食欲の秋!あふれる食欲を抑えたい。

気温が下がり爽やかな陽気になりました。
今年の夏は猛暑で食欲がなくなってしまった人もおおいのでは。
秋の味覚がちまたにあふれ、食欲がモリモリ!
食べ過ぎることなくヘルシーに過ごしましょう。

view667

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 秋になるとどうして食欲が増すの?

  • 最近食べ過ぎや。
    いくら食欲の秋でも異常や。
    帰ってドーナツ3つたべて
    ごはんめっちゃたべて、
    アイスたべて。
    ほんでいま
    ちょっと気持ち悪い笑
  • 最近食欲やばいなー(●⁰౪⁰●)食欲の秋ですね。
  • なぜ「秋」に食欲が増すのでしょうか? 食欲に影響のある要因は様々あり、それぞれが複合的に絡んでいるので
    単純には言えませんが、これまで研究結果として出てきていることの中からある程度根拠と裏付けのあるものをいくつか挙げてみましょう。
    出典 :秋になると食欲がアップするのはなぜ?:タニタ からだクローズアップ
  • 1)日照時間減少・照度低下との関係(セロトニン分泌低下)

  • 夏から秋になると、日照時間が減少して明るさが低下しますが、精神の安定化を保つ作用のある脳内の神経伝達物質で、
    食欲の調整にも深く関わっているセロトニンは、日光にあたった時間によって分泌量が調整されることがわかってきました。
    つまり、日を浴びることが少ない秋には、夏に比べセロトニン分泌量は減少してしまうのです。
    出典 :秋になると食欲がアップするのはなぜ?:タニタ からだクローズアップ
  • 秋になると食欲が増すのは、たくさん食べたり眠ったりすることでセロトニンを増やし、
    精神の安定を保とうとするからではないかと言われています。
    出典 :秋になると食欲がアップするのはなぜ?:タニタ からだクローズアップ
  • 2)気温変化に対するからだの反応

  • 気温が低下すると、基礎代謝がアップする?

     

    これまでもよく言われているのが気温の低下による基礎代謝の変化です。
    気温が下がると、体温保持のためからだの熱産生が高まり、基礎代謝が上がることは良く知られています。
    過去の文献では、夏に低下した基礎代謝が秋から冬にかけて上昇することが示されています。

    出典:http://www.karadakarute.jp/tanita/kcloseup/kcup52.jsp

  • 基礎代謝が上がれば、それだけエネルギーを多く使ってしまうため、その分を補給しようとお腹がすくことも頷けます。
    しかしながら、近年ではエアコン等空調機能の発達で、季節変化による基礎代謝への
    影響はほとんど考慮しなくても良いのではないかと言われています。
    出典 :秋になると食欲がアップするのはなぜ?:タニタ からだクローズアップ
  • 3)その他の要因

  • その他にも、「夏バテ気味で低下していた食欲が、涼しくなって回復する」「秋は美味しくなる旬の物が多いので、
    食べたくなるのは自然なこと」 「食べ物が捕れなくなる冬に向けて秋のうちに食べて身体に蓄えておくという、
    生き物の自然の摂理」 など、とにかく「食欲の秋」の出所を探ろうとするといろいろな話があり、
    「ナルホド、そうかもしれない」と、納得のいく説がたくさんあります。
    出典 :秋になると食欲がアップするのはなぜ?:タニタ からだクローズアップ
  • 世界初の発見!食欲を抑えるのは脳内のヒスタミン

  • 数々の肥満治療を編み出してきた、大分医科大学・名誉教授の坂田利家さん。脳に直接働きかけて、食欲そのものを下げられないかと研究を進めました。注目したのが、脳内の「ヒスタミン」という物質。
    出典 :ガッテンコラボ 脳科学で 食欲がコントロールできた!|NHK あさイチ
  • ネズミで実験したところ、脳内のヒスタミンを減らすと食欲が増し、逆に増やすと食欲が抑えられるという結果が出ました。脳内の「ヒスタミン」が食欲を抑えてくれる物質だと証明し、世界で初めての画期的な発見になりました。
    出典 :ガッテンコラボ 脳科学で 食欲がコントロールできた!|NHK あさイチ
  • 脳の中のヒスタミンを増やすことが食欲を抑える秘訣?!

  • 脳の中のヒスタミンを増やす、2つの方法をご紹介しました。
    脳内ヒスタミンを増やす方法
    (1)よ~く かんで食事する
    (2)ヒスチジンを食べる
    出典 :ガッテンコラボ 脳科学で 食欲がコントロールできた!|NHK あさイチ
  • ヒスチジンってなに?

  • ヒスタミンは薬などで直接体内に取り込むことはできませんが、「ヒスチジン」というアミノ酸の一種を食べると、それが脳内でヒスタミンに変化します。「ヒスチジン」を含む食品を多く食べれば、食欲が抑えられるというわけです。
    ヒスチジンは、赤身魚や背の青い魚に多く含まれています。
    出典 :ガッテンコラボ 脳科学で 食欲がコントロールできた!|NHK あさイチ
  • ヒスチジン摂取のポイント

     

    (1)タンパク質を十分に取る
    (2)赤身魚や背の青い魚を多く取り入れる
    (3)生やだしなどとして食べるといい
    出典:http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2011/09/28/01.html

  • 野菜・海草を最初に食べる

  • 野菜や海草は低カロリーでビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含むので とっても身体に良いのですが、
    それだけではなく食欲コントロールにも効果的!

    まずは意識して最初に野菜や海草から食べるようにしてみてください。

    歯ごたえがあって咀しゃく数が自然に増え「満腹感」を感じやすくなるうえ、 体積があり消化に時間がかかるので、
    満腹感をある程度持続させることで 食べ過ぎを防ぎます。
    出典 :食欲の秋はコントロールできる!?:タニタ からだクローズアップ
  • 噛む回数を意識する

  • 私達の身体は意外に反応が鈍く、脳から満腹サインが来るまで10~15分程かかると言われています。
    食べ過ぎを防ぐためにはゆっくり食べる必要がありますが、ゆっくり食べる方法としてオススメなのが噛む回数を増やすこと!
    出典 :食欲の秋はコントロールできる!?:タニタ からだクローズアップ
  • しっかり噛むことで一石二鳥!小顔効果もある?

  • 長く噛み続けることで食べ過ぎる前に満腹サインをキャッチできるだけでなく、
    噛むことで交感神経が高まり食後の消費エネルギーも高まるという報告や、 小顔効果、アンチエイジングにも
    効果的があるという説もあります。

    「一口25回以上噛む」とか「30回噛む」と回数を決めると意識しやすくなるのでオススメです。
    出典 :食欲の秋はコントロールできる!?:タニタ からだクローズアップ
  • 秋から冬は美味しい食べ物が目白押しで、飲み食いする機会が増える季節ですね。
    美味しく食べつつも、食べ過ぎないように食欲をコントロールしましょう。