【想像妊娠は、妊娠初期症状と似ている?】想像妊娠って本当にあるの?【想像妊娠】

【想像妊娠は、妊娠初期症状と似ている?】よく「想像妊娠」という言葉を聞きますが、本当にあるのでしょうか??そして、どんな症状が現れるのでしょうか・・・。想像妊娠の事についての情報を集めました。ぜひ参考にしてみてください(*^^*)

view19022

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 想像妊娠とは?

  •  

    想像妊娠は、妊娠をしていないのに妊娠した時と同じ症状が現れることを言います。
    造語の様に聞こえる言葉ですが、英語では“Pseudocyesis”といい、きちんとした病名だと言われています。

    別名「偽妊娠(ぎにんしん)」

  • 想像妊娠は特に、妊娠を強く願っている人、ストレスが強い人がなりやすい症状です。
    実際に妊娠の症状が出てくる人もいれば、お腹が大きくなる場合もあると言われています。

  • 想像妊娠は、妊娠初期症状と似ている

  • 想像妊娠の症状

  •  

    ●生理が遅れる

    ●胸が張る

    ●吐き気

    ●眠気・だるさ

    ●微熱

  • このように、想像妊娠の症状は、妊娠初期の症状ととても似ています。

  • 原因は・・・?

  • 妊娠していなくても、このような症状が現れるのは、
    「脳が妊娠している」と誤認して、エストロゲンを妊娠期と同様に多く分泌するからです。
     
    ※エストロゲン…女性を創るホルモンのこと。
    卵巣から出るホルモンで、生理開始日から排卵するまでの間に分泌されます。
    排卵後も黄体ホルモンと共に、生理が来る前日まで分泌されます。

  • プレッシャーからくる場合も。

     

    以前よりも減ってきてはいますが、「結婚したら、女性は子供を産むのが当たり前。」という風潮がまだあるので、そういったプレッシャーから想像妊娠の症状が起こるケースも少なくありません。

  • 逆に、妊娠に対しての不安から、絶対に妊娠をしたくない・・・。と思っている人にも想像妊娠症状は出やすいそうです。

    妊娠を強く望んだり、妊娠に対する不安や恐怖がストレスになって、ホルモンバランスが崩れて想像妊娠の症状が起きるという訳なんです。

  • 妊娠と想像妊娠の違い

  • ① 尿中のHCGが上昇しない
    ※HCG・・・このホルモンは受精卵から発生する絨毛という組織から分泌されます。
    妊娠をした場合にのみ検出されるホルモンです。

    ② 子宮内に胎児がいない

  • 症状は、妊娠した時ととても似ているので、体調ではなかなか見分けがつきません。
    そんな時は妊娠検査薬を使ってチェックしましょう。

    想像妊娠の場合、妊娠検査薬が反応することはありません。
    上記でも説明した、HCGというホルモンが出ないからです。
    妊娠検査薬はHCGというホルモンを感知して陽性・陰性の反応を出しています。

  •  

    ドラックストアやスーパーなどでも買えます。
    病院へ行く前にセルフチェックをしてみて下さい。

  • 対処法について。

  • ストレスを取り除くことが一番大事。

     

    体と心はつながっています。想像妊娠だけに限らず、精神的なストレスによって生理が止まってしまったり、試験前や大事な仕事の前にお腹が痛くなったりすることは、良くありますよね?それだけ体と心の関係は深いです。
    ストレスをためこみ過ぎないようにするのが一番の対処法です。

    たまには考え込まずに、「なるようになるさ!」「なんとかなる♪」といった風に気持ちを切り替えるのも大事ですよ。
    適度な休息、自分なりのリフレッシュ方法を見つけて、心と体の健康を保つようにしてください☆*。

  • 検査薬で陰性になっても、症状がおさまらなかったり、ストレスの原因も自分で分からないという人は、心療内科に相談してみるのもいいと思います。ストレスの原因を取り除かなければ、同じ症状を何度も繰り返すかもしれません...。

    病院で診断を受け、想像妊娠の事実をしっかりと認識することにより、症状はおさまる事もあるんだそうです。