心の病気・・・「全般性不安障害」

20代の女性に多い「全般性不安障害」
どんな心の病気なのでしょうか???

view223

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 全般性不安障害

  • 全般性不安障害とは

     

    漠然とした不安症状が突然あらわれる状態で、20代の女性に多い心の病気です
    パニック障害が治った後に全般性不安障害になる場合もあります

  • 全般性不安障害は慢性の不安症状が長く続くのが特徴です。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害) - goo ヘルスケア
  • 原因

  • 本人の性格、神経伝達物質の異常、周りの環境によるストレス、対人関係など様々な要因が絡み合って起こります。
    出典 :全般性不安障害(症状/検査/治療)
     

    周りの影響もあるのですね

  • 全般性不安障害の場合も、何らかの精神的なショック、心配ごと、悩み、ストレスなど、精神的原因と思われる出来事のあることもありますが、過労、睡眠不足、かぜひきなど、身体的悪条件がきっかけで発症することもあります。さまざまなストレスを背景に、いつのまにか発症しているというのが普通です。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害) - goo ヘルスケア
  • 神経伝達物質の分泌異常
    遺伝的要因
    心理社会的要因
    出典 :全般性不安障害�|症状と原因[病理学]
  • 症状

  • 心配、運動性緊張、自律神経性過活動で、数週間以上続くことが多いです。運動性緊張とは、頭痛、ふるえ、落ち着きがなくなる、落ち着けないなど。自律神経性過活動には発汗、頻脈、過呼吸、胸痛、めまい、口の渇きなどがあります。
    出典 :全般性不安障害(症状/検査/治療)
     

    たくさんの症状が出るのですね

  • 症状

     

    慢性的な不安、過敏、緊張、落ち着きのなさ、イライラ、集中困難などの精神症状と、筋肉の緊張、首や肩のこり、頭痛・頭重、震え、動悸、息苦しさ、めまい、頻尿、下痢、疲れやすい、不眠などの多様な身体症状がみられるようです・・・
    過度の不安・心配がつきまとい、それが慢性的に続くのが特徴で、不安は種々の精神・身体症状を伴っています

  • •落ち着きがない•緊張•神経過敏•疲れやすい•思考力の低下•刺激に反応しやすいなども、診断の目安となります。
    出典 :全般性不安障害�|症状と原因[病理学]
  • 1日中不安に襲われる。•イライラしたり、怒りっぽくなる。•常に緊張して、些細な事にも過敏に反応する。•思考力、集中力、記憶力、判断力の低下•動悸がする、苦しい•ふらつき•めまい•頭痛•胃痛•胸痛•吐き気•下痢/便秘•腹部不快感•手足の震えなどの身体的症状が見られる。
    出典 :全般性不安障害�|症状と原因[病理学]
  • 治療法

  • 薬物療法と精神療法が行われます。薬物療法には抗不安薬や抗うつ薬を使用します。精神療法では無意識下にある不安の根源を見つけることから始め、自分でコントロールできるように行う治療法などがあります。
    出典 :全般性不安障害(症状/検査/治療)
  • 薬物としては、抗不安薬(ベンゾジアゼピン誘導体:セルシンなど、タンドスピロン:セディールなど)が用いられ、症状と関連のある日常生活上の悩みやストレスについて、医師に相談しアドバイスを受けるなどの精神療法が行われます。
    出典 :不安神経症(全般性不安障害) - goo ヘルスケア