酸素は身近にあります。酸素中毒は身近にある?

酸素中毒というのは一体どのようなものなのでしょうか
ちょっとまとめてお知らせしたいと思います

view262

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 酸素も過剰はだめですね

  • 過剰な酸素が,生体の解毒機能を超えて有害な作用をきたした状態。障害の主な標的臓器は中枢神経系と肺である。2‐3気圧以上の高い分圧の酸素を吸入する高気圧酸素療法では,生体の細胞代謝が障害され,心窩部や前胸部の不快感・嘔吐・めまい・視野狭窄など,時には短時間で痙攣発作と昏睡がみられることがある。これが急性酸素中毒である。
    出典 :酸素中毒 日本救急医学会・医学用語解説集
     

    難しい・・・

  • 。一方,吸入気酸素濃度50%以上の高濃度酸素を長時間吸入することにより気道粘膜や肺胞が障害され,重篤な場合は呼吸不全に陥る。障害機序は酸素由来のフリーラジカルによる細胞障害が想定されている。とくに人工呼吸器による呼吸管理をおこなっているときは,動脈血酸素分圧を70‐100mmHgに維持するように吸入酸素濃度を設定すべきとする報告もある
    出典 :酸素中毒 日本救急医学会・医学用語解説集
     

    こわい・・・

  • 一般的には

  • 一般的に酸素による肺障害は100%酸素を24時間以上吸入すると発生する。酸素中毒には種々の因子が影響し、個々の患者で同じ濃度、同じ期間でも酸素による肺障害は異なる。もちろん、大気の20.9%により近い方がより酸素中毒は少ないが、患者を不用意に低酸素状態に曝すことは避けなければならない。症状胸部症状としては胸骨下の疼痛、咳嗽、胸やけなどからはじまり、肺水腫、肺出血などから呼吸困難が現われる
    出典 :研修医宿題21
  • また中枢神経症状としては、顔面筋の攣縮、悪心嘔吐、視野狭窄(トンネル視)不安、幻聴(ごうごう、りんりん鳴る)、錯乱などの兆候の後に痙攣を誘発する。このような症状は健常肺に高濃度酸素を投与した場合には典型的な症状として現われるが、酸素中毒の中枢神経症状は、肺病変が存在して酸素化が悪化している場合には現われない
    出典 :研修医宿題21
  • したがって中枢神経症状は高圧酸素療法中によく認められる。酸素投与にあたっては酸素中毒は吸入酸素分圧と暴露時間の積が大きくなればなるほど発生しやすくなるが、臨床現場では肺障害の発生を修飾する因子が多く存在する。たとえば未熟児網膜症と同様に新生児肺は障害されやすく、逆にVit.Eやグルタチオンは酸素中毒に抑制的に働く。
    出典 :研修医宿題21
     

    この酸素療法は一酸化炭素中毒にも使われます

  • 潜水との関係性

  • 酸素は人間の生体活動になくてはならないものであるが、潜水中に呼吸するガスに含まれる酸素の分圧が2気圧程度ば超えるど、全身の激しい痙攣などば発症し最悪の場合は死亡すら。このような症状ば急性の酸素中毒と呼ぶ。また酸素分圧が急性の酸素中毒ば発症するほど高くなくても、ある程度高い分圧の酸素ば長時間にわたって呼吸するど、肺の障害などさまざまな症状が発生すら。これば慢性の酸素中毒と呼ぶこともあら。
    出典 :~中毒症~ 酸素中毒
  • これら急性あるいは慢性の酸素中毒ば防ぐためには、呼吸ガス中の酸素分圧は通常で1.4気圧以下、特別な場合でも1.6気圧以下に保つとともに、酸素分圧に応じた潜水時間の制限ば設けることが必要とされていら。
    出典 :~中毒症~ 酸素中毒
  • 2種類ある

  • [急性型]
     分圧の高い酸素を吸うことによって、脳などの中枢神経が侵されます。症状は急激に現われ意識を失ったり、痙攣を起こしたり、時には死亡します。
    出典 :ダイビング講座:酸素中毒
  • [慢性型]
     比較的分圧の低い(1気圧程度)の酸素を吸う潜水を、長期間続けてると肺が炎症を起こし肺活量の減少をみます。

     しかし、無減圧潜水にの範囲で潜っていれば、一般的なスクーバダイビングでは酸素中毒をそう心配することはありません。
    出典 :ダイビング講座:酸素中毒
  • 酸素も良いですが

     

    酸素が濃ければよいという事には
    ならないというようです

    濃度が良すぎても体に良くはないのですが
    今の日本は酸素が汚れすぎている気がしますね

  •  

    酸素中毒に対する誤解として酸素濃度だけを問題にすることが見受けられるが上記のとおり酸素分圧が問題であるため大気圧で純酸素(酸素100%のガス)を吸入した場合であっても制限時間内であれば問題は無く(実際に医療行為として行われる)、低圧であれば初期のアポロ計画のように船内気圧を1/3にして純酸素で船内を満たしても長時間の試験を行える。逆に通常の空気(酸素約21%)であっても深度の潜水などの高圧環境で酸素分圧が高くなれば酸素中毒を起こす(後述)。