脳の疲労を放っておくと、ウツ病や自律神経失調症などの病気を引き寄せます

現代人は多くの情報を処理しなくてはならず、脳が疲れ切っています。体調の不調が脳の疲労と気づかずにいるとさまざまな病気を引き起こしてしまいます。脳も毎日休ませてあげましょう。

view389

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 脳疲労とは

  • 疲れがとれない

  • 脳の疲労に関して、多くの人は精神的なダメージを受け、そのストレスによっての疲れが脳に影響を及ぼしていると思われがちなのですがl、最も大きな原因とされているのが脳に貯められているエネルギーの不足により、脳自身が疲れている状態に陥るからです。もちろん、精神的なダメージによる脳の疲労の影響はゼロとは言えません。忙しく働き、寝る時間の無い人は身体に疲れが溜まります。そして、日々の悩みや職場での悩みによる精神的ストレスのダブルタックルによって、脳は疲れるのです。

    もうひとつ、頭の中を動かすことにより、色々なことを考えすぎて、その問題を脳が処理しきれずにパンク状態になります。そのため、脳にストレスが溜まっていきます。たまに、うつ病だと思い込んで病院に来る患者がいるそうですが、その大半は実は脳が疲れているのが原因だそうです。
    出典 :脳疲労の原因
  • 脳疲労とは、「ストレス過多(情報過多)により、大脳新皮質と大脳旧皮質の関係性が破綻し、正常な機能を果たせなくなった状態」と定義されている(九州大学・藤野武彦名誉教授の提唱するBOOCS理論による)。脳疲労が起きると自律神経へ異常な指令が送られ、それが病気になる一因であるとも考えられている。私たちが生きる現代は、家の中でも職場や外出先でも常に多くの情報にさらされており、ストレスによる脳疲労が起きやすい環境であるといえる。
    出典 :脳が疲れていると感じることがある中高年は48.7% (@DIME) - Yahoo!ニュース BUSINESS
  • 現代人は「脳」が疲れている

  • 情報量の多さが脳疲労の原因

  • 情報過多な現代において、疲れやすい環境にさらされている器官といえば、脳です。インターネットの爆発的な普及により、いつでもどこでも膨大な量の情報にアクセスできるようになりました。脳からすれば、大量の情報を迅速に処理し続けなければいけない状態です。

    百数十年前までは、遠隔地への通信手段は鳩でした。テレビも電話もない過去は、人類の歴史からみるときわめて最近のことです。その劇的な進化に、人間の脳の器官は完全についていくことができず、結果として脳疲労を引き起こしているとも考えられます。現代は、人類史においてもっとも脳が疲れている時代といえるでしょう。
    出典 :「飽きた」は脳の疲れのサインだった!? 脳の疲れをためない方法 | ビーカイブ
     

    急な科学の発展で、脳は大忙しです。

  • 脳疲労から「ウツ病」へ

  • ウツ病の原因にも…

  • 脳疲労の延長線上にうつ病がある

    まさしく脳の疲れや、脳の疲労感を感じているということは、うつ病への入り口に立たされているということになりうるのです。徹夜が続き翌日も仕事で脳の疲労感が回復しないまま仕事をしたり知的な作業を行うことで少しづつ脳の疲労が蓄積してゆきます。

    このような状態を日々繰り返していくと確実に、うつ病の脳へ近づいてゆきます。通常であれば睡眠をとったり休憩を取ったりなどレジャーなどでリフレッシュすることにより脳疲労は回復しますが、そのような事を行っても脳疲労が回復しないような場合には確実にうつ病の第一歩を歩み始めていますので要注意です。
    出典 :脳疲労とうつ病との関連性
     

    脳の疲れを放っておくと、うつ病などの重い病気を引き起こすこともあります。
    疲れたな、と感じたら、積極的に脳を休めてあげましょう。

  • 「飽きた」と感じたら、脳が疲れている

  • ■「飽きた」は脳の疲れのサイン

    長時間、同じ作業を続けていると、どうしても飽きてしまうもの。息抜きがしたくなったり、他の作業が思い浮かんだりして、目の前の作業に対する集中力も落ちてきます。「飽きた」と感じること自体、じつは脳の疲れのサインなのです。疲れのサインを出すことで、現在活動している部位を休ませようと仕向けているのです。

    ■飽きたら作業をやめる

    「飽きた」は、脳の疲れを知らせる最初のサインでもあります。それでも作業を続けることで、物忘れや頭がぼおっとするなどの症状が表れるようになります。したがって、このサインをできるだけ無視しないようにすることが、脳を疲れさせないためのポイントになります。

    脳を疲れから守り、常に高いパフォーマンスを発揮するためには、「飽きた」というサインを見逃さず、気分転換を図るようにします。疲れにもっとも効果的なのは睡眠なのですが、それが難しい場合は、脳の違う部位を使うよう心がけます。集中力は、どんな人でも1時間~1時間半しか続かないものです。その時間を目安に作業内容を変えていくと、脳の疲れを軽減できるでしょう。
    出典 :「飽きた」は脳の疲れのサインだった!? 脳の疲れをためない方法 | ビーカイブ
     

    飽きた、と感じたらちょっと休憩をとるように心がけるといいですね。
    飽きた状態で仕事を続けても、集中できない上に脳の疲労が蓄積されてしまいます。
    少しの休憩でリフレッシュしましょう。

  • 「脳疲労」の症状

  • 眠れない

  • 「大脳新皮質(情報処理役)」が、たくさんの情報を効率的に処理するために脳を働かせようとする一方、「大脳辺縁系(感情や睡眠など本能的な部分をつかさどる)」は“本当は~したい”というストレスを抱え込みます。

    「間脳(自律神経や食欲をコントロール)」は、『働け』という指示と『~したい』という欲求に板挟みになり、どちらの指示に従って体を調整するべきか悩み、バランスを崩してしまうのだそう…。その結果、「ホルモン分泌」や「免疫機能」「食欲のコントロール」といった機能が低下し、「疲労感」「ヤル気が出ない」「身体がうまく動かない」「不眠」「食欲不振」といった症状が出ることがあります。
    出典 :甘く見てはイケナイ “脳疲労”がもたらす悪影響 - ライブドアニュース
     

    脳の疲労を解消していないと、ストレスが溜まり、多くの障害が現れてしまいます。
    ホルモン分泌や免疫機能にまで影響があるのは、大きな問題ですね。

  • 脳が疲れていると感じている人が多いことが判明

  • 疲れを感じる

  • 脳が疲れていると感じることがある中高年は48.7%

    ■あなたは日常生活で「脳が疲れている」と感じることがありますか?(N=600)

     日常生活で「脳が疲れている」と感じることがあるか聞いたところ、「はい」と回答した人の割合が48.7%という結果になった。半数近くが、身体の疲れと区別して、「脳が疲れている」感覚を覚えていることがわかった。
    出典 :脳が疲れていると感じることがある中高年は48.7% (@DIME) - Yahoo!ニュース BUSINESS
     

    約半数の人が、脳が疲れていると自覚していると分かりました。
    自覚が出来るのは、疲労が進んでいるからかもしれません。

  • 脳の疲れをとる方法

  • 脳の疲れをとるには自然に触れ合うことが必要

     

    自然のなかに行きましょう。
    疲れたときは、近くの公園にぶらっと散歩するのもいいでしょう。

  • スコットランドの新しい調査で、自然が脳を休息させることがわかった。

    エディンバラにあるHeriot-Watt Universityが行った今回の調査は、携帯式の脳波を計測するモニターをつけて屋外を散歩するというとってもシンプルなもの。被験者に「ショッピング街」「緑の中」「騒がしい商業エリア」と3つの異なるエリアをそれぞれ25分間歩いてもらい、そのときの脳の状態を計測した。主な項目は「軽い興奮状態」「欲求不満状態」「没頭状態」「覚醒状態」「瞑想状態」の5つ。

    その結果、明らかに「緑の中」をあるいた時だけ、欲求不満や覚醒状態から解放され、高いレベルの瞑想状態になることがわかったという。しかし、再び街の喧噪の中に戻ると没頭状態に戻ってしまうそう。つまり、喧噪からはなれてはじめて脳は休息し、リセットできるということが、今回の調査でわかったという。
    出典 :“脳”の疲れを取るには自然に触れる必要があった! 調査結果 - IRORIO(イロリオ)
     

    自然の中に行くと気持ちが良いですね。
    脳の疲れがとれてリフレッシュされるからなのです。

  • 甘いもの

  • 脳の疲れをとる方法 (1) 甘いもの

    疲れた時には甘いもの、というのは定番でしょう。実は、体の疲れをとるには甘いものはあまり効果的ではないのですが、脳の疲れをとるには甘いものは効果的なのです。

    頭をフル回転させる同時通訳の方にとって仕事中のチョコは必需品。甘いものに含まれる砂糖が体内で素早くブドウ糖に変化。脳の疲れをとるだけでなく、脳のはたらきを助けるからです

    脳は、1時間で5gのブドウ糖を消費します。脳のはたらきをキープしたり、脳の疲れをとるためには、すばやく体内でブドウ糖に変化してくれる「甘いもの」が効果的なのですね。
    出典 :脳の疲れをとる方法 - 食べ物・睡眠・香りなどで脳の疲労を回復
     

    3時のおやつタイムに甘いものを摂ってみましょう。
    食べすぎは体に良くありませんが、ほんの少しでも甘い物は脳のリフレッシュになります。

  • 目を閉じてみよう

     

    数分間目を閉じるだけなら、いつでもできますね。
    疲れたと感じたら、目を閉じてみましょう。

  • 脳の疲れをとる方法 (2) 目を閉じる

    目を閉じるのも、脳の疲れをとる効果的な方法。「そんな方法で脳の疲れをとることなんてできるの!?」なんて思われがちですが、意外と効果を発揮するんです。

    五感の中で、もっとも情報量が多いのが「視覚=目」。視覚からの情報が80%、嗅覚や触覚からが16%、聴覚から4%、と言われます。目を閉じるだけで、脳に入ってくる情報の80%がカットされるので、それだけで脳の仕事がラクになり、疲れがとれるということですね。
    出典 :脳の疲れをとる方法 - 食べ物・睡眠・香りなどで脳の疲労を回復
  • 30分のお昼寝で脳をリフレッシュ

     

    仕事中だと、昼寝は難しいかもしれませんが、可能なら少しでもいいので寝てみましょう。

  • 脳の疲れをとる方法 (3) 30分前後の昼寝

    昼寝の「疲れをとる効果」は夜の睡眠の3倍とも言われるほど。時間がもったいないからと我慢して仕事をするよりも、30分程度の昼寝をしてから集中して仕事をした方が能率も成果も高くなるようです。

    脳の疲れをとる昼寝は、寝すぎに注意。かえって脳がボーッとなってしまうこともあるので、午後3時までの間に30分ほど昼寝をするのが脳の疲れをとるのに最適です。
    出典 :脳の疲れをとる方法 - 食べ物・睡眠・香りなどで脳の疲労を回復
  • アロマの香り

  • 脳の疲れをとる方法 (4) 植物など自然の香りをかぐ

    森林浴は心も体も癒されます。疲れたからと、すぐに高原に行くわけにはいきませんので、自然の香りの小物を用意しておくのも、脳の疲れをとるのにおすすめです。

    ひのきの香り、森林の香りなど、化学的につくられた香りではなく天然の香り成分から作られたものがいいですね。
    目を閉じて、鼻から深くゆっくりと香りを吸い込んでみてください。香りは脳の中の感情をつかさどる部分に直結しますので、脳の疲れをとるとともに、心までリラックスできることでしょう。
    出典 :脳の疲れをとる方法 - 食べ物・睡眠・香りなどで脳の疲労を回復
  • 脳疲労に良い食べ物があった

  • うなぎ

     

    ビタミンB1が豊富な食べ物

  • 脳が疲れた際には、身体が疲れた時と同じように、疲労回復させるために必要なエネルギー、栄養素を摂取しなければいけません。

    まずはビタミンB1です。ビタミンB1は糖分の代謝を高めることによって、脳に必要なエネルギーを摂取する働きをしますので、スナックやジュース、またはアルコールなどの糖分がたくさん含まれているものを摂取し続けることによって、ビタミンB1は足りなくなります。身体に貯められるものではないので、こまめに摂取する必要があります。特にポーク(豚肉)、レバー、胚芽米または玄米やウナギにビタミンB1は多く含まれています。

    またカルシウムは脳内で伝達を助ける働きをします。主にカルシウムがたくさん含まれている食品は乳製品、魚介類、豆腐、小松菜やゴマです。また脳を活発にするのを助ける役目をするアミノ酸も必須で、牛乳やカテージチーズ、ピーナッツ、バナナまたは卵黄が良いとされています。

    ビタミンCは疲労を回復するのに必要な成分で、お茶、苺、ほうれん草またはジャガイモ、トマトにたくさん含まれています。
    出典 :脳疲労を緩和する食事
  • じゃがいも、トマト、カッテージチーズ

  • 疲れているときほど、脳がクリエィティブになる、という情報も!

  • 徹夜やそれに近い状態が続くと疲れを感じることなく仕事が爆発的な効率で片付くときがありますが、これは脳の働きの1つによるもの。この他にもある脳に関する興味深い事実を、Fast Companyがまとめています。

    01:脳が疲れている時はクリエイティブな作業がはかどる

    02:ストレスは脳のサイズを縮小してしまう

    03:脳はマルチタスク(複数同時処理)ができない

    04:昼寝は脳のパフォーマンスを向上させる

    05:視覚は五感の中で最も優先される

    06:内向型と外向型で脳の回路が異なる

    07:完璧な人ほど好意を抱かれにくい傾向にある

    08:瞑想で脳内を再配置することが可能

    09:エクササイズは脳をリセットし、やる気をブーストする

    10:新しいことを行うと時間がゆっくり流れているように感じる
    出典 :「疲れているほど脳はクリエイティブになる」など脳にまつわる10の事実 - GIGAZINE
  • 脳を休めてあげましょう。

     

    脳の疲れを毎日とって、爽やかな毎日を!