イライラする!「冬の肌のかゆみ」を何とかしよう!

冬の肌のかゆみをなんとかしよう。イライラする前からきちんとしたケアをはじめましょう。

view79

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • トラブルは早めの手当を

  • 乾燥しやすい冬は、肌の保湿を心がけて乾燥肌トラブルを予防することが大切です。肌が乾いてカサカサしてきたら、患部や症状に合った治療薬を早めに使って治しましょう。 あれた肌や、ひび・あかぎれで割れた肌、かゆみが出てしまった肌は、肌細胞が元気を失って肌の保湿機能を自力では回復できない状態です。
    出典 :乾燥肌は保湿修復で治そう。 | 冬の肌あれ・かゆみ上手な治し方と予防法。
     

    こんな事は厳しいですよね。

  • そのため「保湿」だけではなかなか治らず、同じ症状を冬の間中ずっと繰り返してしまう場合が多いのです。つまり、肌あれ・手あれ、ひび・あかぎれ、かゆみが出た肌を根本から治すには、肌細胞を元気にさせて、本来持っている肌細胞の修復力をきちんと回復させることが必要です。
    出典 :乾燥肌は保湿修復で治そう。 | 冬の肌あれ・かゆみ上手な治し方と予防法。
     

    本来の力を取り戻そう。

  • 保湿は大切なようそ

     

    乾燥する肌だからこそ、保湿がとっても大切になってくるのです。生活スタイルもすこし変えてみる努力が必要かもしれませんね。血行不良などが起きればもっと悪循環になってしまいます。

  • 一時的に表面を保湿するだけでなく、肌細胞の状態を正常に戻すケアをすることが大事なのです。 治療するときは、「保湿」と「肌細胞の修復力を回復」させる、ふたつの方向から治すことが重要になります。
    出典 :乾燥肌は保湿修復で治そう。 | 冬の肌あれ・かゆみ上手な治し方と予防法。
     

    ここが重要なポイントと言えますね。

  • 冬の肌のかゆみの原因は

  • 冬の皮膚の乾燥やかゆみは、「気候」と「生活スタイル」が主な原因でおこります。 気候では、大気中の湿度の低下によって皮膚の水分の蒸発、また気温の低下で血行不良や新陳代謝の低下がおこります。
    出典 :冬の肌トラブル!〜しつこい冬のかゆみ〜 -これであなたも医の達人-
     

    低下をしてしまった新陳代謝の低下が必要なのですね。

  • 生活スタイルでは、エアコンやこたつなどの暖房で、皮膚から水分が蒸発し、寒いので熱いお風呂に長くつかったり、身体をごしごしと強く洗うことが、かゆみの原因となってしまうのです。
    出典 :冬の肌トラブル!〜しつこい冬のかゆみ〜 -これであなたも医の達人-
  • 保湿ローション使用時の注意

  • 乾いた肌にうるおいを与えるため、保湿ローション・乳液などを使いましょう。脂分・水分を皮膚に供給することが目的ですので、通常は市販のワセリンや保湿クリームで自分にあったものを使うことで十分です。抗炎症作用・アレルギー予防作用の強い不飽和脂肪酸を多く含む「馬油(ばぁゆ)」も、肌によいといわれています。
    出典 :皮膚のかゆみ 2分で対策~肌の乾燥を防ぐ
     

    このようなものを選ぶのも良いですね

  • 単に肌寒い日にからだがかゆくなるというのではなく、いわゆるアレルギー性皮膚炎やアトピー性皮膚炎・アレルギー性じんましんなど、発生原因が特定のアレルギー物質によるものである場合は話が別で、この場合は皮膚科を受診し、原因を特定してもらうことが最善の道となります。
    出典 :皮膚のかゆみ 2分で対策~肌の乾燥を防ぐ
  • このような場合に薬局から適当にクリーム・軟膏などを買ってきて用いると、かえって症状が悪化する場合もありますので、注意が必要です。かゆみの症状がどうやっても治まらず、しかも原因がどうにもはっきりしないという場合には、ひとりであれこれ悩むより先に皮膚科で原因を特定してもらったほうが、その後の対応も適切にできてよいでしょう。
    出典 :皮膚のかゆみ 2分で対策~肌の乾燥を防ぐ
     

    対応も適切に出来て良いというのもいいですね。

  • ケアをしよう

  • 冬はクリームを使う量が増え、クリームに頼るあまり、基本の水分補給、つまりクリーム以前の保湿がおろそかになる傾向があります。スキンケアの基本である水分の多い化粧水(ローション)でたっぷ り水分を補給してから、徐々に油性成分の多いクリームをつけてゆき水分の蒸発を防ぐステップをしっかりと守りましょう。
    出典 :ヘルス&ビューティ情報情報 第三十回 『冬の肌トラブル対策!!』|ドラッグストアーのサンキュードラッグ
  • ステップとして

     

    優しく洗顔をした後、化粧水で水分補給をしましょう。化粧水はけちけちせずにしっかりとした量をつかうのが大切です。その後保湿外用剤等で保湿するように心がけましょう。