冬のおとも【湯たんぽ】効果的な使い方でぐっすり♪

冬の冷えの味方といえば、「湯たんぽ」
昔から使われているエコな暖房器具ですよね。実は湯たんぽを使ったことないという方!もったいないです!
湯たんぽの効果的な使い方をまとめました♪

view414

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 湯たんぽ使ってる?

  • 湯たんぽを使わなきゃもったいない!3つのメリット

  • 1.空気が乾燥しない
    2.電気代がかからない
    3.使い終わったお湯を、朝の洗顔で使える
    出典 :湯たんぽでガンコな冷え症を撃退!体を芯から温める活用法 | GozoRopp
     

    お財布にやさしい~!

  • 湯たんぽの効果的な使い方

  • 1.お風呂に入る前に湯たんぽを使う

     

    これはいきなり意外!

  • お風呂に入る前に体幹に近い大きな筋肉のある部分、お腹やお尻、太ももの全面などを温めるなら、血行が良くなり、お風呂に入った時に温まりやすくなります。

    長い時間お風呂に入ったのに、お風呂から出たらすぐに体が冷えてしまったという経験はありませんか?これは体が芯まで温まっていない証拠です。そこでお風呂に入る前に湯たんぽである程度体を温めておきましょう。そうするなら、血液がある程度温まった状態でお風呂に入ることができます。そのため、湯冷めしにくくなります。お風呂でしっかり温まるには、まず湯たんぽで体を温めましょう。
    出典 :湯たんぽを正しく使った時の抜群の効果 | iGotit
     

    湯たんぽである程度体を温めておく、という発想はなかった!

  • 2. 1.で使った湯たんぽをお風呂に入っている間は布団の中へ入れておく

  • 湯たんぽを布団に入れておく位置にポイントがあります。お尻の位置に湯たんぽを置くようにしましょう。

    お尻は体の中でも大きな筋肉です。そのお尻に筋肉が温まると、足の先まで温かい血が巡ると言われています。お風呂にはいっている時には適切な位置に湯たんぽを置いて、効果を実感してください。
    出典 :湯たんぽを正しく使った時の抜群の効果 | iGotit
     

    なるほどー。布団の真ん中らへんがいいかな?

  • 3.寝るときの効果的な湯たんぽの使い方

  • 寝ているときはどうしても足もとに湯たんぽを置いてしまうかもしれませんが、それは寝る時の効果的な湯たんぽの使い方ではありません。まずお腹を温めることです。そしてそのあとは足の付け根や太ももなどにずらしていきましょう。手先が冷えて寝つきが悪いと思われるのであれば、二の腕の下あたりを温めると効果的です。

    的確な場所を温めるために、湯たんぽは少しコンパクトなものを使用すると良いかもしれません。
    出典 :湯たんぽを正しく使った時の抜群の効果 | iGotit
     

    まずはお腹から!ですね

  • さらにさらに...

  • 湯たんぽは高血圧の治療にも効果的!?

  • 高血圧というのは身体的、また精神的なストレスによって動脈が縮んでしまい、異常に血圧が高くなるという病気です。この病気の場合薬で動脈を拡張させる方法が一般的な治療方法です。

    でも、ここで薬を使わないで湯たんぽを使うという方法があるのです。湯たんぽの熱を利用して物理的に血管を拡張させることができると言われています。特に二の腕あたりを湯たんぽで温めると良いでしょう。

    薬を使った高血圧の治療は、副作用の恐れがありますが、湯たんぽで温める治療法には副作用はありません。高血圧の方は湯たんぽでの治療法を試してみられる価値があると思います。

    とはいえ、高血圧は様々な重大な疾患の原因となることがありますので、高血圧になったら湯たんぽを使えばいい、と思うのではなく早めに病院で診察を受けましょう。湯たんぽ治療を行なう場合もそれが自分にとって効果的なのか、病院で相談してから行いましょう。
    出典 :湯たんぽを正しく使った時の抜群の効果 | iGotit
     

    二の腕あたりを湯たんぽで温める、ですね。副作用の心配がないのが湯たんぽの嬉しいところ

  • ただし、低温やけどに注意!

  • 湯たんぽを体の同じ場所にずっと当てていると、低温やけどを起こしてしまいます。
    少しずつ位置をずらして使ったり、汗をかきはじめる前に体から離して使いましょう。
    一か所につき、3〜10分の接触が目安です
    出典 :湯たんぽでガンコな冷え症を撃退!体を芯から温める活用法 | GozoRopp
  •  

    湯たんぽを使えば冬の睡眠はぽかぽか、ぐっすり♪
    ぜひ正しく使ってみてくださいね。