生理不順の治療にはピルや漢方が使われています

生理周期が不安定などの悩みを抱えているならば、生理不順の治療を行いましょう。
治療には、ピルや漢方薬が効果的と言われています。

view52

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 生理不順と言われる生理周期

  • 生理の周期の長かったり短かったり、出血量が多かったり少なかったり、出血している期間が長かったり、痛みがひどかったりするなどの体調の不調。これが生理不順です。
    出典 :生理不順.com: 生理不順とは
     

    このような症状に当てはまる人もいるのではないでしょうか?
    当てはまる場合は、早めに生理不順の治療を受けましょう。

  • 周期が25日以内のときを「頻発月経(ひんぱつげっけい)」と言われており、反対にいつも36日以上経たないと生理がこないことを「希発月経(きはつげっけい)」と言われています。
    出典 :生理不順.com: 生理不順とは
     

    どちらの場合でも不妊や様々な婦人病の原因となってしまいます。

  • 生理不順になる原因は?

  • ■ 冷え・血行不良による生理不順
    ■ 食生活の乱れ による生理不順
    ■ 無理なダイエット肥満による生理不順
    出典 :生理不順 不妊症|子宝ひろば
     

    中でも、冷えは生理不順に大きく関係していると言われています。

  • ■ 不規則な生活・睡眠不足・ストレスによる生理不順
    ■ 運動不足・過度な運動・疲労による生理不順
    ■ 原因となる疾患がある場合による生理不順
    出典 :生理不順 不妊症|子宝ひろば
     

    生理不順が病気のサインとなっているケースもあります。

  • 生理不順の治療

  • 生理不順を改善するには、一度自分の生活環境を見直すことが大切です。ストレスを上手に解消して溜め込まない、お風呂は湯船にゆっくり浸かる、体を冷やさない、たばこを止める、過度なダイエットは避けるなどです。
    出典 :生理不順
     

    自分でできる生理不順の治療としてこれらの方法が挙げられます。

  •  

    それでも改善されない場合は婦人科での治療を受けましょう。

  • ピルを使った生理不順の治療

  • 「ピル」=避妊目的というイメージが強いかもしれませんが、排卵を抑えてホルモン量を一定にするという作用から、生理不順の治療にも応用されています。ピルの服用と休薬を繰り返すことで、女性ホルモンおよび生理の出血をコントロールし、人工的に一定周期のリズムをつくります。
    出典 :生理不順.net:生理不順の治療法について
     

    ホルモン治療でよく使われているのが、ピルです。

  • ピル以外にも、様々なホルモン剤を使った治療法があります。

  • 漢方を使った生理不順の治療

  • 体質を改善することにより、生理不順の解消を目指します。そのため、同じ生理不順でも、冷え性を伴っているケース、肥満を伴っているケース、食欲不振を伴っているケースなど、体の状態によって処方される漢方は異なります。
    出典 :生理不順.net:生理不順の治療法について
     

    漢方は薬と同じく自己判断で服用してはいけません。
    必ず医師の指導を受けましょう。

  • <生理不順によく使われる漢方薬>
    ・加味逍遙散(かみしょうようさん) ・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
    ・婦宝当帰膠(ふほうとうきこう) ・温経湯(うんけいとう) など
    出典 :生理不順.net:生理不順の治療法について