カラダの内側から、肌の乾燥を防ぐ!コラーゲン鍋の、美肌効果を高める方法

冬は鍋!!特にコラーゲン鍋がおすすめ!
おいしく食べて、肌の乾燥を防ぐ美容法です。
美肌効果を高めるポイントをまとめました。

  • panda 更新日:2014/01/24

view227

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    体の内側から、お肌の乾燥を防ぐ!肌がプルプルになるコラーゲンと、お野菜たっぷりの、コラーゲン鍋を召し上がれ!

  • コラーゲンとは

  • コラーゲン

    お肌を構成しているたんぱく質の成分。肌のハリ、弾力を保つためには欠かせません。
    ふかひれや手羽先が有名ですが、骨や軟骨、皮に多く含まれるので、魚のアラなどにも多く含まれています。
    コラーゲンは水に溶けて流れやすいので、魚の缶詰や、アラ炊き、手羽先の煮込みなどの料理がコラーゲンを効率よくとることができるのでオススメです。
    出典 :肌の乾燥から身を守る食べ物ってあるの? : タニタ運営[からだカルテ]
     

    コラーゲンを取って、お肌がつやつやになったってのは、よく聞く話!
    コラーゲンたっぷりの鍋を食べちゃお!!

  • お魚はあんこうがおすすめ!!

  • また、鍋におすすめなのは、見た目からプルプルしていてコラーゲンが豊富そうだと感じさせてくれるアンコウです。

    アンコウは、海のコラーゲン・マリンコラーゲンということでコラーゲンの中でも吸収されやすい食材なのです。
    出典 :鍋でコラーゲン摂取
     

    あんこう、ぷるっぷるで、超おいしい!

  • 肉は骨や皮付きのまま煮込もう!!

  • コラーゲンをたくさん含む食べ物は、レバーや牛スジ肉、骨付き肉、皮、軟骨などですが、コラーゲンは水溶性で、水分中に溶け出す性質を持っているので、魚は丸ごと煮込んでだしまで飲めるよう薄味にし、肉は骨や皮付きのままスープの具として煮込みましょう。
    出典 :2/4 プリプリお肌の元、コラーゲンでシワ対策! [美容食・インナービューティー] All About
     

    丸ごと煮込んで、コラーゲンを余すところなく食べよう!

  • コラーゲンボールを作るのもよし!

  • コラーゲンボール
    水 6カップ(1200cc)
    ねぎ (青い部分)1本分
    生姜 1かけ
    塩 小さじ1/2~
    ゼラチン 10g ※水にゼラチンをふり入れて溶かす
    出典 :コラーゲン入り 鶏しょうが鍋 [簡単スピード料理] All About
     

    コラーゲンボールって、魅惑的な響き!

  • 1:
    鍋を作る前に準備しましょう! 水6カップを沸騰させ、長ねぎ、皮付きのまま薄切りにした生姜、鶏肉(もも肉、手羽中)、塩を入れます。中火で約20分茹でたら、火を止め、そのまま置いて粗熱をとります。

    チキンスープから具を取り出し(鶏肉は鍋の具にします)、半分を鍋つゆにし、残り半分(約500cc)でコラーゲンボールを作ります。

    2:
    粗熱をとっている間にゼラチンを用意します。水100ccにゼラチン10gをふり入れ(水にゼラチンを加えるのがダマにならないコツ)、しっとりしたら、レンジで40~50秒加熱し、溶かします。

    スープにゼラチンを加え混ぜたら、小さめのボウルやシリコン型などに流し入れます。2時間ほど冷蔵庫で冷やせば、プルプルなコラーゲンボールの出来上がり。
    出典 :コラーゲン入り 鶏しょうが鍋 [簡単スピード料理] All About
     

    女子同士で鍋するときに作れば、盛り上がりそう!

  • コラーゲンの効果を高めるためには、ビタミンCを取るべし!

  • コラーゲンを効率よく吸収するコツとして有名なのが、「ビタミンCと一緒に摂る」ということ。サプリメントで摂る時も、意識するといいです。逆に気をつけたいのが、糖分の摂り過ぎ。実は過剰な糖分は、コラーゲンと結びついて老化架橋を増やしてしまうのです。。
    出典 :2/2 よくわかるコラーゲンの基礎知識 [肌の悩み・対処法] All About
     

    へぇ~、ビタミンCが必要だなんて、知らなかった!

  • コラーゲンの効果UP!!ネギはビタミンCがたっぷり

  • 「葉ネギ」:緑の葉にはカロチンやビタミンCが多く、カルシウムやカリウムなどのミネラル分も豊富に含まれており、緑色の濃い葉ネギに含まれるカロチンの量はグリーンアスパラを上回っていますし、ビタミンCの量もアボガドを上回っています。
    出典 :鍋の材料のお話
     

    ネギは必須アイテム!

  • 野菜は煮込みすぎない!

  • よりコラーゲンを効率よく吸収するためにも、お野菜はビタミンCの多いキャベツやほうれん草を入れましょう。野菜は、あまり煮込みすぎないのがビタミンCをたくさん摂るコツです。
    出典 :マイナス5歳のビューティケア
     

    煮込みすぎて、へなへなにならないように注意!

  • たれはポン酢をレモンなどで手作りするのがおすすめ!

  • 体内でコラーゲンをスムーズに合成するためにも、コラーゲン鍋を食べる時はビタミンCが多い食材を一緒に食べると効果的です。ただ、ビタミンCは加熱すると壊れてしまいますので、鍋の具材としては利用できません。

    例えば、鍋のタレとして使うポン酢を、だし醤油とレモン汁で手作りにしてみたり、食後にみかんや柿、キウイなどを食べたりして、ビタミンCを補給してみましょう。
    出典 :女性に人気の「豆乳鍋」「トマト鍋」「コラーゲン鍋」は本当に美容に効く? - Woman type [ウーマンタイプ]
     

    コラーゲン鍋を、手作りのたれで食べるなんて、最高!!