妊娠中のカラーリングはしない方が良い?

妊娠中のカラーリングはしない方が良いと言われています。その理由についてまとめてみました。

view367

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中のカラーリングは良くない?

     

    意外と知らない人達が多いのですが、妊娠中にカラーリングをすると良くないようですね。

  • 妊娠中のカラーリングは発がんを招く?

  • 妊娠中のカラーリングは「大丈夫」と考えて行っている方も多いのではないでしょうか?
    しかし、カラー剤の中にはかなり多くの発がん性物質や毒性の強い成分も含まれています。
    ですので、妊娠中にカラーリングを行うと体に良い影響を与えません。

  • カラー剤を使うとどうなるの?

  • カラー剤の成分は体にも頭皮にも悪影響?

     

    妊娠中にカラー剤を髪の毛に添加すると悪い影響を及ぼすこともあります。

  • 妊娠中にカラー剤を使用すると、ホルモンバランスが乱れていて、かぶれたりただれたりするようになります。
    普段全くかぶれたりただれたりしない人でも起こるので気を付けてください。

  • 妊娠中にヘアカラーやパーマをすると、毛穴から薬剤が染み込み、血液に混ざりこんだ薬剤が赤ちゃんへ伝わり、赤ちゃんに何らかの影響を与える可能性があると考えている方も多いようです。
    出典 :妊娠中にヘアカラーやパーマをしても大丈夫?-赤ちゃんの部屋
  • 染料やパーマ液の薬剤で頭皮がかぶれたり、つわりの時期に染料や薬剤の匂いで気持ちが悪くなってしまったりする事もあります。
    出典 :妊娠中にヘアカラーやパーマをしても大丈夫?-赤ちゃんの部屋
  • 美容室に行く時の注意点

  • 美容室でカラーリングを行ってもらう際には、自身が妊娠しているということを伝えるようにしてください。
    美容室でカラーリングを行う場合には、なるべく皮膚に付かないように気を付けながら施術を。
    妊娠をしている時は、皮膚が普段以上に敏感になっているので頭皮が荒れやすくなっています。
    痒みなどの症状が起こることもあるので、施術方法はしっかり伝えるようにしてください。
    また、シャンプーが長時間かかることもあります。
    妊娠中は特に姿勢などは正すようにした方が良いので、常に楽な姿勢をとるようにしましょう。

  • シャンプーの際に仰向けに寝かされます。30週目以降だとお腹が大きく苦しくなるので30週目以降カットのみ受けるようにしましょう。
    出典 :妊娠中にヘアカラーやパーマをしても大丈夫?-赤ちゃんの部屋
  • トイレは我慢せず行くようにしましょう。
    出典 :妊娠中にヘアカラーやパーマをしても大丈夫?-赤ちゃんの部屋
  • 妊娠中はストレスを溜めないようにすることが大切

  • いろいろな事を我慢してママ自身がストレスを溜めてしまうと、また逆に胎児にとっては良くない事となってしまいます。あまり無理せず、何でも疑問に思う事は担当医へ相談して決めてもいいのではないでしょうか。たまの息抜きも大切にしましょう。
    出典 :妊娠中にヘアカラーやパーマをしても大丈夫?-赤ちゃんの部屋
  • 妊娠中は胎児のことを考えて行動をする必要があります。
    美容室ではあまり無理な姿勢をしないことも大切。
    無理な姿勢をすると、体に負担がかかりますし、ストレスにもなるのです。
    少しでもママが無理をしたり、ストレスを溜めると、胎児にまで影響が出てきます。
    普段からなるべく無理をせず、ストレスを溜めないように暮らすように心がけましょう。