妊婦後期の不眠を乗り切るコツ

妊娠後期は何となく眠れない、出産が不安で寝付けない、寝付けない事が気になり眠れないなど、眠気が来なくて悩む人も多いのではないでしょうか?そんな妊婦さんの不眠をうまく乗り切るポイントをまとめました。

  • osugi 更新日:2014/02/07

view350

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • なぜ不眠になるの?

  • 妊娠9ヶ月頃になると、「エストロゲン」というホルモンの分泌量が増え、反対にプロゲステロンの量が少なくなります。
    これによって、出産前の時期は夜の不眠が起こりやすくなります。
    出典 :妊娠後期の不眠と眠気 うまく寝るには?
  • 出産に対する不安が強くなって不眠になってしまう
    出典 :妊娠後期の不眠の悩みを解消しよう | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • お腹が大きくなってくると寝苦しさから眠れない
    出典 :妊娠中の不眠|不眠解消方法
  • 妊娠中には頻尿で目を覚ましやすくなる
    出典 :妊娠中には頻尿で目を覚ましやすくなる | 不眠症対策のファイナルアンサー
  • 妊婦さんの不眠対策

  • テレビなどを見ない

     

    基本的に寝る数時間前ぐらいからはテレビやPCを見ないようにして下さい。テレビやPCは交感神経を刺激します。交感神経が刺激されると体が緊張状態になるため、眠りにくくなります。

  • カフェインを取らない

     

    これは基本ですね。興奮状態になりますので、当然眠れなくなります。暖かいものを飲みたいのであれば、ホットミルクなどがおすすめです。逆に冷たい飲み物も駄目です。

  • 適度な運動をする

     

    運動をすれば多少の疲労感が残るために、寝付きやすくなります。昼間に疲れすぎない程度に運動するのがよいでしょう。

  • 眠れない夜を上手く乗り切るコツ

  • 無理に寝ない
    出典 :妊娠後期 眠れない夜の過ごし方 | nanapi [ナナピ]
  • 育児に向けての準備期間と考える

     

    どうしても眠れないと悩んでいる方は、気持ちを切り替えて、「産後の育児の練習期間なんだから、眠れなくて当たり前」と、軽い気持ちで過ごしましょう。

  • 横向きでも負担にならない妊婦専用のマットを利用する

     

    妊娠後期になると、仰向けで寝るのはさすがに無理なので、横向き(シムス)の体位で寝ますよね。この時普通のマットだと腰に負担がかかり、腰痛の原因にもなってしまい、寝付きが悪くなってしまいます。こういう場合は妊婦専用のマットの利用を考えてみましょう。妊婦さん専用に開発されているだけあり、睡眠の悩みを軽減してくれます。こういった寝具に気をつけることは非常に重要です。

  • アロマテラピーを活用する

     

    リラックスのためによいと言われているハーブはいくつもあるのですが、その中で、妊婦さんに適しているといわれているのが「ラベンダー」です。ラベンダーの香りは人間の脳に働きかけて、とてもリラックスした状態にしてくれます。

    アロマテラピーは簡単で、お湯を入れたコップに数滴製油(アロマオイル)を垂らすだけです。これを枕元などに置いておけば、部屋中に香りが広がって、安眠に導いてくれます。

  • この時期は妊娠生活にもゴールが見えてきて、もうすぐ赤ちゃんに出会えるという嬉しさと期待の半面、無事に産めるか不安が強くなる時期です。
    出産は赤ちゃんとの共同作業、一緒に頑張ろうねと前向きに心の準備をしましょう。