妊婦さん必見!妊娠中に食べてはいけないもの

妊婦さんが食べてはいけないものについてまとめました。妊娠中は食べ物に気を配るようにしましょう。

  • green 更新日:2014/05/11

view171

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    妊娠中に食べてはいけないものって色々と聞くけれど、実際はどうなのでしょうか。

  • 妊娠中に食べてはいけない【カフェイン】

  • カフェインの過剰摂取はいけないと言われていますが、実際のところどのくらいが過剰摂取なのでしょうか?

  • 1日100mg以内であればほとんど問題なしですが…

     

    カフェインは、1日100mg以内であれば問題がないようです。ただ、カフェインはコーヒーや紅茶以外にも多く含まれている飲み物があります。それは、玉露!コップ1杯150mlの中に、なんと180mgも含まれているのです。お茶だからと言ってがぶがぶ飲むのは控えた方が良いですね。

  • どうしてもコーヒーが飲みたいという方は、ノンカフェインのコーヒーや紅茶を選んで飲むようにしましょう。

  • 妊娠中に食べてはいけない【生チーズ】

  • リステリア菌は身近な食品が感染源となります。ナチュラルチーズ(非加熱のチーズ)や生ハム、スモークサーモン、肉や魚のパテなど、加熱しないで口に入れる食品は注意が特に必要です。
    出典 :流産のリスク増大!妊婦が「生チーズ」に注意すべき理由
     

    リステリア菌は加熱されていない食品に潜んでいる可能性があります。食べる前にちょっと注意をしてみましょう。

  • 妊娠中に食べてはいけない【生ハム】

  • 感染を予防するには、生肉を食べないことはもちろんですが、加熱不十分な肉でも感染するリスクがありますので、肉は中心部の赤みがなくなるまでしっかり火を通してください。
    出典 :妊婦さんへ|先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」
  • トキソプラズマを含む可能性がある肉は以下の通りです。ローストビーフ、生ハム、レアステーキ、ユッケ、馬刺し、肉のパテ、生サラミ、生ベーコンなど
    出典 :妊婦さんへ|先天性トキソプラズマ&サイトメガロウイルス感染症患者会「トーチの会」
  • 妊娠中に食べてはいけない【生の魚介類】

  • 生の魚介類で一番心配なのは、生牡蠣などに存在する「ノロウイルス」です。 感染力が強くひどい嘔吐・下痢・腹痛・38℃程度の発熱を引き起こします。 ノロウイルスは、下水が流れ込む河川や海に生息する二枚貝による物が最も多いといわれています。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
  • 妊娠期間中は免疫力が低下している為、生ものに付着しているウイルスによって食中毒に陥りやすい状況にあります。ウイルスやバイ菌類は、加熱すると死滅するので妊娠中はしっかりと加熱されているものを口にするようにしましょう。
    出典 :妊娠中に控えた方がいい食べ物-赤ちゃんの部屋
  • 他の魚を食べて長生きするような水銀濃度が高いキンメダイ、メカジキ、サメ、鯨などは、週に1回60~80g程度に留める、といった工夫が必要です。
    出典 :【妊娠百科事典】妊娠中食べてはいけないもの:たまごのなかの小さな芽∞
  •  

    お腹の赤ちゃんのことを考えて、後悔をしないように、食べない方が良いものは我慢することが大切ですね。