手が痛い!「あかぎれはワセリン」で対応できるもの?

あかぎれはワセリンで治るのでしょうか?なんでも使えるワセリンですが、あかぎれにも効果はあるの?そんな疑問に回答すべくまとめを作ってみました!手荒れにも効果があるとされているので使えるかもしれませんね!

view146

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 行ってる?手袋の着用!

  • 水仕事をする際には可能な限り、手袋を着用して手が水に直接触れないようにしましょう。ラテックスの手袋はアレルギーがあると手の荒れがひどくなることがあるので、木綿の手袋をしてから、ゴムの手袋をするといいでしょう。
    出典 :治りにくい「ひび・あかぎれ」を治す方法と予防法 | 美容ブログ [女性の美学]
     

    ラテックスアレルギーの人は絆創膏の粘着部分でもアレルギーをおこしてしまう事もあるのです。手荒れを治そうとしているのにアレルギーが起きてしまっては元も子もないですよね・・・だからこそしっかりとケアのまえにこのような予防が必要とされるのです。

  • どうしても冬でも夏でも水仕事はなくなる事はありませんよね。この冬の時期なんかはもっとも肌が傷んでしまう時期にもなってしまいます。しかし、予防や対処を知らない場合はどうしたらいいかわかりませんよね。しかし、あかぎれはワセリンで治す事ができるそうです。しっかりとそこを覚えて日常生活に役立てるようにしましょう。

  • あかぎれやひびが出来てしまうと・・・

     

    ゴムの手袋をつかっていると痛くないですか?どうしても患部に干渉してしまうのです。場合によっては悪化してしまう事もあるので出来るだけ避けたいものです。そんな時には、肌にいい生地の手袋をした上でゴム手袋をするととっても良いかもしれませんよ!

  • あかぎれはワセリンを使おう!

  • ワセリンを頻繁に使う方法となりますやり方は、手が濡れた都度、水分は拭き取らずに、そのままワセリンをすり込むという方法ですワセリンは保湿機能があるわけではなく、水分を閉じ込めフタをする役割です。なので、水分を患部に与えてからワセリンでフタをして水分を逃さないという使い方です
    出典 :あかぎれを治す効果的な方法|ひび割れた手を潤す3パターンの湿潤療法
     

    ワセリンはとっても便利なアイテムですよね。美容関係でもよくつかわれるワセリンですが、他にもあかぎれに使う事ができたりと便利というのがわかれば一家にひとつワセリンをなんて事も言えるかもしれませんね!この方法ならつきやすいです!

  • 使うワセリンは、白色ワセリン、プロペト、サンホワイトのいづれかを状況に応じて使い分けると良いかと思います料理中なら、口に入っても安全なサンホワイトでしたよね症状がひどい場合は、使い捨ての薄手のビニール手袋をしたまま家事を済ませると良いでしょう
    出典 :あかぎれを治す効果的な方法|ひび割れた手を潤す3パターンの湿潤療法
     

    水仕事をした後はどうしても乾燥してしまうそうです。これは困りましたね。だからこそ濡れている時にワセリンを使うのが良いという事ですね。唇もなめればうるおいますが、すぐ乾燥する。この原理と同じ事かもしれませんね。

  • ワセリンを使うだけではなく

     

    ハンドクリームも併用して使う事でもっと効果を得られるそうなのです。軽いあかぎれならハンドクリームでも良いですが、ハンドクリームをつかったあとにこのワセリンをつかう事によって効果がもっとあるそうです。悪くなるなる前に対策したいですね。

  • 予防をしよう

  • 夜寝るときには、保湿液やクリームを塗って手袋をして寝ましょう。また、顔の肌と同じように乾燥させないことが大事です。部屋の乾燥を防ぐためにも加湿器を使いましょう。さらに、血行をよくするためにも、運動やマッサージなどを習慣にするといいですよ。指先1本1本をていねいもみほぐして、手の血行をよくしましょう。
    出典 :治りにくい「ひび・あかぎれ」を治す方法と予防法 | 美容ブログ [女性の美学]
     

    このような方法を取る事で少しでも予防出来ます。毎日の積み重ねが予防に効果的なのです。

  • ・外出時には十分、防寒対策をする・水仕事・入浴・手を洗った後などは、水気が残らないよう丁寧にふく・マッサージや適度な運動で血液循環をよくする・ハンドクリームなどの保湿剤をこまめに塗る・水仕事をする時には、ゴム手袋(ビニール手袋)をする・食器を洗う洗剤を薄める・食器を洗う時は水またはぬるま湯で洗う
    出典 :あかぎれの治し方と予防法 正しいハンドクリームのつけ方とは?:アンジーニュース:So-netブログ
     

    このような対策をしておくことで普段の生活から予防を進める事が出来ます。予防はしっかりと毎日行う事がとても大切なのです。寒い時期というのは温度の高いお湯をつかったりしますよね。高い温度のものを使う事でての表面の皮脂を奪ってしまうそうです。逆は血液の循環を悪くするのもおぼえておきましょう。ちなみに手荒れになる原因として指輪もあります。指輪の間に洗剤などが入ってしまうと、どんどんあれてしまうので気をつけてくださいね。

  • 普段の生活で使う場合は

     

    ハンドソープも考えておきましょう。洗浄力が強すぎるものは肌へもダメージが起きているそうです。これは気をつけないといけませんね。薬用ハンドソープなども色々ありますが、肌への刺激が少ないものを選ぶようにするだけで全然違うものになりますよ。あかぎれなどがある場合は気をつけておきましょうね。

  • こんな方法を覚えておいて

  • 女医さんいわく、傷口にワセリンを塗り、絆創膏ではなく病院などで使用するサージカルテープ(包帯、ガーゼなどを患部に固定するためのテープ)を巻いておくと早く治るそうです。完全に傷が塞がるまでは、はがれたら塗り直してまたはるを繰り返します。サージカルテープは紙製か布製のものがよいでしょう。
    出典 :あかぎれの治し方と予防法 正しいハンドクリームのつけ方とは?:アンジーニュース:So-netブログ
     

    このような方法もあるそうです。ここで使うサージカルテープは肌に刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。場合によってはなのですが、低刺激のものでも手荒れがひどくなってしまう事もあるので気をつけておかなくてはいけません。

  • 市販の薬を使用する場合は、「サカムケア」「アーチスキン」「液バン」「フェルゼア」「オロナインH軟膏」「ユースキン」「キズ・パワーパッド」などの商品が売られています。塗る時に、かなりしみて痛みますがその効果は高いようです
    出典 :あかぎれの治し方と予防法 正しいハンドクリームのつけ方とは?:アンジーニュース:So-netブログ
     

    このような市販薬を使っておくのも良いかもしれません。意外と市販薬も進んでおり、いつでも購入できるようになっていますよね。かなり悪化しているものには使えませんが、軽度のものなら市販薬をつかうのも個人的にはおすすめしたいと思います。