頬の赤みの原因ナンバー1!顔の洗い方を直して改善する方法

頬の赤みの原因で一番多い理由を紹介します。またその原因は顔の洗い方を見直すだけで改善することができます。間違った洗顔方法をしている方はチェックしてみてくださいね。
頬が赤いのは病気というよりは、皮膚のトラブルや間違ったスキンケアのことが多いようです。

view115

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 頬の赤みの原因

  • 頬の赤みの原因で多いのは何なのでしょうか。間違ったスキンケアを見直すだけで、皮膚の赤みを消すことができるかもしれないのです。

  • 皮膚の擦りすぎ

  • ゴシゴシ洗うのは禁物

     

    1つの理由として顔の洗いすぎがあげられます。皮膚を擦ると必要な角質まで削ってしまい、皮膚が薄くなった箇所で赤みを増します。にきび肌やオイリー肌の方はついつい顔を洗いすぎてしまうのではないでしょうか。
    ・過剰なピーリングは避ける
    ・スクラブ洗顔を止める
    この2点に注意し、皮膚の摩擦を避けてみましょう。

  • ビニール肌

     

    ビニール肌とは顔を洗いすぎてツルツルてかてかになった肌のことです。角質を除去しすぎ、皮膚の凹凸さえもなくなった状態です。ここまで洗いすぎるのはやりすぎで、皮膚が過敏になったり頬の赤み、肌が乾燥するなどトラブルも起こりやすいため注意しましょう。

  • 洗顔はふわふわにあわ立てた洗顔フォームや石鹸で洗いましょう。泡のクッションを利用し、皮膚に刺激をあたえないことです。この洗顔方法を続けていると、次第に角質が作られ肌の赤みも改善してきます。

  • 肌の赤みは皮膚の薄さが原因に

     

    皮膚が薄いと、皮膚の下にある毛細血管が見えやすく赤みが起こります。まずは正常な肌を育てることからはじめましょう。アトピー肌や敏感肌の方にも良く見られますが、角質の一部が剥がれ血管が見えているのが理由なのです。

  • 角質を培養するスキンケアのコツ

  • 頬の赤みが気になるなら角質を培養しよう

     

    皮膚の刺激により角質が過剰に除去されているのが、頬の赤みの原因です。健康な肌は角質が綺麗にそろっているため、これを目指し健やかな角質を育てるようにしましょう。
    ・過剰なスキンケアを止める
    ・刺激の少ないスキンケアを使う
    肌に負担となることは何もせず、必要最低限のことだけ行ない角質を育てます。

  • 日常生活でスキンケアを何もしないわけには行かないか方は、優しく泡立てた石鹸で顔を洗い、セラミドでケアしましょう。
    セラミドは角質層に水分を保水する機能と、肌をバリアする2つの働きがあります。アトピー肌などの方もセラミドが少なくなっている人が多く、角質を培養する手助けになります。

  • 肌断食もおすすめ

  • 肌断食でキレイな肌にしよう

     

    肌の赤みが出てきたら、何もしない肌断食もおすすめです。肌断食とは一切何もせず、角質を培養させるために有効だといわれています。
    洗顔、基礎化粧品、メイク、クレンジングは一切行わず、水で顔を洗うのみです。休日や週末などに行うと良く、短期間でも肌が回復し綺麗になると実践者も増えてきています。
    肌には元々綺麗になる力があるため、何もしないで刺激を与えないことで、肌そのものの力を引き出すことができます。

  • 肌断食初めてもうすぐ(11月10日で)一か月。
    小鼻の角栓がすんごかったけど、だいぶ乾燥してて、もうすぐ剥がれるかなーという前に我慢できず軽く除去。簡単に取れたよ。肌の調子が整ってきた気がするけど、気のせい?
  • 健康な肌はシンプルスキンケアが一番?

  • シンプルスキンケアが良い理由は男性の肌を見ればわかる

     

    殆どケアをしない男性のほうが意外と肌が綺麗だったりします。UVカットやスキンケア、メイクなど一切していない人でも、女性より肌がキレイな人は多いですよね。
    実は女性の中には過剰なスキンケアで肌を傷つけている人がいます。頬の赤みが気になったら、やりすぎていると認識し少し抑え気味にしてみましょう。

  • 女性の場合はメイクをして、クレンジングで落すという作業が肌に負担をかけていることが多いようです。休日はノーメイクで過ごし、肌の角質を育ててみたいですね。