多発性硬化症ってどんな病気なの??新薬は??気になるまとめ!!

多発性硬化症ってどんな病気なの??新薬の開発などは進んでるの??気になるまとめを作ってみました!!

view581

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 多発性硬化症ってどんな病気なの???

  •  中枢神経系の髄鞘(ずいしょう)とそれを作る乏突起膠(ぼうとっきこう)細胞が選択的に障害される病気を脱髄性疾患と呼びますが、多発性硬化症(MS)は脱髄性疾患の中で代表的な存在です。脳、脊髄、視神経などいろいろな部位に髄鞘が破壊された病巣(脱髄巣〈だつずいそう〉)が生じて様々な症状が出現します。脱髄巣はしばらくすると修復され症状も軽快します。しかし時間をおいてまた新しい脱髄巣が現れ、また症状が悪化します。このように中枢神経系の様々な部位に繰り返し脱髄巣が現れてはまた軽快するというのが、MSの特徴です。わが国での有病率は10万人に1~4人で、欧米白人の30~80に比べて少ないようです。発症年齢は比較的若く、約80%が20~50歳の間に発病します。
    出典 :多発性硬化症 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
  • どんな症状が出てくるの???

  • 脱髄巣が生じる部位に対応して様々な症状が出現します。多くは急性に発症しますが、時にゆっくりとした経過をとる場合もあります。初発症状としては視力障害が圧倒的に多く、経過中に脊髄や脳幹の症状が合併することが多くみられます。
    出典 :多発性硬化症 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
  • 色々な症状が出てくる!!

  • 視力障害

     

     視神経炎による視力低下が75%の症例に出現します。数時間から数日の間に急速に進行する場合が多くみられます。両眼が障害されることもあります。視神経炎=MSではありませんが、視神経炎で発症した場合、40%ぐらいが将来MSに移行すると考えられています。

  • 眼球運動障害

     

    動眼神経核と外転神経核を結ぶ内側縦束(medial longitudinal fasciculus:MFL)という神経路が障害され、特殊な眼球運動障害が生じます。外側をみる時、左右の眼球は同じ方向に同時に動きますが、MFLが障害されると一方の目は外側を向きますがもう一方の目は内側を向きません。このために物が二重にみえる(複視)という症状が出現します。MFLの障害はMSにかなり特異的で、若年者で両側のMFLが障害された場合、MSが強く疑われます。

  • 運動障害

     

     病巣の部位によって様々な運動障害が出現します。脊髄の障害による対麻痺(両側下肢の麻痺でパラプレギアとも呼ばれる)が最も多くみられます。その他、片麻痺(かたまひ:半身の上下肢の麻痺)や四肢麻痺なども生じます。

  • 感覚障害

     

     障害部位によって多様な感覚障害が生じます。頸髄の後索が障害されると、首を前に曲げた時に背中から下肢にかけて電撃のような痛みが放散します。これをレルミット(Lhermitte)徴候と呼び、MSの特徴の1つです。また三叉(さんさ)神経痛が出現することもあります。

  • どんな治療をするの???

  • 新薬が出たの???

  • 治験なども行っています!!

  • 色々な薬が開発されているようです!!

  • 自分に合った薬や治療方法を見つけていくことが大切です!!