なにその名前!?ドケルバン病の治療について

みなさん、ドケルバン病って聞いたことありますか?
今回はこのドケルバン病について、またドケルバン病の治療についてお話します。

view80

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそもドケルバン病って何?!

  • ドケルバン病とは、簡単に言ってしまうと「腱鞘炎」のことです。
    腱鞘炎ならば、みなさんお馴染みの病気ですよね。

  • ★ここが痛くなります★

     

    ドケルバン病が発生する部分は、主に手の親指の付け根辺りから手首にかけてです。
    ここが腱鞘炎の状態になると、痛みが出てきます。

  • 母指には幾つかの腱(けん)というヒモがついていますが、そのうちの二本が手首の母指側にある腱鞘の中をいっしょに通ります。腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、炎症が起こると痛みや腫れがでてきます。
    出典 :ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)
  • ドケルバン病の治療法

  • 親指や手首は、日常生活でどうしても動かす部分です。
    少しでも早く痛みを取りたいですね。

  • ★こんな治療法があります★

     

    ①可能なかぎり動かさない。器具を使って固定する。
    ②マッサージで筋肉の凝りをほぐし、血流を促すことで自然治癒を狙う。
    ③痛む部分に抗炎症剤を注射して、痛みや炎症を抑える。
    ④手術で痛む部分の腱鞘を切断する。

  • 局所の安静(シーネ固定も含む)、投薬、腱鞘内ステロイド注射(特にトリアムシノロンは有効)などの保存的療法を行います。
    改善しないときや再発を繰り返す場合は、腱鞘の鞘を開く手術(腱鞘切開)を行います。
    出典 :「ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)」|日本整形外科学会 症状・病気をしらべる
  • 出来れば手術はおススメしません

  • ドケルバン病の治療の最終段階として、腱を切断する手術があります。
    しかし出来ることならば、手術をしないで治したいところです。

  • ★手術にはリスクも伴います★

     

    ドケルバン病の手術は簡単で、上の図の茶色く丸まった部分を切って腱を開放します。
    所要時間は15~20分程度です。

    しかし手術をしたからと言って、必ずしも再発しないわけではありませんし、返って指が動かしづらくなったりすることもあるので慎重な判断が必要です。

  • 手術後も痛みが全く変わらなかった人や、痛みが再発している人がたくさんいることが分かりました。中には手術後にRSD(反射性交感神経性萎縮症)といわれる難病を患う人もいるのです。
    出典 :手術は必要ない!腱鞘炎を最短で治すための本当の原因と治療法 | オスグッド、足底筋膜炎、野球肩、顎関節症、シンスプリント、腱鞘炎、頭痛の患者さんが日本一集まる整体院 - FMT整体
  • あなたは大丈夫!?ドケルバン病チェック!

  • ★是非試してみて下さい★

     

    ドケルバン病かどうか簡単に判断する方法をご紹介します。

    ・親指を小指側に向かって、ゆっくりと倒してみましょう。

    この時親指の付け根が伸びるので、ドケルバン病の方は痛みを感じます。
    症状が悪化する可能性があるので、くれぐれも急に強い力をかけないように注意しましょう。

  • まずは安静にして、患部を温めるなどして様子を見て下さい。
    痛みが酷くなるようでしたら、専門家に相談しましょう。