私寝相が悪いんだけど大丈夫かしら?とお悩みの妊婦さん必見!これが正しい妊娠中の寝方!

妊娠中って眠かったり、おなか張って横になることもおおいですよね。でも大きなお腹、好き勝手な体勢でねて胎児に影響はない??【妊娠中の寝方】まとめてみました。

  • rotta 更新日:2016/09/16

view6156

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • お腹の大きな妊婦の仰向けはよくない!

  • 妊婦さんが仰向けで寝ると、大きくなった子宮が背骨の上に乗ってしまうことになります。すると、赤ちゃんと背骨の間にある大静脈が圧迫され、下半身から心臓に戻る血液が減ってしまいます。すると、心臓から送りだす血液も不足し、頭に十分な血液が送られず、脳は酸素不足となって気分が悪くなり、「脳虚血」の状態となります。
    出典 :妊婦にとって楽な寝方って? - 女性の腰痛&骨盤ケア
  • 妊娠中に、仰向けに寝ると、気持ちが悪くなったり、苦しくなったりしますが、これは、子宮が大きくなったため、大静脈が圧迫され血行が悪くなり、心臓に血液が戻りにくくなるためです。妊娠中は、横向きの姿勢で寝るのがおすすめです。また、妊娠すると循環する血液量が増えるので、きちんと循環するために、枕などで上半身を少しだけ上げて寝るのも良いです。
    出典 :おすすめの寝る姿勢|妊娠中のトラブルと注意点
  •  

    食事をしてすぐに横になることは避け、なるべく仰向けの体勢にならないようにするとよいでしょう

    【引用】
    http://karadanote.jp/6718

  •  

    赤ちゃんは胎盤や羊水、ママの身体の脂肪で守られているので、ママがうつぶせになってもつぶれることはないそうですが・・・お腹が大きくなるとやっぱりママ自身苦しいですよね。大きくなってからは自然とうつ伏せできなくなってきます。

  • 妊娠中の寝方は【左横向き】がよい!

  • 妊娠中は、左半身を下になるように寝ると良い、と言われます。人間の体には、左側に大動脈、右側に大静脈が流れています。静脈は弾力性が小さいので、おなかの大きい妊婦さんが、右側を下にして寝ると、大静脈は圧迫されつぶされた状態になります。そのため、血行が悪くなり、眠る時に苦しく感じるのです。
    出典 :おすすめの寝る姿勢|妊娠中のトラブルと注意点
  • リンパ管も押さえつけられるため、むくみが出たり、静脈瘤が生じたりする原因にもなります。むくみが出やすい人は、寝るときに右側を上にしましょう。
    出典 :おすすめの寝る姿勢|妊娠中のトラブルと注意点
  • お腹が張ったら【シムスの姿勢】で横たわるとよい!!

  • 片ひざを曲げた姿勢で横たわること。妊婦さんがリラックスできる姿勢です。おなかの張りが気になるときなどは、この姿勢でしばらく横になって休むといいといわれています。
    出典 :シムスの姿勢|プレママタウン
  •  

    シムスの姿勢を実践して、感じたアンケート結果です

  • マタニティ抱き枕を利用してみるのもあり?!

  •  

    普段から、足をちょっと高くして寝ると楽だったりしますよね~。

  • 逆子の時は、先生の指示に従った寝方を!

  • 妊婦さんが横向きに寝るだけの方法。ただしおなかの赤ちゃんの背中が上になるように寝る必要があるため、人によって右向きになるか左向きになるかは違います。超音波検査をしたうえ、医師の指導を受けて実行しましょう。体操に比べて効果は弱いですが、安全な方法です。
    出典 :逆子の赤ちゃんの直し方・つきあい方【寝る向きを変える】 - gooベビー
  •  

    私も出産2回とも逆子体操をして治りました。