子宮内反ってどういう病気?

子宮内反とは、出産後きちんと胎盤が剥離する前に引っ張ってしまうことにより、子宮が裏返って出てきてしまう状態のことをいうのだそうです。
分娩時の異常としては非常に稀なことだそうですが、どういった原因で起こるのか、どのように治療していくのかなどまとめていきたいと思います。

view454

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮内反症ってどんな病気?

  • 靴下を脱いだ時、裏と表がひっくり返っていることがありますよね。
    出産後、子宮がそんな状態になっているとしたら、驚きませんか!?

    分娩後に子宮体部(袋状の部分)が内側に反転し、子宮頸管や膣まで出てきた状態です。
    出典 :子宮がひっくり返る!?子宮内反症 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
     

    聞いただけで恐ろしいです。
    出産を経験した人なら、なんとなく感覚を想像できるのではないでしょうか。

    私は2度妊娠出産経験があり、妊娠出産関係の本や雑誌を人並みに読んでいたつもりですが、
    この病名を知りませんでした。

    そもそも、なぜこんなことが起こるのでしょう?

  • 子宮内反症が起こる原因

  • 胎盤剥離徴候以前に臍帯を過度に牽引したり、
    強引な胎盤の子宮底圧出法を行った場合に発生しやすい。

    しかし、通常の扱いでも生じることがあり、
    また一度発生すると次回分娩時の再発率が高いことから、
    内因性の素地に外因性の力が加わって発生すると考えられている。
    出典 :ある産婦人科医のひとりごと: 子宮内反症
     

    要するに、赤ちゃんが出てきた数分後の
    『胎盤が出てくる段階』で
    胎盤が自然に子宮から剥がれる前に
    無理やり剥がした場合に発生しやすいということですね。

    誰もがそうなるわけではなく、
    内因性の素地、つまり産婦に何らかの誘因がある場合に
    発生しやすいということのようです。

  • 自然発生 ①子宮筋の弛緩…羊水過多、多胎妊娠、多産婦など
           ②急速に進行した分娩…墜落産など
           ③癒着胎盤
           ④過短臍帯
           ⑤咳や嘔吐などの急激な腹圧の上昇など
    出典 :子宮内反症 | 分娩時に起こる異常
     

    上で言うところの内因性の素地、ですね。

  • その他の誘因として

     

    臍帯巻絡、巨大児分娩、子宮奇形、
    前置胎盤、低位胎盤、子宮筋無力、頸管弛緩などがあります。
    非産褥性としては腫瘍(粘膜下筋腫)の牽引によるものがあります。

    出典元:
    子宮内反症 - QLife家庭の医学http://www.qlife.jp/dictionary/item/i_030325000/

  • 外力による発生 ①胎盤用手剥離
            ②臍帯の過度の牽引
            ③胎盤圧出法

    出典 :子宮内反症 | 分娩時に起こる異常
     

    内因性の素地に
    このような外力が加わることで稀に発生するということです。

    私も妊娠初期に前置胎盤だと言われ
    色々調べて不安になった記憶があります。

    調べている妊婦さん、あまり不安にならないように☆
    この病気は非常に稀なことのようです。

    どのくらいの頻度で起こるのでしょう。

  • 子宮内反症の発生頻度

  • 子宮内反症の発生頻度は2000~20000分娩に1例と低く,
    稀にしか経験しない疾患である
    出典 :妊娠・分娩9 当科における子宮内反症の5例 | 関東連合産科婦人科学会
     

    幅がありますが、非常に稀な疾患です。
    8000〜1万回の分娩に1例くらいの頻度というデータもありました。

  • いずれにせよ、
    産科の先生や助産師さんは
    心配な要因がある場合は注意されるはずですので
    必要以上に不安にならないようにしましょう。

  • 子宮内膜症の種類

  • 子宮内反症は子宮体部が「裏返る」程度や
    裏返った子宮がどの位体外に脱出するかでいくつかに分けられます。
    出典 :産婦人科の基礎知識/子宮内反症
  • ①子宮陥凹…子宮底が反転するが、子宮腔内にとどまっている。
    ②不全子宮内反症…反転した子宮底が外子宮口までおよぶ。
    ③全子宮内反症…反転した子宮底が外子宮口を超えて、膣内に脱出している。


    出典 :子宮内反症 | 分娩時に起こる異常
     

    全子宮内反症については下に図がありますので
    分かりやすいと思います。

  • 完全子宮内反症(全内反症)

     

    内反した子宮が膣内まで出てきた症状です。

    この時胎盤がまだ付着している場合もあります。
    子宮の位置が通常の場合よりも下方へ移動、
    あるいは下腹部に触れなくなります。
    頸管裂傷、弛緩出血、子宮脱、腟壁血腫、
    胎盤遺残、副胎盤などと区別を要します。

    出典元
    http://www.qlife.jp/dictionary/item/i_030325000/

  • 子宮内反症の症状の現れ方

  • 胎盤剥離前後に突然の下腹痛、腟付近の膨満感(ぼうまんかん)、
    ショック、大量出血などの症状があれば子宮内反症が疑われます。
    出典 :子宮内反症 - goo ヘルスケア
     

    出産を終えると子宮は妊娠前の姿に戻ろうとするため、収縮しますが
    子宮が外に出てしまうと正常に収縮が行われず、大量出血する恐れがあるようです。

  • 子宮内反症の治療方法

  • 大量出血を起こすことが多いので、血管確保により
    輸液や輸血を必要に応じて行うと同時に、整復を試みます。
    整復に際しては、鎮痛効果と子宮筋を弛緩させる目的で麻酔を行う場合があります。
    出典 :子宮内反症 - QLife家庭の医学
  • 裏返ったまま子宮が収縮する可能性があります。
    それを防ぐため、子宮収縮剤の点滴を大量に投与します。

    整復後は、子宮を定位置に固定するための薬や
    感染の予防をする薬などを点滴も行います。
    出典 :子宮内反 | 出産 | 妊娠・出産のすべて
  • ・非観血的用手整復術:人の手を使って治す方法です。

    ・観血的整復術:開腹手術を行い、直接裏返った子宮を元に戻します。

    ・子宮全摘術:上記のどちらでも整復できない場合、子宮が結構なダメージを受けているときは子宮を取る手術を行います。
    出典 :子宮がひっくり返る!?子宮内反症 -症状や対処法など家庭の医学情報- カラダノート
  • 子宮内反の再発の可能性

  • 過去に子宮内反を起こした事がある人は
    次の出産の際にも起こす頻度が他の人と比較して高くなるため、
    必ず医師に事前に報告するようにして下さい。
    出典 :子宮内反 | 出産 | 妊娠・出産のすべて
     

    多くの場合、
    分娩方法を帝王切開にするなどの措置が取られるようです。

  • 子宮内反症は非常に発生頻度が低いため症例が少ない

     

    子宮内反症はたとえ何らかの誘因があっても予測は困難だと思われます。

    ただ分娩後の疾病ですので、経膣分娩に固執しなければ防げる病気でもあります。

    前回出産時に子宮内反と診断された人は必ず医師に相談しましょう。

    元気な赤ちゃんを産んでくださいね!