排卵時の症状ってどんなものがあるの?

個人差の大きい排卵時の症状ですが、それを知っておくことは妊娠・避妊の両方に役立ちます。ここでは一般的な排卵時の症状についての情報を集めました。

  • nelle 更新日:2014/05/07

view339

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 排卵時の症状はいろいろです!

  • 排卵日の症状は人によって千差万別。でも、排卵日の症状を知っておくことで妊娠や避妊のコントロールを行ないやすくなります。
    出典 :排卵日と症状
  •  

    排卵日を正しく知ることは、妊娠のタイミングをはかるためにも重要なことですが、正確に知るのはなかなか難しいとのこと。

    基礎体温表を付けながら、自分のその日の体調を変化をきちんと把握しておくと、より正確な排卵日を予測することができるようになります。

  • ① おりものの変化!

  • おりものの量は、女性ホルモンと密接に関係していて、月経周期に合わせて増減を繰り返しています。 通常、月経終了後だんだん増えていき、排卵期にもっとも量が多くなり、透明なゼリー状でよくのびるようになります。
    出典 :おりもの | ライブラリー | ソフィ-ユニ・チャーム
  • 排卵日のおりものにはこんな特徴があります

    ◆指につけて伸ばすと10cm近く伸びる場合がある
    ◆色が卵白のような状態から透明になる
    ◆水に入れても固まりのまま溶けない。
    出典 :排卵日の症状とおりもの
     

    ただ、量やネバネバの具合だけで排卵日を予測することは難しいようです。

  • こんなときには病院へ!

     

    おりものの色が茶色や黄色だったら注意が必要なことも…。
    色だけでなく、異臭や悪臭がしたとき、痛みや痒みを伴う場合はすぐ病院で診察を受けましょう!

  • ② 下腹部の張り、痛み(排卵痛)!

  • 下腹部の左右のどちらか、または両方が痛むと言う方もいます。また、別の症状としては痛みではなく、チクチクした感じになる場合もあります。
    出典 :排卵日と症状
  • 症状が軽い場合には、基礎体温表を見るとある程度の予測はできます。低温期の一番最後の日付近が排卵日の目安となります。この時期に痛みが出るのであれば排卵痛の可能性があります。
    出典 :排卵日に排卵痛
  • 排卵痛はそもそも「病気」ではないため、排卵期に多少お腹が痛くなる程度なら必ずしも治療の必要はありません。毎月強い痛みが出たり、たびたび卵巣出血になるような場合には、低用量ピルで排卵を止めて症状が改善するかどうかをみていきます。
    出典 :2/2 排卵痛の症状・原因・治療法 [婦人病・女性の病気] All About
  •  

    卵巣や子宮の病気ということもあるそうです。
    気になる痛みの場合はすぐ病院で診察してもらいましょう。

  • ③ 出血

  • 生理と生理の間に出血することは排卵出血です。排卵出血になるのも個人差があり毎月ある場合もあれば3か月に1度という場合もありそれぞれです。あなたがたとえ毎月出血があるから不安に思っていても全然心配することはありません♪
    出典 :排卵日の出血【排卵日チェッカー.com】
  • 出血を起こす婦人科の病気もあります。子宮内膜症やびらん、子宮頸管ポリープなどでも出血を起こします。自分では排卵時出血か不正出血かを判断するのは無理です。
    出典 :排卵日に排卵痛
  • ④ 胸の張り、痛み!

  • 生理予定日の1週間ほど前から、胸の張りや腋下の痛みを感じ続ける。
    出典 :排卵日の症状を見逃さないで!
  • これは黄体ホルモンの働きが影響しています。 女性の体は排卵後に黄体ホルモンを分泌して妊娠に備えるような構造をしているので、 生理になると胸が張って痛むわけです。
    出典 :胸の張り 痛み | 胸痛い クリニック
  • 今まで胸の張りの症状が無かったのにも関わらず、突然張りを感じる人もおられ、病気ではないかと心配されるようですが、月経の予定日が近づいているようなら、月経前症候群の可能性が高いので過度の心配は必要ないと思われます。
    出典 :排卵と胸の張り | 排卵に関する豆知識
  • 胸の張りと痛みには個人差があり、すごく痛む人もいれば、全然痛みを感じない人もいます。 胸の張りや痛みなどの症状がある場合は、一度病院を受診するようにしましょう
    出典 :胸の張り 痛み | 胸痛い クリニック
  • ⑤ 体重の変化!

  •  

    排卵日に体重が増えるという方もいるようです!

  • 女性の体は生理周期の間、常に妊娠に備える体制を整えています。体重が増えるのは、排卵日の後黄体ホルモンの働きによって高温期に入り、食欲が増すのと、赤ちゃんを育てるための栄養を蓄える準備でもあるそうです。
    出典 :排卵日と体重の変化 | 排卵日
  • 排卵日以降の高温期に、水分を排出して体重が減り、生理の前ぐらいからまた水分が増えてを繰り返し、食べなくても体重の増減があるそうです。
    出典 :排卵日と体重の変化 | 排卵日
     

    排卵期の体重の増減はあまり気にしなくてもよさそうですネ!

  • ⑥ 唾液の変化!

  • 排卵日の症状としては、唾液がネバネバするという症状もあります。これは、女性ホルモンの影響を受けて唾液の状態が変わるために起こります。
    出典 :排卵日の症状chu♥(人´3`)⌒♡|双子の天使☆4匹の子ブタちゃん☆ハッピーライフ♪♪心も身体も美しく
  • 自分ではその変化がわかりにくいかもしれませんが、
    それを利用した排卵日チェッカーもあります。

  • 排卵日になると唾液の結晶が水玉状からシダシダ状態に変化します。それを見て排卵日を自分で予測できる検査薬が購入できます。
    出典 :あなたの排卵日はいつ? | 加藤クリニックで不妊治療に成功した!
  • 他にも症状はいろいろです!

     

    ・イライラ
    ・頭痛
    ・眠気
    ・下痢や吐き気

  •  

    排卵日の症状は本当に個人差があるようですね。
    つまり症状から排卵日を予測するのは難しいということになります。正確に排卵日を特定するのであれば、やはり基礎体温をつけそこから予測した方が確実です。

  • それにプラスして、おりものや身体の症状を参考にするとより正確だということですね。