

  • 流産後は、妊娠できる身体の状態になっていていると言えます。
    ホルモンバランスもパパとの相性もいい状態という証明なので、すぐに次の妊娠をする、という話はよくあります。
    出典 :流産後の流れは?今後も流産しやすいの?
  • 流産の悲しみは上手に昇華することが大切

  • ・思い切り泣くなどして、気持ちを吐き出す
    ・お墓参りや水子供養などで、悲しい気持ちを昇華させる
    ・経験者の方のサイトを見たり、自助グループのイベントに参加したりする
    ・夫婦2人で旅行をしたり、子供がいたらできないことをしたりして、気分転換する
    出典 :流産・死産した悲しみを乗り越える方法(OKGuide) - エキサイトニュース(2/3)
     

    悲しみを共有できる方がいるといいですね。

  • 「流産」はどれくらいの割合でおこるものなの?

  • 流産とは、「妊娠21週6日までに妊娠の継続が不可能になった妊娠」と、定義されています。そして、全妊娠の約15%におこっています。ただし、そのほとんどは妊娠初期におこっています。
    ★ 初期の流産は8人に1人の割合でおこっています
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】注目のテーマ | 流産について正しく理解する
     

    妊娠初期(妊娠12週未満)の流産が殆どだそうです。

  •  

    流産は妊娠12週目までに多い事がわかります。

  • 「流産」の原因は?

  • 初期流産の原因は約70%が胎児の染色体異常によるものとされています。何の異常もない夫婦の間でも、卵子や精子、受精卵に染色体異常が、ある一定の割合で発生します。そして、染色体異常以外の原因も含めると、初期流産の原因のほとんどは、"胎児側"にあると考えてよいのかもしれません。
    出典 :【妊娠しやすいカラダづくり】注目のテーマ | 流産について正しく理解する
     

    多くの場合で「お母さんのせい」ではありませんので、自分を責めないように、前向きになりましょう。

  • 「流産」手術

  • 胎児の絨毛から出るhCGは一定以上に低くならないと「妊娠」と体が判断し月経周期が回復しません。
    そこで手術をして絨毛組織を取り除くことでhCG低下を早くさせ、次回の妊娠を早める効果があります。
    また、古い組織を掻きだすことで新たな内膜が再生する効果もあります。
    出典 :自然流産|ものいい産婦人科医 H.MAXのブログ
     

    手術をしないで自然に出てくるのを待つよいう選択もありますが・・・