現代でも注意が必要「栄養失調の症状」とは?

栄養失調の症状とはどんな症状なのでしょうか。
ダイエットをしていたり、不規則な食生活を送っている方は要注意です。
飽食の時代といわれる現代ですが、栄養失調になる可能性があるそうです。そんな栄養失調の症状について、まとめてみました。

view17479

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 食欲が無いときは「栄養失調」に注意

  • 現代女性は、常に毎日ダイエットをしていたり、ストレスを抱えていたり、多忙で不規則な毎日を送っている方も多いのではないでしょうか。

    そんな方は要注意です。

    栄養失調の症状があなたに現れていませんか?

  • ダイエット中の食事

     

    ダイエットしているからといってスムージーとベーグルだけの食事をしていませんか。
    タンパク質や鉄分などが不足しているので、栄養失調の症状が出るかもしれません。

  • 忙しいとついつい簡単な食事ですませてしまいませんか?

     

    今日も、仕事で残業だった~!!
    一人暮らしでありがちなのが、3食すべてをコンビニご飯ですませてしまうことです。

    あなたはこんな食事を毎日取り続けていませんか?

    ビタミンなどが不足しているので、栄養失調の症状が出ているかもしれませんよ。

  •  

    カップヌードル1個だけで夕食をすませてしまうことはありませんか?

  • こんな不調ありませんか?

     

    一応、ごはんは食べているつもりなんだけれど、頭痛やめまい、下痢などに悩まされているという方はいませんか?

    体の中では、必要な栄養素が全く足りておらず、悲鳴を上げているかもしれませんよ。

  • 摂取量不足による栄養失調は、戦争中や戦後に多く見られたものの、飽食の現代ではほとんど起こらないと言っても良いでしょう。
    出典 :食欲不振と栄養失調
  • しかし、食欲不振で何も食べたくないからといって、栄養補給をしない状態が長く続くと栄養失調になってしまうのです。
    出典 :食欲不振と栄養失調
  • 栄養失調の症状とは?

  • 摂取する熱量が、からだの要求を満たすのにじゅうぶんでない場合や、摂取する量は足りていても、それがじゅうぶんに吸収・利用がされない場合には、栄養不足の状態になり、栄養失調症となります。
    出典 :栄養失調症 / 病気と症状 病気を知る
  •  

    食べ物が十分でも栄養素が体にしっかり吸収されないときに、栄養失調になる場合があります。

  • 病気が軽いうちであれば、じゅうぶんな熱量と良質なタンパク(たまご、牛乳、肉など)を与えれば容易に回復します。重傷者では消化機能も低下し、慢性下痢を伴っているものが多いので、はじめは流動食を少量ずつ1日数回に分けて与えます。
    出典 :栄養失調症 / 病気と症状 病気を知る
  • 栄養失調症では、精神的にも飢餓状態になっていることが多く、患者の意のままに食事をとらせると、暴食して症状を悪化させ、死亡することもあります。
    出典 :栄養失調症 / 病気と症状 病気を知る
  • 現代人は「新型栄養失調」に注意!

  • この言葉ご存じでしたか?

     

    新型栄養失調という言葉をご存じでしょうか。

    実は、この新型栄養失調は太った人にも多いのが特徴です。
    スナック菓子や菓子パン、ハンバーガーなどは毎日食べているのにも関わらず、野菜やくだもの、イモ類などはまったく食べない食生活をし続ける人達もいます。

    当然、体の中では、ビタミンやミネラルなどの栄養が足りないため、体のあちこちに不調が出てくることもあります。

  • 新型栄養失調とは、カロリーは足りているのに、ビタミンやタンパク質、ミネラルが不足していて体に不調をきたすことを言います。
    この新型栄養失調は老人では5人に一人、若い女性にも増えていると言われています。
    出典 :転びやすいアナタは要注意!新型栄養失調かも? | 美容ブログ [女性の美学]
  • 若い女性はダイエットなどで栄養が偏りがち。それをそのままにしておくと、疲れやすくなったり免疫力も低下します。当然肌の調子も悪くなり、精神的にも元気になれません。さらにひどくなると脳卒中や心臓病の危険性も高まります。
    出典 :転びやすいアナタは要注意!新型栄養失調かも? | 美容ブログ [女性の美学]
  • 年齢を取るごとに体からタンパク質が減っていく。最近はメタボ予防・メタボ対策の健康意識やダイエットで痩せたい高齢の方も多いので、肉やタンパク質を摂取しないことで新型栄養失調が増えている。
    出典 :新型栄養失調の予防と対策 | ssize-days
  • タンパク質が不足するとどうなるの?

     

    新型栄養失調では、ビタミンやタンパク質が不足するという問題点が挙げられています。

    ところでタンパク質が不足すると、人間の身体はいったいどうなるのでしょうか?

  • タンパク質が不足するとこんなトラブルが!

  • ①髪の成分の約90パーセントが、ケラチンというタンパク質でできているので、髪がボロボロになったり、抜け毛が多くなってくる。

    ②筋肉をつくることができなくなる。
    基礎代謝が落ちる。

    ③肌がボロボロになる。

    ④免疫力が低下するため、風邪を引きやすくなったり、感染病にかかりやすくなる。

    ⑤意識を集中させることができない。

  • 1日50グラム以上のタンパク質を取りましょう

  • 一日に必要なタンパク質は?

     

    体重50キログラムの女性の場合、必要なタンパク質は、

    体重×1グラムから2グラムと言われていますので、

    少なくとも50グラムのタンパク質を毎日取り続けましょう。

  • 卵なら一日1個から2個

     

    朝食に卵や牛乳を取りましょう。

    ちなみに卵1個には、6グラムのタンパク質があります。

    牛乳なら200ミリリットルで8グラム取れます。

    とりのささみなら100ミリグラムで約23グラムあります。


    こうしてみると50グラムを取るには、かなりの食事量になると思いませんか?

  • 最後に

  • 現代人は恵まれた飽食環境にいるといえます。

    常にまわりには、いつも食べ物が食べたい時に食べられる環境にありながら、中には栄養失調状態にいる方もいます。

    やはり、身体のためには、身体によい食べ物を自分で選択し続けなければなりません。

    コンビニのお弁当やカップラーメンなどは、確かにすぐに食べることができる食事として、時間も手間もかからず、簡単に食事をすますことができます。

    しかし、毎日続けていけば、ある日突然、身体の不調に悩まされることもあるでしょう。

    食べ物が豊富な時代だからこそ、自分で身体によい食べ物を意識的に選択すべきなのです。

  • 外食で迷ったら、和食チェーンが一番かも

     

    毎日の食事はとても重要なものです。

    何を食べるか迷った時、自分で作るのが面倒な時は、和食チェーンで食事を取ってみてはいかがでしょうか。

    栄養バランスが一番いいのは、日本人が昔から取り続けてきた和食が一番なのです。