オキアミから摂れる「クリルオイル」の美肌・健康効果がスゴイ!

オキアミから摂れる「クリルオイル」の美肌・健康効果がスゴイ!

オキアミって知ってますか?
小さなエビのようなプランクトンの仲間で、
鯨の餌になったりする小さな海の生き物です。

このオキアミから摂れる「クリルオイル」って抽出物の
美肌効果、健康効果がスゴイらしいんです!
まとめてみました♪

view994

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • それは「南極オキアミ」から摂れる脂質成分

  •  




    「クリル」は英語で、動物プランクトンの一種・オキアミ類のこと。形がエビに似ており、海釣りのとき撒くエサとしても一般的です。  世界中の海に分布していますが、水質がキレイな南極海に生息している南極オキアミは、5~6cmと大型。生息数も多く、クジラやアザラシの主要なエサにもなっています。 「クリルオイル」はこの南極オキアミから抽出した脂質成分。

    引用)http://health.goo.ne.jp/column/woman/kotoba/0100.html

  • エビの様に見えますが、プランクトンの仲間なんだそうです。クジラのあの巨体を維持することができるだけの栄養素あがあるってことでしょうか?

  • ●クリルオイルに含まれる成分と性質

  • クリルオイルはω(オメガ)-3系必須脂肪酸であるDHAやEPAを含むリン脂質や、海のカロテノイドと呼ばれるアスタキサンチンなどを含むため、高い健康増進機能が期待されています。不飽和脂肪酸はω(オメガ)-3系、オメガ6系、オメガ9系に分類されますが、現代の食生活ではオメガ6系(とうもろこし油、ごま油など)が過剰になり、ω(オメガ)-3系(魚油、しそ油、亜麻仁油等)が圧倒的に不足していることが指摘されています。青魚の魚油に含まれているEPAやDHAは、通常はトリグリセリドという形状をしており、こちらは流動性はありますが、高度不飽和脂肪酸が酸化されやすいという弱点があります。クリルオイルが注目されているのは、一般の魚油に含まれているω(オメガ)-3脂肪酸が「トリグリセリド結合型」であるのに対し、クリルオイルは従来のトリグリセリド結合型に加えて、「リン脂質結合型」のω(オメガ)-3脂肪酸を含んでいるためです。
    出典 :クリルオイル | 成分情報 | わかさの秘密
     

    DHA、EPA,アスタキサンチンが豊富、しかも酸化されにくい形で含まれているそうです!

  • 魚油タイプ、植物性リン脂質とは異なる特徴のクリルオイル

     

    リン脂質は植物にも含まれており、大豆レシチンなどが有名です。しかし、こういった植物由来のリン脂質にはEPAやDHAなどの高度不飽和脂肪酸は含まれていません。これに対してクリルオイルは約40%がリン脂質で、EPA・DHAとリン脂質が結びついているので、これらの相乗効果で、魚油タイプや植物由来リン脂質タイプの脂質とは異なる特徴を持っています。クリルオイルの特徴をまとめると、①リン脂質とEPA・DHAが結びついている、②リン脂質を主成分としながら魚油のように流動性のあるオイルタイプである、③魚油よりも酸化されにくく安定している、④リン脂質は体内の脂質と構造が似ているので吸収されやすい、⑤汚染の少ない南極海で漁獲された南極おきあみから抽出するので安全性が高い、となります。

    引用)http://www.nissui.co.jp/academy/market/25/02.html

  • まだまだあまり馴染みの無い「クリルオイル」ですが、こんな良さそうなオイルなら流行そうですよね!でも・・・実際どんな健康効果があるのでしょうか?

  •  




     「クリルオイル」の驚くべき健康効果!

  • 実験では脳機能の若返り効果が!

     

    古賀先生は、クリルオイルと、青魚から抽出した魚油に関する臨床試験を行い、その違いを明らかにしました。 「健康な男性を、クリルオイルとイワシオイルを摂取する2つのグループに分け、1日2g、12週間摂取してもらいました。その後、計算能力と記憶力を調べる実験で、脳の血流量を測定し、比較しました」(古賀先生)  脳の働きが活発になると、酸素などのエネルギー源が必要になるため、脳内の血液の量が増えることに。 「その結果、クリルオイルを摂取したグループのほうが、より脳の血流量が増加しました。記憶能力を調べる実験でも、クリルオイルを摂取したグループだけ、脳の血流量が増えています。また、クリルオイルを摂った人たちは情報処理速度が速くなり、脳が若返っていることがわかりました」(古賀先生)

    引用)http://health.goo.ne.jp/column/woman/kotoba/0100.html

  • 加工適性が優れているのが大きな利点

  • クリオオイルの特徴は、リン脂質でありながらオイルタイプであること。そのため加工適性が優れているのが大きな利点。また、高い酸化安定性を誇り、脂質にも関わらず酸化しにくいのは、含まれているアスタキサンチンとの関連ではないかと考えられている。吸収性にも優れ、生体になじみやすい他、汚染が極めて少ない南氷洋から採取されるオキアミを原料としていることから、安全性が極めて高く食材として非常に優れているという。
    出典 :日本食品機能研究会(JAFRA):オキアミオイルの生理活性機能
     

    サプリメントを初め、色んな食品に使われていくのではないでしょうか?期待しちゃいますね♪

  • ●女性特有の悩みを改善する効果

     

    女性の健康は女性ホルモンの影響を強く受けています。月経前になるとイライラしたり、気分が落ち込んだり、肌トラブルが起こったりという体の不調を月経前症候群(PMS)といいます。また、40代後半から50代前半の閉経前後の10 年では、ほてりや発汗、不安感などの症状の更年期障害が起こります。これは年齢とともに卵巣の機能が衰えることにより、ホルモンバランスが崩れるためです。クリルオイルに含まれるリン脂質とDHA・EPAなどのω(オメガ)-3脂肪酸がイライラ、気分の落ち込みなどのPMSの症状や、ほてりや不安感、イライラなどの更年期障害の緩和に役立つことが臨床試験で証明されました。

    引用)http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/kuril-oil/

  • クリルオイルに含まれるアスタキサンチンには、強い抗酸化作用があり、体内に増えた活性酸素によるさまざまな症状を改善・予防する効果があります。たとえば、疲れ目などの目の疾患の予防、動脈硬化や脂肪肝の予防など、メタボ予防にも効果があります。また、運動時の疲労改善や美肌効果などにも効果があるといわれています。
    出典 :クリルオイルの健康促進効果とは?
     

    “強い抗酸化作用”に女子的には期待しちゃいますね♪美肌効果は嬉しい!

  • その他にもこんな効果が期待できるのです!

     

    肝機能保護
    生殖機能の改善
    関節炎による炎症の抑制
    血中中性脂肪のバランス改善
    変形性関節症の改善
    潰瘍性大腸炎の抑制

    引用)http://www.omega3-ftacd.com/material/krill_oil.html