【育児】効果的な叱り方!簡単です。今日から実践してみましょう。

特に働くママは、朝本当に大変ですよね!早くご飯食べなさい、着替えなさい、支度しなさいと
子どもがなかなか動かなくてついつい怒鳴ったり過干渉になったりしていませんか?
叱り方も、一歩間違えると後々大変な結果につながってしまうかもしれません。
いちどおさらいしてみましょう。

view204

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずはどうしてもイライラしがちな朝の支度の場面から見てみましょう!

  • 忙しい朝。どうしたらスムーズに支度してくれるの?

  • 朝っぱら忙しい。いろんな用意もしなければいけないから、結構、親御さんって遠距離攻撃で、場合によっては目線も合わせず、子どもが朝起きて早々、おもちゃをいじりだした、お母さんは台所でご飯を作っている。「着替えなさいよ」「シーン」「何度言ったらわかるの」となってしまいがちです。
    出典 :NHK 横浜放送局 | キラキラ☆子育て
     

    本当にそうですね!
    色々こちらもやることがあるし、その間にイライラしながら「早くしなさい!」となります。

  •  

    どうやったらスムーズにごはん食べて支度するかな~?

  • 本当に些細なことなんですが、子どものそばまで行って、ちょっとしゃがんで目線を合わせて入ろうとすると、これだけでも変わります。保育園や幼稚園の先生も、皆、膝をついてやっているんですね。やっぱり、あれが効果があるからなんです。
    出典 :NHK 横浜放送局 | キラキラ☆子育て
     

    そうだったんだ!なんだか目からうろこです。それからそれから???

  • シンプルに「着替えてね」って。あとは大人の世界では「着替えてね」って言われたら「着替える」って思っている。「着替えてね」。グダグダグダ。「何やってんの」ってなりますが、子どもは切り替えるのに結構時間がかかるので、しゃがんで目線を合わせてこっちを向かせて「着替えてね、ママ待ってるよ、着替えてね」。待つ、待つ。
    出典 :NHK 横浜放送局 | キラキラ☆子育て
     

    シンプルに簡潔に、がポイントですね。待つことも大事。こちらの忍耐力も育まれますね(笑)

  • これ、やってみたら本当に効果がありました!
    できたら「えらいねーー、できたねーー」って少し大げさにほめてあげると嬉しかったようです。

  •  

    こちらのイライラが爆発するまで言うのではなく、シンプルに、「着替えようね」と言って傍まで行ってしゃがんで待つ。これだけ!本当に簡単です。
    お子さんの性格や状況にもよりますが、簡単なので試す価値は大いにあると思いますよ。

  • でも、厳しく怒らなければならない場面ではもちろん厳しく!

  •  

    仕方ない、こんな時もありますよ~
    メリハリをつけて、こういうときは割り切って厳しくびしっと
    叱りましょう。

  • 真剣に厳しく叱らなければならない事が“2つ”ある事だけは理解しておきましょう。
    1つは他人を傷つける事。これは肉体的な暴力だけでなく、言葉の暴力も同じです。そしてもう1つは、自分を傷つける事。
    出典 :優しく諭す? 大声で怒鳴る? 叱り方によって子どもの将来が変わる! | パピマミ
     

    この二つ、命にかかわること二つですね。本当に大切なことです。

  • その他の場面で叱る時はこのポイントを忘れずに!

  • (1)非難の要素を入れない
    (2)共感する
    (3)まずほめる
    (4)ユーモアを大切にする
    出典 :超危険!たちまち子どものやる気が止まってしまう「NGな叱り方」8つ - It Mama
     

    非難する、責める感じのトーンになってしまうと、子どもでなくても大人でも心を閉ざしたくなりますもんね。
    まずは褒めてあげられるところを見つけて褒めてから、冷静に話をするのがポイントみたいですね。
    難しいときもあるかもしれないけど試してみましょう。

  • 感情的に怒鳴りたくなってしまった時は

  • すごく地味なんですが、深呼吸なんですよ。これ、散々言われているけれど、実際する人ってあまりいない。
    さすがにキレそうだぞっていう時に深呼吸を丁寧に3回するとか、10ゆーっくり数えると、怒りが完全に収まることはないけれど、後で後悔するようなアクションは抑えることができます。
    出典 :NHK 横浜放送局 | キラキラ☆子育て
  •  

    怒鳴ると子どもに悪影響なだけではなく、後悔、自己嫌悪になるんですよね。