動体視力はアップできるのか?ビジョントレーニングを行って「目ヂカラ」をつけよう!

動くものを捉える「動体視力」。これを鍛える方法があるそうなので、ちょっと調べてみました。

view279

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • さて、動体視力のことを正確に知っていますか?

  • 目および対象物が静止している場合の視力を静止視力と呼ぶ。これに対して動いている物体を視線を外さずに持続して識別する能力を動体視力と呼ぶ。動体視力には横方向の動きを識別するDVA動体視力と、前後方向の動きを識別するKVA動体視力がある。球技に関する能力の多くは動体視力と密接な関係があると言われ、訓練により動体視力は向上する。動体視力と静止視力は全く別のものと考えられており、静止視力が高くても動体視力が高いとは限らない。
    出典 :視力 - Wikipedia
     

    目がいいからといって、動体視力がいいとは限りませんよ。

  • スポーツによって、動体視力が必要かそうでないかは変わってきます。

  • 競技によって異なるスポーツビジョンの重要度

    競技によって、上記の「静止視力」や「眼球運動」「瞬間視」など各項目のどの程度重要なのか、は異なります。

    例えば、

    野球選手(打者)は、「静止視力」や「眼球運動」「瞬間視」など各項目がかなり高いレベルを要求される
    ゴルフ選手は、「周辺視野」などは高いレベルを要求されるが、「動体視力」はそれほど重要でない
    出典 :スポーツビジョン
     

    あなたが志すスポーツによって、動体視力を鍛えるべきか否かは変わってくるでしょう。

  • 簡単なトレーニング方法を、いくつか挙げていきます。

  • 乗り物に乗っているときに、外の景色の中に見える文字や数字を読んでみましょう。

  • ○車窓から看板や駅名を見る
    電車から外の看板や駅名などをはっきり見ようとするのがDVA動体視力のポピュラーなトレーニングです。路線の電柱は等間隔のためタイミングが取りやすく、電柱一本ずつはっきり見るのは最も効果的です。 
    出典 :ビジュアルトレーニング スポーツビジョン研究会
     

    マンガなどではよく出てくるシチュエーションですね。

  •  

    窓から見える車のナンバーなど、対象はいっぱいありますね。

  • 動いている物に書かれた文字を読みとることも重要です。

  • ○吊したボールの字を読みとる
    文字や数字を書いたボールをひもで天井から吊し、左右に振って読みとるのは簡単な道具でいつでもできます。ゆっくり回転をつけると、さらに負荷をつけたトレーニングになります。
    出典 :ビジュアルトレーニング スポーツビジョン研究会
     

    目を最大限に使ってやってみましょう。

  •  

    だんだん複雑さを上げていくといいでしょう。

  • 眼球運動を鍛えることも、動体視力のアップに効果的です。

  • 眼球だけをすばやく動かしてみましょう。

  • ○左右の親指の爪を交互に注視する
    親指を立て、顔を動かさないで爪の先を交互に眼だけで追います。ボーッと見るのではなく、はっきり焦点をあわせて見ます。爪に小さな数字やアルファベットの文字を張るとより効果的です。腕の左右の幅を広げたり、上下、斜めにしたり、いろいろ工夫します。メトロノームで拍手を早くすると眼球運動のスピードアップになります。
    出典 :ビジュアルトレーニング スポーツビジョン研究会
     

    すばやく目で追いかけることがポイントです。

  •  

    実際にやってみるとけっこう難しいものです。あなたもチャレンジしてみては?