生肉に要注意!「生肉食中毒症状」についての知識を持とう!

生肉食中毒症状についての知識をきちんともとう!知識を付ける事で身を守る事が出来る!

view144

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生食や加熱不足が引き起こす

  • 梅雨の時期から夏にかけては、細菌による食中毒に特に注意が必要な季節です。食中毒は1年中発生していますが、暖かく湿気が多いこの時期は、食中毒の原因となる細菌の増殖が活発になるため、食中毒が発生しやすくなります。
    出典 :ご注意ください!お肉の生食・加熱不足による食中毒:政府広報オンライン
     

    梅雨は本当に食中毒が多いので気をつけたい所ですね。

  • なかでも注意したいのが、牛肉や鶏肉などに付着する「腸管出血性大腸菌(O157、O111など)」や「カンピロバクター」などで、特に、抵抗力の弱い子どもや妊婦、高齢者は気をつけなければなりません。
    出典 :ご注意ください!お肉の生食・加熱不足による食中毒:政府広報オンライン
  • 食中毒

     

    3原則を守ろう。つけない、増やさない、やっつけるというこの三原則をしっかりとまもる事が大切なのです。野外で食べる時もしっかりと加熱してから食べるというのが大切です。

  • お肉にはこんな菌がついている

  • ○腸管出血性大腸菌(O-157、O-111など)主に牛の腸内にいる細菌で、牛の糞などを介して牛肉やその他の食品・井戸水等を汚染します。菌が付いた食品を食べると、平均4日から8日くらいで、発熱や激しい腹痛、水様性の下痢、血便、吐き気、おう吐などの症状が現れます。
    出典 :肉の生食、生焼けによる食中毒に注意!! ‐ 静岡市
  • ○カンピロバクター 鶏や牛などの家畜の腸内にいる細菌です。生の鶏肉や牛肉に付着していたり、肝臓(レバー)の内部に存在しています。特に鶏肉の汚染率が高く、本菌食中毒の原因食品は鶏肉関連食品が6割程を占めます。少量の菌でも発症し、菌が付いた食品を食べると2日から7日くらいで、発熱や腹痛、下痢、吐き気などの症状が現れます。
    出典 :肉の生食、生焼けによる食中毒に注意!! ‐ 静岡市
  • ○サルモネラ 動物の腸内、自然界(川、下水、湖など)に広く分布する細菌です。生肉、特に鶏肉(鶏ミンチで30%前後)と卵(殻付き鶏卵の場合、1万個中3個程度)を汚染することが多く、肉や卵を加熱不十分な状態で食べることによって食中毒になります。
    出典 :肉の生食、生焼けによる食中毒に注意!! ‐ 静岡市
  • 生肉食中毒症状はなにがある?

  • ・腹痛、下痢(水様便、血便)、発熱・少量の菌でも発病することがあり、人から人への二次感染を起こす。・腹痛、下痢(水様便、血便)、発熱、頭痛・少量の菌でも発病することがある。・下痢(水様便、緑色便)、発熱(体温が38℃以上になりやすい)、腹痛・少量の菌でも発病することがある。
    出典 :広島市/正しく知ろう!生肉の食中毒予防~腸管出血性大腸菌食中毒を防ぎましょう~
  • 近年増えている

  • 夏季を迎えるこれからの季節は、細菌による食中毒が発生しやすくなります。食中毒の原因となる細菌にはたくさんの種類がありますが、その中でも、発生件数が多かったり、幼児の重症化事例が発生したりして問題となっているのが、「カンピロバクター」と「腸管出血性大腸菌(O157、O111など)」による食中毒です。
    出典 :ご注意ください!お肉の生食・加熱不足による食中毒:政府広報オンライン
  • カンピロバクターは鶏や牛などの家畜の腸にいる細菌です。生の鶏肉や牛肉に付着していたり、肝臓(レバー)の内部に存在しており、生肉に触れた手やまな板などから、野菜やほかの食品にも菌が付着します。少量でも感染し、菌が体内に入ると2日から7日くらいで、発熱や腹痛、下痢、吐き気などの症状が現れます。
    出典 :ご注意ください!お肉の生食・加熱不足による食中毒:政府広報オンライン
  • 腸管出血性大腸菌(O157、O111など)は、主に牛の腸にいる細菌です。牛の糞などを介して牛肉やその他の食品・井戸水等に付着します。腸管出血性大腸菌もカンピロバクターと同様、少量で感染します。菌が付いた食品を食べると、2日から7日くらいで、発熱や激しい腹痛、水溶性の下痢、血便、吐き気、嘔吐(おうと)などの症状が現れます。
    出典 :ご注意ください!お肉の生食・加熱不足による食中毒:政府広報オンライン
  • 食中毒は

     

    食べ物を選ぶ事でしっかりと予防が出来るはずです。軽率に選んだ食事で起きる事があるので気を付けなくてはいけない事ともいえるでしょう。しっかりと知識をもって予防につとめるようにしましょうね。