死亡率は50パーセント超??鳥インフルエンザってどんな病気なの??

インフルエンザは聞いたことがあるけど鳥インフルエンザって何??
人間もかかるの??
気になるまとめ!!

view268

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 鳥インフルエンザって何??

  •  近年、家禽(かきん)類にしか感染しなかった高病原性鳥インフルエンザ(H5N1)のヒトへの感染例が報告されています。2006年3月現在、鳥インフルエンザはヒトへの明確な流行を示しておりませんが、本疾患はヒト-ヒト感染が起こりうる新たなヒト高病原性インフルエンザ、いわゆる“新型インフルエンザ”として最も注目される疾患です。
     新型インフルエンザとは、今までヒト感染が問題になっていたH1およびH3のA型インフルエンザ、B型インフルエンザ、流行のないC型以外のインフルエンザウイルスにより、ヒト-ヒト間で流行するものを示します。これまで鳥インフルエンザによるヒトへの感染の報告では、明確なヒト-ヒト感染が確認されていないものの、いったん感染発症しますと、2002年以降世界中を震撼させたSARS(サーズ:重症急性呼吸器症候群)とは比較にならないほど高い死亡率が予想されております。
     インフルエンザは、SARSに比較して発症初期から高い感染力を示すことが知られておりますので、鳥インフルエンザにおいては流行する地域などの正確な情報確認、感染予防策がまず大切となります。さらに、現在の報告では鳥インフルエンザでも抗インフルエンザ薬の効果が認められておりますが、これが“新型インフルエンザ”となって大流行した際には、単なる感染症の流行にとどまらず、むしろ広域災害の様相を呈してくることが予想されます。
     このような背景をもつ鳥インフルエンザが流行した際の対策として、WHO(世界保健機関)では各国や自治体ぐるみの予防策を呼びかけております。日本では、SARS対策の経験から、すでに各自治体で“新型インフルエンザ”の対策が進んでおりますので、万が一、鳥インフルエンザが流行し、その際に自分が感染したことが濃厚な場合にも、決して動揺せずに適切な医療機関で治療を受けることが大切です。
    出典 :鳥インフルエンザ 高病原性鳥インフルエンザ(H5N1) 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
     

    従来のインフルエンザとはまた違った病気!!

  • どんな症状が出るの??

  • 従来のインフルエンザと同様に、突然の高熱、悪寒、筋肉痛や関節痛がみられます。このほかに、咳や息切れといった呼吸器症状や、下痢などの消化器症状がみられます。これは、従来のインフルエンザウイルスが鼻やのどなどのいわゆる上気道に感染しやすいのに比べ、鳥インフルエンザウイルスは、上気道のみならず気管支や肺などのいわゆる下気道に至る呼吸器全般にのみならず、小腸などの消化器に至る広い範囲に感染するためとされています。このようにヒトの体の至るところに感染が起こった結果、過剰に起こった炎症反応が、ウイルスのみならず肺などの自分の臓器までも障害することにより、呼吸不全をきたし、時に死に至ると考えられています。
     鳥インフルエンザは1997年香港にて集団発生があり、その後2004年頃から再び世界中で散発的な発生が確認されていますが、その臨床症状は年次を追うことに激烈となり、とくに呼吸障害の発生率は高まっています。このことから、鳥インフルエンザウイルスの変異に伴う病原性は次第に高まり、感染時の症状も激烈なものになっていることが考えられます。
    出典 :鳥インフルエンザ 高病原性鳥インフルエンザ(H5N1) 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
     

    従来の症状に似てる場合が多い。
    ウイルスの変異などが恐ろしい病気!!

  • 鳥から感染するの???

  • 鶏肉を食べての感染は無い!!

     

    感染してる鳥の糞からの感染などはあるようです。

  • 鳥インフルエンザと新型インフルエンザについて

  • 鳥インフルエンザと新型インフルエンザの関係は

     

    ウイルスは変異することで、鳥に感染するタイプのものが、他の動物にも感染するようになることがあります。鳥から人への感染が繰り返されると、ウイルスが人の体内で増えることができるように変異してしまい、さらに人から人へ容易に感染できるように変異する可能性もあります。人と鳥のインフルエンザウイルスが豚のなかで、いわば合体することもあるといいます。新型インフルエンザウイルスはこうした経緯によって発生するだろうと予想されています。

  • 世界ではどれだけ流行ってるの???

  • 世界での分布

  • 日本で流行すると恐ろしいことになる???

  • 新型インフルエンザの感染力や病毒性は予測できません。いつ発生するのか、その予測もできないのが実態です。しかし、いったん新型インフルエンザが発生すれば、ほとんどの人が免疫をもっていませんから、急速な感染の拡大を警戒しなければなりません。都市への人口集中や、ジェット機に代表される高速大量交通機関の発達などから、短期間で地球全体にまん延する可能性もあります。ウイルスには国境などないも同然なのです。

    また、過去のパンデミックの状況をみると、感染によって多数の重症患者や死を招く可能性も否定できません。もちろん一方では、ワクチンや薬剤の進歩による効果に対して期待を寄せる声もあります。
    出典 :厚生労働省:鳥インフルエンザと新型インフルエンザ
  • 一人ひとりが落ち着いて行動することが大切です!!

  •  鳥インフルエンザは、インフルエンザやSARSと同様に飛沫によって感染します。そこで、流行時の予防対策として、[1]不要不急の外出を避ける、[2]帰宅後のうがい、手洗いを励行する、[3]外出時にはマスクを装着することが重要です。
     また、その初期症状がインフルエンザと同様であるために、インフルエンザ流行期の11月までには、できるだけインフルエンザ予防接種を行い、インフルエンザに感染しづらいよう体調を整えることです。
     地域での鳥インフルエンザの流行の最中で、インフルエンザ様の症状が出現した際には、できるだけ早く保健所に連絡し、その指示に従って協力医療機関を受診することが大切です。
     繰り返しになりますが、鳥インフルエンザが“新型インフルエンザ”として流行した際には、これは単なる感染症流行ではなく、もはや広域災害です。一人ひとりが冷静になって感染流行と闘うことで、1日でも早い流行の終息を迎えられるものと思います。
    出典 :鳥インフルエンザ 高病原性鳥インフルエンザ(H5N1) 家庭の医学 - Yahoo!ヘルスケア
  • 中国では最近も患者出ているようです!!