だんだんあらわれるお腹の張り、妊娠中期の子宮収縮について

妊娠中期の気になる症状として、お腹の張りがあげられます、妊娠中期の子宮収縮(お腹の張り)について、まとめてみました。

view383

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • お腹の張りは生理的な現象?

  • 妊娠中の体はそれまでと明らかに変わり、ときにはトラブルを起こすこともありがち。妊娠中の経過は本当に人それぞれです。もちろん、トラブルがあっても無事に出産を迎える人はたくさんいますが、きのうまで大丈夫だったのに、今日はいつもと違っておかしい……というケースは、いつ、だれに起こっても不思議ではありません。
    出典 :おなかの赤ちゃんからのSOS【おなかの張りと痛み】 - gooベビー
  • 妊娠中期から後期にかけて、子宮は収縮を繰り返しながら、少しずつ子宮口をやわらくして出産に備えます。ですから、お腹が張るのは子宮収縮で、生理的な現象です。しばらく安静にしておさまれば、心配ありません。
    出典 :妊娠 お腹の張りの原因・対策
  •  

    お腹の張りで早産の心配をする人も多いと思いますが、生理的なお腹の張りの場合には、心配をすることはありません。

  • 張る感じには個人差があって、強く感じる人からそれほど感じない人までいます。
    立ち仕事をしていたり、同じ姿勢でデスクワークをしていたり、ストレスや疲労がたまったりすると張りやすくなる傾向があります。
    出典 :妊娠 お腹の張りの原因・対策
  • 妊娠中期の子宮収縮(お腹の張り)とは?

  • おなかの赤ちゃんを守る子宮は筋肉で出来ています。普段ママがリラックスしているとき、この筋肉はやわらかくゆるんでいますが、動いたり何らかの刺激によって、筋肉が緊張して、「キュッ」とかたくなることがあります。これを医学的には子宮収縮といい、一般 的には「おなかの張り」といっています。
    出典 :佐藤クリニック - クリニック新聞 Vol.26
  • 【 主な張りの症状 】
    ・子宮がキューとかたくなって、手で触ると子宮の形がわかる。
    ・ふだんはフニャフニャなのに、バレーボールくらいのかたさになる。
    ・風船がふくらんだみたい。
    ・何かがきゅーっとしぼんでいく。 など

  • 妊娠12週以降、不規則な子宮収縮が生じるようになります。1日に数回認める子宮収縮に起因する腹部の硬くなる感じや痛みの症状です。約1分間程度、おなかが張って、その後消失します。
    出典 :ばばじろう日記−妊娠中期(妊娠16〜27週)の異常
  • おなかの張りや痛みは程度の差はあるものの、妊娠中誰でもが何らかの形で感じるものです。心配ない場合がほとんどですが、切迫流産・早産の危険信号の場合もありますから注意が必要です。
    出典 :佐藤クリニック - クリニック新聞 Vol.26
  • 【 注意が必要な症状 】
    ・横になって休んでもおさまらない
    ・どんどん強くなる
    ・1時間に何回も張り、それが周期的になる
    ・出血をともなう
    ・がまんできない痛みをともなう
    ・発熱をともなう

  • お腹が張ったときの対処方法

  • おなかの張りや痛みを感じたとき、それが心配な張りなのかどうかの見分けるために、どうすればいいのでようか。
    出典 :佐藤クリニック - クリニック新聞 Vol.26
  • まず、おなかの張りを感じたら、横になって休んでください。買い物などで外出しているときには、用事の途中でも無理をせず、すぐに座れるところを探して、休んでください。
    出典 :佐藤クリニック - クリニック新聞 Vol.26
  •  

    横になってゆっくりと体を休めることが重要となります。

  • こうしてしばらく静かに体を休めると張りが自然におさまるのであれば、心配ありません。生理的な子宮の収縮だったのでしょう。1時間くらい横になったり、座ったりして様子を見ても張りが治まらない場合は、ちょっと心配です。
    出典 :佐藤クリニック - クリニック新聞 Vol.26
  • 最後に

  • いつもと違う張りを感じるときは、なんらかの病気やトラブルのサインという場合が多いので、かかりつけの医師の指示を仰ぐことも大事です。
    出典 :おなかの赤ちゃんからのSOS【おなかの張りと痛み】 - gooベビー
  • 切迫流産や切迫早産の兆候であることも考えられるので、何か違うと感じたら、早めに医師に相談を行うようにしましょう。