食物アレルギーに悩む・・・原因はなに?

食物アレルギーは色々な所で注目されていますが
何故そんな事になるのでしょうか

view116

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 急増している!?食物アレルギーの子供・・・

  • アレルギーという言葉が一般に浸透して久しくなりました。厚生労働省の調査では、0~14歳の子どもの約40%、東京や大阪のような都市部の4歳以下の子どもにいたっては2人に1人が何らかのアレルギーをもっているとしています。
    出典 :急増する食物アレルギーの子どもたち|ヘルスケア情報|eo健康
     

    思った以上に多いらしいです

  • 食べ物に

     

    アレルギーがあると
    結構大変ですよね
    最初は分からないのに
    後で発覚して蕁麻疹がでた
    なんてこともあるのです

  • アナフィラキシーは命にかかわる

  • アレルゲンは沢山ある

  • アレルギーの原因になるものを「アレルゲン」といいますが、食物アレルギーを引き起こすアレルゲン食品として卵、牛乳、小麦の割合が多くなっています。
    出典 :食物アレルギーの原因食物
     

    アレルゲン食品は沢山あるのです

  • この表は参考にしてください

     

    アレルギーの割合の円グラフになっています!見えにくい場合はクリックして拡大してくださいね!こう見ると鶏卵の割合が結構多いですね

  • 予防する事は出来るのでしょうか

  • 残念ながら、これをすれば絶対に予防できるというものはありません。ただし、ダニなどのハウスダストを減らす、両親が喫煙しないといった環境を整備することで、アレルギーになるリスクを下げることはできますよ。
    出典 :食物アレルギーの悩みを解決する専門家のお話|ベビータウン
     

    リスクを下げる事は出来るのですね

  • たばこも危険

  • 喫煙は、子どもの前で吸わなければ大丈夫だと思っている方も多いかもしれません。しかし吸い終わった後でも服などにタバコの成分がついてしまい、それを子どもが吸い込んでしまうので、喫煙自体をやめたほうがいいですね。
    出典 :食物アレルギーの悩みを解決する専門家のお話|ベビータウン
     

    煙草の成分がついてしまうのです

  • 青魚は?

  • 青魚であるサバやイワシ、サンマ、マグロなどの筋肉に含まれるアミノ酸のヒスチジンが、室温で放置したためにヒスタミンに変わったことが原因です。このような魚を摂取し、体内に蓄積されると数時間以内にヒスタミン中毒が起こります。
    出典 :急増する食物アレルギーの子どもたち|ヘルスケア情報|eo健康