肩鎖関節脱臼のサポーターってどんな仕組み?

肩鎖関節脱臼のサポーターってどんな仕組みなのでしょうか?どういった症状のときにしようしたらいいのでしょうか?

  • kei 更新日:2014/06/25

view813

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 肩鎖関節脱臼って?

  • 肩鎖関節は鎖骨と肩甲骨の間の関節です。この関節の安定性は肩鎖靱帯(肩峰と鎖骨の間)、烏口鎖骨靱帯(烏口突起と鎖骨の間)、三角筋・僧帽筋(鎖骨の外側につく筋肉)により保たれています
    出典 :肩鎖関節脱臼-日本骨折治療学会
     

    まず、肩周りの仕組みになります。

  • 柔道・ラクビーなどのコンタクトスポーツやバイク・自転車事故、作業中の転落・転倒などで肩の外側を強く打ちつけることにより、これらの靱帯・筋肉がいたみ肩鎖関節がずれます。 関節のずれの程度・方向により捻挫、亜脱臼、脱臼に分類されます
    出典 :肩鎖関節脱臼-日本骨折治療学会
     

    肩を強く打ち付けたりぶつけたりする事で、肩鎖関節がずれて、肩鎖関節脱臼になる事もあるようです。

  • 症状はどのようにでるのでしょうか?

  • 受傷時は肩鎖関節部の疼痛や運動時痛、鎖骨遠位端の上方突出と、圧迫にて動揺性が出現します。陳旧化した場合、肩の挙上に際して疼痛や脱力感、違和感を訴えますが、脱臼位でもさほど疼痛や機能障害がなく、活動できる症例とに分かれます。
    出典 :肩鎖関節脱臼/鎖骨骨折 | ザムスト(ZAMST)
     

    違和感があれば、軽視することなく、医療機関にみてもらいましょう。

  • 肩鎖関節脱臼の治療法

  • 治療法は程度により異なる様ですがどのような事を行うのでしょうか?

  • 捻挫は、3〜4日間ほど三角巾で手を吊り安静を保ったのちに、徐々に温熱を加えながら関節の動きをもどします。2〜3週間で日常生活動作に支障がなくなります。
    出典 :肩鎖関節脱臼の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    軽度の場合は安静にする事で改善されるようですね。

  • 亜脱臼では1〜2週間ほど三角巾で手を吊り、その後徐々に関節の動きをもどしながら関節周囲の筋力の回復訓練を行います。2カ月間は重い物を下げたり、体を接触させるスポーツは禁止です。
    出典 :肩鎖関節脱臼の症状や原因など - goo ヘルスケア
  • 中年以降の事務・管理職には亜脱臼に準じた保存療法が、活動的な若者・重労働者や手を挙げて仕事をする人には手術が行われます。
    出典 :肩鎖関節脱臼の症状や原因など - goo ヘルスケア
     

    単純な脱臼の場合でも手術が必要な場合もあるそうです。

  • 肩鎖関節脱臼のサポーター

  •  

    肩鎖関節脱臼のサポーターとはどういったものでしょうか?

  • 肩サポーターはスポーツ障害のインピンジメント症候群や、日常の怪我での肩脱臼、肩鎖関節脱臼、四十肩などの痛みを和らげてくれるサポーターです。腕つりは腕の骨折や肩部の骨折時に患部を保護する腕吊りバンドです。
    出典 :肩鎖関節脱臼治療時の肩サポーター■ショルダーガード
  • 肩鎖関節脱臼時の固定・安静保持に。付属のパッド(位置調整可能)で肩鎖関節をしっかり圧迫サポート。ショルダー部のXベルトにより、しっかりと肩周辺を固定します。
    出典 :肩鎖関節脱臼治療時の肩サポーター■ショルダーガード
     

    安静にしなくては行けない時にきちんとサポートしてくれる様です。