うつ病は大人だけの病気ではない?子供のうつ病とは?

子供のうつ病を知っていますか?うつ病は大人だけの病気ではない様です。子供のうつ病について症状・原因・治療方法をまとめました。

view158

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子供のうつ病とは?

  • 子どもは、親や友達との関係が原因でうつ病になるケースが多いです。親が自分をどう思っているか、友だちから受け入れられているかが、子どもの自尊心に影響してきます。些細な出来事が大問題を引き起こすこともあります。
    出典 :子どものうつ病
  • 症状は?

  • 寝つきが悪い、夜中に目を覚ます、朝起きられないなどの睡眠障害、食事の量が減って体重が減少したり、逆に食べすぎて急激に太る子供もいます。頭痛や腹痛、胸苦しさ、だるさを訴えたり、便秘や下痢になったりします。ドキドキする、吐き気がする、汗をかきやすいといった症状も。
    出典 :うつ病と子供の身体症状
  • 不登校になるのもうつが原因の可能性も!

  • 集中力不足で長時間落ち着いていられない、不登校になるなどが挙げられます。一見すると学校生活に適応できていないように見えますが、鬱による精神の不安定が行動面に出ていることで起こる症状なのです。
    出典 :【子どものうつ病に関して】|子供にも起こっている鬱病の実態|「うつ病」家族のためのガイドライン
  • 「うつ」を原因とする「不登校」が、4割くらいはいると思われます。子どもの「うつ」を、うつ病という視点で見られない、診断できないために、まったく的外れなアプローチをして、余計に子どもたちを傷つけたり、追い込んでしまうことが問題です。
    出典 :子どもの「不登校」「いじめ」の背景には、“うつ病”が:Good Doctor NET
  • 子供からのうつ病サインとは?

  • 子供は、自分の症状を訴えようとするときに、精神症状を身体症状として表現するケースも多いものです。落ち込んでいることを頭が痛いと言ったり、いらいらして落ち着かないときに胸が苦しいと表現したりします。
    出典 :うつ病と子供の身体症状
  • なぜ子供にも発症する?

  •  

    子供の世界も大人の社会とそう変わらないものであると言えます。周囲との競争や人間関係は大人よりも苛烈と言えますし、悩み事が無いわけではないといえます。つまり、ストレスを原因とする心因性の鬱病が発症する可能性は子供たちにも充分にあるのです。

  • 未治療のままだと成年になっても症状がある場合も!

  • 治療的に重要なことは未治療のままであると青年期や成人になってからも同様な状態を引きずっていたり、別の問題が起こったりします。
    出典 :http://www32.ocn.ne.jp/~yasuragi/shouni.html
  • 子供がうつになったら親はどうする?

  •  

    家族が医師に相談することで突破口が開け、環境が改善されて子供の症状がよくなる場合も多い。親が元気になることで、子供にかかっているストレスが軽くなり病気が改善されたり、実は親の取り越し苦労だと明らかになる場合もある。
    子供のうつも大人と同じく十分な休養が必要。周囲は「がんばれ」など励ますのではなく、焦らずゆっくり治すことを考えよう。

  • 相談先は?

  • 児童精神科以外にも、保健所での児童発育相談や精神相談の窓口、かかりつけの小児科医などが考えられる。大切なのは家族だけで悩まず信頼できる誰かに相談することだ。
    出典 :子供が「うつ」になったら…大人はどうする?|病院・薬・サプリメントの情報満載! healthクリック